1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 話題沸騰、楽天モバイルの気になる契約方法とは?
 

話題沸騰、楽天モバイルの気になる契約方法とは?

楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ スマートフォン  格安SIM
SIM

2016年現在も勢いを増し続けているMVNO「楽天モバイル」。他の様々な格安SIM関連会社と少し変わっているのは、その契約方法の種類です。今回は、楽天モバイルの契約方法について詳しく解説していきたいと思います。

2016年現在も勢いを増し続けているMVNO「楽天モバイル」。他の様々な格安SIM関連会社と少し変わっているのは、その契約方法の種類です。今回は、楽天モバイルの契約方法について詳しく解説していきたいと思います。

楽天モバイルの契約の仕方は?

格安SIMは、基本的にインターネットのサイト上で契約を行うシステムとなっています。
楽天モバイルもサイト上で必要事項を入力することによって契約を行うことができますが、方法はそれだけではありません。なんと、店舗に出向いて契約手続きを行うこともできるのです。
rakuten_mobile 出典:楽天モバイル公式サイト

店舗があるメリットは?

多くのMVNOでは、無店舗での運営が行われています。

家電量販店などで契約を行うことができるMVNOもいくつか存在していますが、あくまでも申し込みを行うことができるだけといったものがほとんどです。

楽天モバイルは、楽天モバイルに特化した店舗をいくつも出店しています。これによるメリットは、格安SIMについてよく知らない人にも専門のスタッフが内容についての詳しい説明を行うことができるため、敷居が低くなるということです。

元々、MVNOは店舗を出さないなどのコストカットを行うことによって低価格での通信料金に抑えていました。

楽天モバイルはあえて店舗を出すことによって、ユーザー数を増やすことで利益を出していこうとしているのです。
さらに楽天モバイルのショップでは、楽天モバイルで販売されている「SIMフリースマホ」を実際に触ることもできます。

SIMフリースマホは低価格で性能を抑えたものから高価格で機能が満載、性能も高いものまで様々な機種が存在しているため、実際に操作して自分に合っているかを試すことができることはユーザーにとって大きなメリットです。

店舗ではどのようにしてSIMカードを契約する?

カウンターで専用の用紙に必要事項を記入しましょう。

わからないことがあっても、店員の方に聞けばすべてその場で教えてくれます。
通信のみの契約だけでなく、音声通話が可能な回線もその場で開通させることができます。

もちろん、MNPも可能です。端末をSIMカードの契約と合わせて購入する場合も、その場で受け取ることが可能です。

楽天モバイルをネットで契約を行うには?

ネット上で契約を行う場合は、楽天モバイルの公式サイトのトップページにある「申し込み」のボタンをクリックしましょう。
あとは自分がどのようなプランで契約を行うかを選択し、必要事項を記入すれば手続き完了です。

出典:楽天モバイル公式サイト
ちなみに、契約はパソコンでなくスマホで行うことも可能となっています。
パソコンがない方でも契約を行うことが可能であるという点は、とても便利ですね。

ネットで音声通話プランを契約する場合は、本人確認書類をスマホで撮影したり、プリンターでスキャンを行ったりして画像データ化したものをアップロードする必要があります。

スムーズに手続きを進めるために、申し込み手続きをする端末上に、本人確認書類の画像をあらかじめ保存しておくことをおすすめします。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルで契約に必要なものは?

身分証明書とクレジットカードは必須

店頭に持っていく必要があるものは、運転免許証や健康保険証といった身分証明書、そしてクレジットカードです。
この2点は必ず必要となります。クレジットカードを持っていない方は契約を行うことができないため、注意が必要です。ネットでの申し込みの場合でも、この2つが必要となります。
そしてもう一つ、契約を進めるにあたって楽天のIDを持っていることは前提となります。事前に登録を行っておきましょう。
乗り換えを行う場合は、これらに加えてMNP予約番号も用意しておきましょう。
SIMカードのみの契約を行う場合は、SIMを入れるスマートフォンなどの端末も用意しましょう。店舗で手続きを行う場合は、SIMカードを利用するための設定など、わからないことについて店員の方に聞くことができるため、端末を持っていくことをおすすめします。

身分証明書についての詳しい詳細

身分証明書は、以下の中から選ぶことができます。種類によっては補助書類として、公共料金の領収書や住民票、届出避難場所証明書が必要となります。

• 運転免許証
• 運転経歴証明書健康保険証
• 日本国パスポート
• 住民基本台帳カード
• 身体障がい者手帳
• 精神障がい者保健福祉手帳
• 特別永住者証明書
• 外国人登録証明書
• 在留カード

身分証明書は、申込時に入力した住所と同じ住所が記載されているものを使用しましょう。
氏名も、結婚などで変更があった場合は旧姓で記載されている身分証明書を使うことができないので、注意が必要です。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの契約を行うことができる店舗は?

全国各地に楽天モバイルを契約可能な店舗が存在する

楽天モバイルの契約は、楽天モバイルショップや楽天カフェ、そして全国に存在する家電量販店や携帯ショップの一部で行うことができます。

楽天モバイルのショップは東京、宮城、名古屋、大阪、兵庫に存在し、5月30日には福岡にも開店予定です。

楽天カフェは、渋谷公園通り店と二子玉川ライズ S.C.店です。

契約を行うことができる各地の店舗についての詳しい情報は、楽天モバイルの公式サイトの「店舗」の項目をご覧ください。

楽天モバイルはネットで契約し、ローソンで受け取るシステムも用意されている

ネットで契約を行う場合、通常は自宅にSIMカードや購入した端末が届くまでに数日かかります。

しかし、「コンビニ受け取り」サービスを利用すればなんとネットで手続きを行った3時間後にはローソンでそれらを受け取ることが可能です。

受け取りには、現在使用しているスマホの画面にバーコードを表示する方法と、ロッピーを操作して手続きを行う方法があります。

出典:出典:楽天モバイル公式サイト
このサービスは現在都内の一部のローソンにのみ対応していますが、今後はさらに対応する店舗が増えていくことも予想されます。

なお、現時点ではSIMカードのみの契約であれば制限はありませんが、端末をセットで購入する場合はローソンで受け取ることができる端末は一部に限られているのでその点も注意が必要です。

ローソンでの受け取りに対応している端末は、

・Arrows RM02
・Liquid Z330
・honor6 Plus
・Xperia J1 Compact
・Zenfone2 Laser
・AQUOS SH-RM02
・Desire 626
・Zenfone Selfie
・MediaPad M2 8.0

以上になります。

話題沸騰、楽天モバイルの気になる契約方法とは?のまとめ

店舗での契約とネット(スマホ、パソコン)での契約が行える楽天モバイル
格安スマホ・格安SIMが気になっているけれど、どうやって利用するのかよくわからないという方におすすめのMVNOです。

公式サイト:楽天モバイル