1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルは後からプラン変更OK!プランの変更方法と選び方
 

楽天モバイルは後からプラン変更OK!プランの変更方法と選び方

pixta_10479037_M
SIM

楽天モバイルでは、契約後のプラン変更も可能です!楽天モバイルの料金プランの変更方法と注意点、さらには得するプランの選び方、それぞれのプランで出来ることも紹介します!

楽天モバイルは、契約後のプラン変更が可能です!今回は、楽天モバイルのプラン変更方法と、申し込むときに誰もが悩むデータ通信容量について、最大限得するデータ通信容量の選び方を紹介します。データ通信量をおろそかに考えると損をしてしまうことも考えられるので、きちんと考えて申し込みましょう!

楽天モバイルのプラン変更方法

MVNOである楽天モバイルで格安SIMの料金プランを変更する場合、楽天モバイルのホームページから変更ができます。

データ通信のプラン変更は無料で可能です。プラン変更は1日~20日の間に変更すると翌月から変更が適用されます。プランの変更は月に1回まで可能です。また、音声通話SIMカードとデータ通信のみのSIMカードを変更する場合は、楽天モバイルカスタマーセンターに電話問い合わせが必要になります。音声通話SIMカードをデータ通信のみのSIMカードと変更する場合は、音声通話SIMカードを12ヶ月利用していない場合、解約料が必要となります。

出典:楽天モバイル 2016年5月時点の情報です

楽天モバイルのデータチャージについて

楽天モバイルでデータ通信が足りなくなった場合は、プランを変更しなくても、データ通信量を追加することができます。

楽天モバイルでは、100MBのデータ通信を300円で追加することができます。追加は複数回行うことができます。しかし、ベーシックプランを利用している方はデータを追加をすることはできません。

出典:楽天モバイル 2016年5月時点の情報です

安い料金のデータ通信プランを選択して後でデータをどんどん追加することでスマホの利用を快適にする方法もありますが、はじめからプランを正確に決めておく方が料金は安くなります。

例えば3.1GBを申し込んで5GBまでデータをチャージした場合、1.9GBをチャージする事になります。100MBが300円するので19×300円で5,700円も必要になります。ですので5GB使うかもしれない場合は前もって5GBのプランに申し込んでおいた方がいいですね。

それでは、いったいどのプランを選ぶのが良いのか、楽天モバイルのプランの選び方を紹介します。

楽天モバイルのプランの選び方

楽天モバイルを申し込む場合にデータ通信量、プランはどう考えて決めればいいのでしょうか?

「値段」で楽天モバイルのプランを決める

データ通信量は値段で決める方法があります。

値段で決める場合は、月の予算を決めなければいけませんが、現在の月額料金からいくら安くしたいのかを考えましょう。もちろん安くなれば安くなるほどいいのですが、それでもスマホを思ったよりも制限して使ってしまうようではいけません。楽天モバイルにはベーシックプラン、3.1GB、5GB、10GBの3通りのプランがありますからその中から選ぶことになります。とにかく遅くてもメールやLINEが使えれば問題がないというのであれば、ベーシックプランを選びましょう。

「今使っている通信量」で楽天モバイルのプランを決める

現在使っている通信量とだいたい同じ程度で満足という方は、今のデータ通信量を確認しましょう。

ドコモの方はMy docomoの利用明細・履歴の確認から利用データ量を確認できます。

auの方はauお客様サポートにアクセスしLTE通信量合計で確認することができます。

ソフトバンクの方はMy SoftBankにログインして確認することができます。

ドコモ、au、ソフトバンクのお客様センターに電話することで現在の通信量の確認方法を教えてもらうことができます。

「これから利用したい通信量」で楽天モバイルのプランを決める

今までの通信量の使い方とは違い、これから新しくスマホをあれこれと使いたい方は何に使うかを決めてから通信量を決めましょう。

使いたいことにはおそらくLINE、メール、インターネット検索、ネットショッピング、天気予報、ニュース、地図、Facebook、Twitter、ゲーム、株、動画など様々あると思います。もし動画や株で使いたい場合は高速通信が必要となるので、ベーシックプランは向きません。5GBや10GBを選択する方がいいでしょう。

楽天モバイルの通信プランでできること

楽天モバイルのプラン選びの参考に、楽天モバイルの通信プラン内で出来ることを考えてみましょう。

楽天モバイルのベーシックプランで出来ること

ベーシックプランは低速プランといって今の通信速度よりも遅い通信速度になります。通信速度が遅いのでメールの読み込み、LINEの着信、インターネット検索ページの読み込みも遅くなります。そのため動画の読み込みも遅くなかなか動画が再生できなかったりしますし、株の取引でも少し遅くなりますので、その間に株価が変動してしまい予期せぬ損失を招く場合もあります。

ベーシックプランはメール、LINEができれば良いと考える人が選びましょう。着信通知がすぐに来なければいけない方には向きません。

楽天モバイルの3.1GBプランで出来ること

3.1GBのプランでは、高速通信でメールもLINEもインターネット検索も株も動画もできます。ですが、3.1GBというデータ量は毎日外出をしてスマホを使う方には少ないデータ通信量です。

3.1GBはメールやLINEやちょっとしたインターネット検索、ゲームを楽しむけれど、動画や株はしない方、着信通知などはリアルタイムで受け取りたい方に向けたプランです。

楽天モバイルの5GBの通信量で出来ること

5GBプランは3.1GBプランの内容にさらに株をよく見る方に最適なプランでしょう。スマホを外出時によく使う方に向けたプランです。ただし、動画をたくさん使うとデータを使い切ってしまうかもしれません。

楽天モバイルの10GBプランで出来ること

10GBプランは動画もゲームも株もあらゆることをたくさん使いたい方が選ぶプランです。さらにテザリングを使ってパソコンを使う方や仕事でスマホを使う方に向けたプランです。

楽天モバイルは後からプラン変更OK!プランの変更方法と選び方まとめ

楽天モバイルでは、契約後のプラン変更も可能です。楽天モバイルのプラン変更方法と、それぞれのプランの選び方をまとめました。

楽天モバイルのプランを正しく使うことで、データを追加チャージせずに安い料金で適切にスマホを利用することができます。ベーシックプランではスマホの使い道が電話中心の人。3.1GBプランはメール、LINEやFacebook、twitterなどのSNSが中心の人。5GBプランは株価をよく見たり取引したり、ニュースを気にしたりなどスマホをいろいろと使うことが多い人。10GBプランはテザリングや動画、仕事でスマホを使う人。予算や自分のスマホの使い方スタイルに合わせてプランを選びましょう。

公式サイト
楽天モバイル