1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルなら格安SIMでもかけ放題!乗り換えでどれくらいお得?
 

楽天モバイルなら格安SIMでもかけ放題!乗り換えでどれくらいお得?

rakuten mobile unimited call option
SIMカード

格安SIMで使える、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」。月額料金が918円で、5分以内の国内通話がなんと無制限でかけ放題となります。5分を過ぎたあとも「楽天でんわ」を利用すれば、なんと約半額の料金で通話が可能!今回は大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクから乗り換えた場合にどのくらい安くなるのかも計算してみましょう!

格安SIMで使える、楽天モバイル「5分かけ放題オプション」。月額料金が918円で、5分以内の国内通話がなんと無制限でかけ放題となります。5分を過ぎたあとも「楽天でんわ」を利用すれば、なんと約半額の料金で通話が可能!

今回は大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクから乗り換えた場合にどのくらい安くなるのかも計算してみましょう!

楽天モバイルの電話かけ放題

格安SIMを提供する楽天モバイルには、電話かけ放題のオプションサービスがあります。電話のかけ放題といえば大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンクが主でしたが、MVNOのプランでも最近は使えるようになってきました。

5分かけ放題オプション

楽天モバイルが提供しているのが、「5分かけ放題オプション」。文字通り、5分以内の国内通話が回数無制限で発信可能です。月額料金は918円の定額なので、特に短い要件の通話をサクッと利用する方におすすめです。

例えば公式サイトが掲載している、乗り換えた場合の料金を見てみましょう。かけ放題と元々のデータ通信サービスが楽天モバイルでは安いので、例として7000円の基本料金を支払っていたユーザーが楽天モバイルに乗り換えると、同じ5GBプランでも約4000円も安くなることが分かります。(目安)

出典:5分かけ放題オプション

「スマホは月額料金が高いからちょっと…」と考えていたガラケーユーザーの方でも、今利用しているプランの月額料金が3,000円程度であれば、楽天モバイルの格安SIMに乗り換え+5分かけ放題オプションをつけるだけで、月額2,646円で通話定額と高速データ通信を利用可能です。

出典:5分かけ放題オプション・ガラケーから乗り換えた場合の例

ちなみにセット販売されているスマートフォンは24回分割で月額540円程度のものから提供しているので、格安スマホとセットで購入しても、3,000円弱でおさまります。そう考えると、現在ガラケーで通話が多くスマホに乗り換えを考えている方も、楽天モバイルはおすすめです。

楽天でんわアプリでそのまま発信

5分かけ放題オプションの通話は、基本「楽天でんわ」アプリを利用して発信します。

この通話オプションでは相手電話番号の頭に番号を付加してかけ放題とする「プレフィックス方式」を利用していますが、アプリからの発信であればこの番号を自動で付加してくれるのでユーザーは手間がかかりません。

電話番号はそのまま使える

IP電話と違い自分の電話番号を利用するので、通話を受信した相手方にもしっかりと今自分の契約している電話番号が表示されます。

出典:楽天でんわ

人によっては間違い電話と勘違いして着信拒否や無視する可能性があるので、電話番号の表示は大きなメリットです。(表示されない場合もあります)

5分を過ぎても楽天でんわなら安い

かけ放題オプションでも5分を過ぎると通話料金が課金されていきますが、楽天でんわで発信しているならその後の料金もお得です。

  • 国内通話:10.8円/30秒
  • 国際通話:10円/30秒(非課税)

通常の通話料金が21.6円/30秒と考えると、5分後も約半額で通話が可能なので、これはお得ですね。また大手キャリアの通話定額は国際電話となると比較的料金が高くなりますが、楽天でんわなら32か国で一律10円/30秒(非課税)とこちらのお得なのは見逃せませんね。

フリーダイヤル・ナビダイヤル・3桁特番には発信不可

楽天モバイルのかけ放題オプションを利用する際には「発信できない番号もある」ということには注意しておきましょう。特に緊急電話系の番号には発信できないので注意が必要です。

かけ放題で発信できない番号
フリーダイヤル
ナビダイヤル
3桁の緊急番号…など

ただし通常の電話アプリからなら、普通にこれらの番号にも通話は可能です。こういった番号へは元々入っている通話のアプリから電話する、ということは覚えておきましょう。

VAIO Phone Bizではアプリが使えない

楽天モバイルがセット販売しているSIMフリーのWindows 10 Mobile搭載スマホ「VAIO Phone Biz」では、Windows Phone用のアプリが提供されていないことから楽天でんわをダウンロードできません。

ただしご安心を。プレフィックス通話は相手電話番号に番号を付加して発信するだけなので、オプションを申し込んでいる状態で「003768」を通話先電話番号の頭につけるだけで利用できます。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルのかけ放題利用時の月額料金

では楽天モバイル+5分かけ放題オプションを申し込んだ場合の月額料金も比較してみましょう。すでに説明したように定額通話でも安く使えるのですが、高速データ通信の使える容量が異なります。

(5分かけ放題オプションは音声通話SIMで利用可能なので、そちらのプランのみ掲載)

ベーシックプラン

まずは高速通信容量はなし、低速200Kbpsのインターネットが使い放題の「ベーシックプラン」です。

  • 基本料金:1,350円
  • 通話定額:918円
  • 合計:2,268円

合計2,268円/月の月額料金で低速通信が使い放題となります。

おすすめは「LINE・Twitter・Facebookがメイン」といったSNS利用が多いライトユーザー。こういったSNSのメッセージやニュースフィードはあまり高速通信を必要としないので、実は200Kbpsの通信速度でも十分だったりします。

3.1GBプラン

高速通信が3.1GB使えるプランです。

  • 基本料金:1,728円
  • 通話定額:918円
  • 合計:2,646円

合計の月額料金は2,646円。高速通信が利用できるので、SNSやウェブページを高速で読み込みたい方や、Youtubeなどの動画視聴を少しするユーザーに適しています。

実はベーシックプランに400円弱プラスすれば3.1GBの高速通信が使えるので、料金的にもお得ですね。

5GBプラン

高速通信が5GB/月使えるプラン。ここまでくると、動画の視聴やアプリのダウンロードをしても十分使える万能プランになってきます。

  • 基本料金:2,322円
  • 通話定額:918円
  • 合計:3,240円

5ギガ使えるプランでも定額通話付きで3,000円弱なので、インターネットをそこそこ利用するユーザーはこのあたりがMNP乗り換え時のおすすめになってきます。

10GBプラン

高速通信が10GB使えるプラン。ドコモのシェアパック10と同じ容量なので、それを考えるとかなり多くの高速通信を使えるプランであることが分かります。

  • 基本料金:3,196.8円
  • 通話定額:918円
  • 合計:4,114円

ドコモのシェアパック10はネット代金だけで10,260円/月もかかるので、かけ放題+高速通信10GBで4,114円は相当お得なことが分かりますね。こちらはいま利用している大手キャリアのプランで全く通信量が足りない方や、そこそこ動画も見るといったヘビーユーザーにお勧めのプランです。

格安SIMでもかけ放題!楽天モバイルのまとめ

紹介した通り、楽天モバイルならかけ放題のオプションをつけても激安の月額料金でスマートフォンを使うことができます。特に通話回数が多くて格安SIMへの乗り換えを諦めていたユーザーの選択肢としては非常におすすめです。

公式サイト:楽天モバイル

また他にもおすすめのMVNO・格安SIMはたくさんあります。下記の「SIMチェンジプラン診断」は、あなたにおすすめのSIMプランを無料で教えてくれる便利なツールです。ぜひお試しください!