1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 無料Wi-Fiスポットにかけ放題、OCN モバイル ONEが今熱い
 

無料Wi-Fiスポットにかけ放題、OCN モバイル ONEが今熱い

ocn denwa
SIMカード

OCN モバイル ONEは多くの市場シェアを持っている格安SIMですが、最近は「無料Wi-Fiスポット」や「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」を提供するなどオプションが一気に充実しました。 使えるサービスの追加によって「市場シェアだけではない、おすすめのSIMカード」になったOCNに注目です。

OCN モバイル ONEは大きな市場シェアを持っている格安SIMですが、最近は「無料Wi-Fiスポット」や「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」を提供するなどオプションが一気に充実しました。

使えるサービスの追加によって「市場シェアだけではない、おすすめのSIMカード」になったので、詳細をチェックしておきましょう。

OCN モバイル ONE、おすすめの格安SIMに再浮上中?

OCNと言えば自宅インターネットのプロバイダーとしても有名なブランドで、その提供元であるNTTコミュニケーションズが運営しているのが「OCN モバイル ONE」という格安SIMです。

MVNOの中では割と早い時期からSIMサービスを提供しており、今のように格安スマホの人気が爆発する前から家電量販店などでもよく見かけたもの。NTT系という安心感もあって2015年時点では市場シェアNo.1だったのですが、一部ユーザー間ではお得感に疑問を持っている方もいたようです。

理由の1つ目が「月額料金」。大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクから乗り換えるとどうか?と言えばもちろん安くなるケースがほとんどですが、「他社格安SIMの値下げ」によって業界内ではすでに平均値となっている部分。現在はMVNO間の値下げ競争が激化しており、「DMM mobile」や「DTI SIM」などのSIMプランと比較すると若干ですが割高になります。

2つ目の理由が「人気オプションの欠如」です。一昔前はNTTコミュニケーションズが提供していた「050 Plus」などのIP電話サービスが通話を安く使う方法の代表格でしたが、現在は「楽天モバイル」が提供するような「5分かけ放題オプション」などが人気を集めています。…調査会社の分析結果でも楽天はシェアを伸ばしていることから、この通話定額サービスが起爆剤となっているのはほぼ間違い無いでしょう。

またWi-Fiスポットサービスも本来は今後有料になるはずでした。例えば「NifMo」や「BIGLOBE SIM(大容量プラン)」なら無料で公衆無線LANスポットが使えます。

…上記のような理由から「OCN モバイル ONEは大手だけど、他社と比較するとちょっと…」という思いで他のSIMカードに乗り換えたユーザーの方もいるのでは無いでしょうか。

しかしNTTコミュニケーションズもMVNO業界で人気のサービスに乗っかる形で、ついに「無料Wi-Fiスポット」「5分でんわかけ放題」の2つを提供開始しています。これによって一気に運用したいおすすめSIMに返り咲きました。

OCN モバイル ONEの「無料Wi-Fiスポット」

実を言うと、OCNでは以前からWi-Fiスポットサービスの提供を試験的に行っていました。ただし当時は無料期間としており「今後は有料」という告知がされていたことから、乗り換えを躊躇ったものです。

しかし7月1日に開始されたWi-Fiスポットは、OCNモバイルONEの格安SIMで該当プランを利用していれば「無料」という内容に。

しかも7月15日にはDoSPOTに対応したことで、利用できる公衆無線LANスポットの数は「全国約8万2,000カ所」と倍増しました。このスポット数は格安SIMプランで無料利用可能なWi-Fiサービスとしては最大級の規模になっています。

  • 以前:「今後有料になる予定で、使えるスポット数も少ない」
  • 現在:「SIM契約者は無料で利用OK、しかも全国8万カ所以上で使える」

上記のようにWi-Fiオプションでは一気におすすめのSIMカードに生まれ変わりました。これは外出先でも良くネットを使う方には嬉しいポイントです。

公式サイト:OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの「5分かけ放題」

すでに楽天モバイルやDTI SIM、FREETELなどが提供していたかけ放題サービスですが、ついにOCN モバイル ONEも「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」を提供開始しました。…追加料金も918円/月とほぼ他社と同じ価格設定になっています。

