1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. スマホの歩数計アプリやガジェットで楽しくフィットネス管理
 

スマホの歩数計アプリやガジェットで楽しくフィットネス管理

pixta_19191769_S
スマホ

今やスマホのアプリとして使えるようになった歩数計は、健康管理にとても便利なアプリとして使用されています。スマホで使える歩数計アプリや最近注目を集めているフィットネス管理のガジェットを紹介します!

スマホのアプリとして使えるようになった歩数計は、健康管理にとても便利なアプリとして使用されています。 今回はスマホで簡単に扱えるおすすめの歩数計アプリの他に、健康意識の高い人からの注目を集めているフィットネス管理のガジェットもご紹介します。

スマホの歩数計アプリやガジェットで健康管理!

歩いた歩数をカウントして、どれほど歩いたのかを後で把握できるアイテムが歩数計です。

近年では健康意識の高まりを背景に、手軽に行える有酸素運動であるウォーキングを始める人も多くなりました。 ウォーキングを行う人にとっては、毎回目標が達成できたかを確認するために歩数計は欠かせません。

今やスマホのアプリとして使えるようになった歩数計は、健康管理にとても便利なアプリとして使用されています。 今回はスマホにインストールして手軽に扱える歩数計アプリの他に、最近注目を集めているフィットネス管理のガジェットもご紹介します。 リストバンド型の装着するガジェットは、心拍数や睡眠時間など歩数以外のさまざまな計測もできる優れもの。 スマホと連携させることでフィットネス管理がさらに便利になりますよ。

自分の好みに合ったアプリ・ガジェットを取り入れて、毎日のフィットネス管理に役立ててみましょう!

『Noomウォーク』は他のユーザーと励まし合えるアプリ(Android)

単に歩数をカウントするだけではなく、ユーザー同士のコミュニケーションをとりやすくしたアプリが『Noomウォーク』です。

歩数計としての使い方は難しいことはなく、日別・週別にどれだけ歩いたのかの実績を確認できます。

SNSとしての機能があるのがこのアプリの最大の特徴で、世界中のユーザーが閲覧できて返信なども自由に行えます。「ハイタッチ」や「いいね」というリアクションを届けることができるため、ユーザー同士で励まし合うことになり、より一層ウォーキングを続けやすい仕組みになっています。たとえ知らない人からでも「頑張ったね」というメッセージが届くのはとても嬉しいものですよね。

またノート機能が付いていて、歩いたスポットについての情報を自由に記録して残すことができます。旅行に行ったときの記録としても使えるアプリです。

一人で孤独に挑戦するウォーキングは辛いという方、挫折しやすいという方にピッタリのアプリですよ。Androidユーザーの方はチェックしてみてください。

シンプルな機能で操作もしやすい『Walker – 歩数計 Lite』(iOS)

歩数計として最低限必要な機能の搭載にとどめ、操作が簡単で扱いやすいiOS用のアプリです。

シンプルな機能といっても、歩数のほかに歩行時間・距離などの健康管理に必要な情報を計測してくれるので、どうしても必要な情報が足りないということはないでしょう。 体重の記録もできますから、ウォーキングを続けていくにしたがって体重もどう変化したのかわかりやすいので、ダイエット目的を重視している方にも使いやすいアプリです。

使い方はとても簡単で、アプリを起動してから「START」ボタンを押すだけで計測をスタートしてくれます。終える時も「STOP」を押すだけ。 計測した記録はグラフで表示されるので、自分の努力の結果をわかりやすく把握できます。この記録表示画面は余計な表示がなく、ごちゃごちゃしていなくてスッキリしているのでとても見やすいです。

おまけの機能としてTwitterへの投稿機能があり、「今日はこれだけ歩いた!」という自分の努力を共有することができます。逆に、皆が見ているという良い意味でのプレッシャーになりますので、うまく利用すればウォーキングを続ける原動力にすることが可能ですよ。

スマホの歩数計アプリよりさらに広がる機能を持つガジェット!

スマホの歩数計機能だけでは物足りないという方は、フィットネス管理をより広範囲でサポートしてくれる、「ウェアラブルガジェット」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

「ウェアラブルガジェット」とは体に装着して使用する機器のことで、『Google Glass』のような眼鏡型や『Apple Watch』のようなリストバンド型などがあります。

健康への意識が高い人が取り入れているウェアラブルガジェットが、「アクティブトラッカー」や「活動量計」などと呼ばれているものです。タイプとしてはリストバンド型が主流になっています。 ウォーキングだけではなく、日常生活全体の活動量を把握することで、より広い意味での健康管理ができるようになるガジェットです。

レベルの高い健康管理を行うためには、歩数など運動の記録だけではなく、睡眠時間や心拍数、食事に関する情報などを把握することが欠かせません。 ウォーキングが習慣として身についてきた人が、さらにクオリティの高い健康管理を行うために取り入れるべきおすすめのガジェットをご紹介します。

「Fitbit Charge HR」

精度の高い心拍数の測定により、一日のエクササイズやアクティビティーの記録を正確に残すことが可能なガジェット。

歩数・消費カロリーなどの把握からランニングデータの取得までさまざまな記録機能が備わっています。 睡眠監視機能として、睡眠の質と長さを記録することによって健康管理がさらに充実。バイブレーションで起こしてくれる目覚まし機能も付いています。 スマホの着信通知も表示できるので、大事な電話も逃しにくいです。

スマホやPCと連携することにより、目標達成度合いをスタイリッシュな表やグラフでチェックでき、傾向分析ができます。食品データベースを使用して食事を記録することもできるので、なかなか客観的に見えづらい食事の傾向や癖も一目瞭然に!

120機種以上のiOS、Android、Windowsスマートフォンと同期させることが可能。 アクティブに活動記録をつけてフィットネス管理を行いたい方にピッタリのガジェットです。

「SmartBand Talk」

ソニーモバイルコミュニケーションズが販売している、体の動きだけではなく全体的なライフスタイルを記録することをコンセプトにしているガジェットです。

Xperiaと連携させることによってさまざまな機能の広がりを見せてくれます。

Lifelogというアプリケーションを使い、取得したデータをスマホで管理・振り返ることができます。グラフやアニメーションをふんだんに使用した画面表示は見ているだけで楽しく、前向きに目標や計画を立てる気分にさせてくれます。

スマホと連携してハンズフリー通話が可能。運動しているときやスマホを操作できないときに便利な機能です。問いかけに対応してスケジュールやメールを読み上げてくれるボイスコントロール機能を使えば、声でスマホを操作したり情報をチェックしたりすることが可能になります。

スマホとの通信機能を充実させたタイプのガジェットで、Xperiaユーザーにおすすめです。

スマホの歩数計アプリから始めて、ガジェットにレベルアップ!

スマホの歩数計アプリは無料でインストールして使えるので、ウォーキングを始めてみようかなという人にとって便利です。

SNS機能が楽しめるものやグラフ表示がとても見やすいものなど色々ありますので、自分で楽しんでウォーキングに活用できそうなものを選んでみましょう。

歩数計機能以外の健康管理もしたくなったら、フィットネス管理のガジェットを使って、ウォーキング関連だけでなく睡眠時間や心拍数など日常での活動量も測定してみましょう。自分自身の日常の様子を客観的に観察できて、改善すべきポイントが見つけやすくなります。 スマホと連携させれば使える機能が広がり、日常生活をサポートしてくれますよ。