1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 魔の帯域制限のない格安SIMを選ぼう
 

魔の帯域制限のない格安SIMを選ぼう

ガイコツ
SIM

料金が大変安くなる格安SIMですが、それぞれの格安SIMには注意事項があります。しっかり読まないとうっかり帯域制限に引っかかることも。この記事を読んで格安SIMの帯域制限を回避しましょう。

料金が大変安くなる格安SIMですが、それぞれの格安SIMには注意事項があります。しっかり読まないとうっかり帯域制限に引っかかることも。この記事を読んで格安SIMの帯域制限を回避しましょう。

name

格安SIMの帯域制限

帯域制限は一定期間の間に通信を使いすぎてしまった場合に発生する通信制限です。それは格安SIMにもあります。

帯域制限の明確化

携帯キャリアにもある帯域制限は、格安SIMにも帯域制限がありますが、それがあやふやな書き方になっています。

帯域制限の記載には、「直近72時間(3日間)の通信量の合計が規定の量に達した場合、通信速度を制限する場合があります。」「他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります」があります。

前者の場合は明らかな帯域制限があると明確にされていますので迷うことはありません。しかし、後者の場合は格安SIM運営会社の匙加減となります。格安SIM利用者が一斉に使う場合にだけ帯域制限されるのか、または一定期間に使いすぎてしまった場合に制限されるのかがわかりません。

ここが落とし穴になります。

魔の帯域制限の恐ろしさ

帯域制限に引っかかるとどうなるのでしょうか。

携帯キャリアの帯域制限の場合は128Kbps以下に制限されるとなっていますが、128Kbpsはある程度保障されます。ですので、メールなど最低限のことは送受信可能です。

しかし、格安SIMの場合はどうでしょう。

格安SIMの場合は帯域制限時の速度は200Kbps以下になります。携帯キャリアよりも速い速度になっていますが、実は格安SIMの帯域制限時の速度は大変遅くなります。

通信利用者が少ない時間帯はある程度メール等の送受信が可能ですが、利用者が多い時間帯になると全く送受信ができません。LINEも送信中のままで止まり、ついには送信できませんでした警告がでます。

格安SIM利用者にとって帯域制限はスマホの機能を失う魔の制限になるのです。

帯域制限のない格安SIM

格安SIM利用者にとって帯域制限は恐ろしいものですが、帯域制限を設けていない格安SIMもあります。

帯域制限のない格安SIM一覧

以下の格安SIMには高速通信時の帯域制限の注意がありません。その分帯域制限にかかってしまった等の報告もありません。

安心できる格安SIMとなっています。

公式サイト
IIJmio
人気の格安SIM。格安SIMの最先端を切り開く技術屋です。低速切替時のみ帯域制限があります。

公式サイト
OCNモバイルONE
格安SIM加入者トップの人気があります。NTTグループのパワーが活かされた格安SIMです。

公式サイト
DMM mobile
格安SIM期待の新星DMM mobile。格安の中の格安を狙う人はDMM mobile(DMMモバイル) で。

公式サイト
ぷららモバイル
無制限通信が目玉のぷららモバイルLTE 。どんな大容量通信も受け入れます。

帯域制限があるかもしれない格安SIM一覧

下記の格安SIMには帯域制限を思わす表現が注意事項にあります。

  • b-mobile
  • U-mobile
  • UQmobile
  • Nifmo
  • 楽天モバイル

格安SIMは帯域制限のない物を選ぼうまとめ

格安SIMの帯域制限について紹介しました。

格安SIMは帯域制限のない物を選ぼうまとめ

帯域制限を受けずに契約した通信容量を使いたい人は上記に紹介した帯域制限のない格安SIMを選びましょう。魔の帯域制限になるとスマホの性能を活かす事ができず単なる電話に成り果ててしまいます。恐ろしい帯域制限を回避してどんな通信も負けずにこなす格安SIMを活用しましょう。