  • 月額料金:918円
  • 1通話5分までの国内通話は、回数無制限で発信可
  • 5分を超えた場合は、30秒10.8円と半額で利用可
  • 適用方法:オプションを申し込み、「OCNでんわアプリ」をインストールしてアプリ経由で発信する

このOCNでんわはプレフィックス方式であることが判明しているので、050 PlusのようなIP電話割引サービスと比較して「通話品質の向上」に期待できます。

また発信ではプレフィックス番号を付加(OCNでんわアプリでは自動付加)しますが、相手方には今契約中の電話番号がしっかり表示されるのもポイント。

このように他社MVNOですでに人気のかけ放題プランも、OCNのSIMカードで使えるようになったわけです。

公式サイト:OCN モバイル ONE

OCNはバランスの良い格安SIMになった

「無料Wi-Fiスポット」「5分かけ放題」が提供開始されたことで、OCN モバイル ONEはバランス型のおすすめSIMになりました。まずは月額料金から確認してみましょう。

OCNモバイルONE
月額料金
データ通信専用SIM
SMS機能なし
月額料金
データ通信専用SIM
SMS機能付き
月額料金
データ通信専用SIM
050 plus付き
月額料金
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
110MB/日コース972円1,101円1,134円1,728円110MB/日262.5Mbps最大5枚
170MB/日コース1,490円1,620円1,652円2,246円170MB/日262.5Mbps最大5枚
3GB/月コース1,188円1,317円1,350円1,944円3GB/月262.5Mbps最大5枚
5GB/月コース1,566円1,695円1,728円2,322円5GB/月262.5Mbps最大5枚
10GB/月コース2,484円2,613円2,646円3,240円10GB/月262.5Mbps最大5枚
500Kbpsコース
(15GB/月)
1,944円2,073円2,106円2,700円15GB/月500Kbps最大5枚

表下の500kbps特殊プランを覗くと、大きく分けて2種類のコースが存在します。

「日次コース(110MB/170MB)」は文字通り日ごとに高速データ通信容量が決まっているプランで、毎日ネットを利用する量が一定の方におすすめです。

「月次コース(3GB/5GB/10GB)」は月間で高速データ通信容量が決まっているタイプ。動画など短期間に多くのデータ容量を使うこともできる柔軟なプランです。最大10GBに対応し、ヘビーユーザーも使える環境が整っています。

次にオプションも確認してみましょう。既に紹介したWi-Fiスポットとかけ放題に加えて、以下のような機能が使えます。

  • 余った通信容量の翌月(翌日)繰り越し
  • 足りなくなったデータ容量のチャージ
  • 高速通信のON⇔OFF切り替え(ターボ機能)
  • SIMカード追加での、複数枚容量シェア
  • カウントフリー機能

余った通信容量は翌月、もしくは翌日に繰り越すことができるので無駄がないですし、SIMカード複数枚でのシェア利用も上記全プランで対応しています。

高速通信ON/OFF機能である「ターボ機能」も使えるので、データ通信の節約・管理も簡単。かけ放題にWi-Fiスポットと人気のオプションも実装したので、業界内でもバランスの良いSIMカードになっているのが今のOCN モバイル ONEと言えるでしょう。

公式サイト:OCN モバイル ONE

バランス型の格安SIM、OCN モバイル ONEのまとめ

2016年夏にWi-Fiスポットを正式開始、さらには無料化して、今人気の5分かけ放題も使えるようになったOCN モバイル ONE。ライトユーザー向けの日次プランから大容量10GBプランまで幅広く対応しているので、今後運用するにはおすすめのSIMカードになりました。

9月30日までの音声通話SIM申し込みで「初月基本料無料+2ヶ月756円割引」、また8月31日までの申し込みでデータ増量キャンペーンもあります。詳しくは公式サイトをチェックしておきましょう。

公式サイト:OCN モバイル ONE

他のSIMプランは、下記の「SIMチェンジプラン診断」から比較できます。ぜひお試しください。