1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. かけ放題に挑戦するNifMo(ニフモ)の格安SIM・NifMoでんわの詳細
 

かけ放題に挑戦するNifMo(ニフモ)の格安SIM・NifMoでんわの詳細

nifmo
SIM

似たり寄ったりのプランが多いSIMの中でも、NifMo(ニフモ)はMVNO初の「かけ放題」に挑戦したり、割引システム「バリュープログラム」を展開するなど、注目に値するユニークな格安SIM。気になるNifMoでんわのかけ放題について、またNifMoのプランや割引の全体像をご紹介します。

信頼のおけるプロバイダ「ニフティ」が始めたNifmoは、かけ放題の通話定額など、特別なサービスにも積極的に取り組んでいるMVNO。似たり寄ったりのプランやサービスが多いSIMの中でも、NifMoのサービスはあるニーズに特化した物が多く、注目したい格安SIMと言えます。特にMVNOでは実現していなかったかけ放題のサービスもNifMoが開始する予定で、これからますます注目度が上がっていくこと間違いなし。

name

気になるNifMo(ニフモ)のかけ放題サービス、また料金プランや割引プランなどのサービスの全体を見ていきましょう。

NifMo(ニフモ)にしか存在しないかけ放題への挑戦

かけ放題、つまり通話定額サービスを始めようというNifMo(ニフモ)。進取の気性に富んだサービスの内容を見ていきましょう。

かけ放題のNifMoでんわ

大手キャリア、つまりドコモやau、ソフトバンクなどで行われている通話かけ放題のプランが、MVNOでも可能になる!そのNifMoの通話定額プランの発表には、多くの人がうれしい衝撃を感じたのではないでしょうか?

NifMoのかけ放題のすごい点は次の三点。

  • データ量が格安の割に通話代が高くつくMVNOで、通話料を気にしなくてもよくなった
  • 大手キャリアの半額で、かけ放題が実現
  • もしかしたら、もしかしたら050ではなく090の番号が使えるかもしれない!?
これらのメリットを一つずつ見てみましょう。

データ量も安いが通話料も安く

従来の通話料金は30秒20円。通話を良くする人にとって、かけ放題のないMVNOのプランでは通話料への不安が大きかったはず。近頃はデータ専用ではなく、音声通話付きのSIMへの需要が増えているため、通話料を安くするための様々なサービスが増え始めています。

そこでニフティの新たな試みについて、ネットワークサービス事業部の三浦信治氏はこのようにコメント。
「MVNOをその性質上、データ通信の価格をギリギリまで下げており、通話は従量制にならざるをえない。だが音声通話へのニーズもあることから、NifMoは大手キャリアの半額でかけ放題をやる」
出典:NifMo、対応端末に「ARROWS M01」追加――“話し放題”サービスも予告 さらなる格安へのニーズにこたえる姿勢が感じられますね!

大手キャリアの半額1,350円のかけ放題

上のコメントにあったように、このかけ放題を何とキャリア通話定額の相場2,700円の半額で開始する予定。1,350円でかけ放題が実現するとなると、今まで通話料金の高さで躊躇していた人でも格安SIMに乗り換えない手はないでしょう。

大手キャリアの料金体系と比べるとこの通りです。

 
NifMo
docomo
au
ソフトバンク
電話料金(税抜)1,350円カケホーダイ
2,700円

電話かけ放題
2700円
スマ放題
2,700円

メール料金(税抜)SMSオプション
150円
spモード
300円
LTE NET
300円
S!ベーシックパック
300円
データ料金(税抜)3GBプラン
900円
データSパック
3,500円
データ定額2
3,500円
データ定額パック2
3,500円
合計(税抜)2,400円6,500円6,500円6,500円

単純計算で4,100円の節約!!恐るべしMVNOの料金体系。

もしかしたら090・080の電話番号にも対応する可能性も

ニフティは、このかけ放題をIP電話のサービスで提供すると述べています。IP電話では050の番号しか使えない!IP電話では、音声品質が安定していなかったり、緊急通報の番号にはかけられないなどのデメリットも生じるため、IP電話採用に落胆の声も・・・ 詳しくはこちらの記事で説明されています。

しかし、現在準備を進めている最中であり、050の番号ではなく090・080の番号をそのまま使うことができるようにする可能性もあるのだとか。これからの発表に期待が高まりますね。

NifMoなど格安SIMのかけ放題については、格安SIMの通話料を安くする3つの方法の記事でまとめられています。

NifMo(ニフモ)のプラン表

それではNifMoの料金プランを見ていきましょう。

料金プラン一覧

2015年4月のMVNO各社の容量増量に遅れることなく、ニフティも各プランのデータ容量を増量しました。主要なプランは3つで、データ専用SIM・SMS付きデータSIM・音声通話付SIMの3つを選べるようになっています。組合せによって9つのプランを選択できると言えます。

さらに、ヨドバシカメラと提携して販売されるようになった「ヨドバシカメラ限定NifMo音声通話対応SIM」のプランも押さえておきたいSIM。

公式サイト:NifMo SIMカード

プラン名
3GBプラン
5GBプラン
10GBプラン
ヨドバシカメラ限定
音声対応SIM
高速データ通信容量3GB5GB10GB制限なし
データ通信専用SIM(SMS機能なし)900円1600円2800円
データ通信専用SIM(SMS機能つき)1050円1750円2950円
音声通話対応SIM1600円2300円3500円1,180円
通信速度下り最大150Mbps/上り最大50Mbp下り最大150Mbps/上り最大50Mbp下り最大150Mbps/上り最大50Mbp下り最大200Kbps/上り最大200Kbps
他社との料金比較についてはこちらの記事をご覧ください。 他のオプションにはこのようなものがあります。
SMSの追加料金
150円
データおかわり
0.5GB
0.5GB(500MB)の容量追加
1回900円
月6回まで可能

端末セットプラン

さらに端末とのセット売りも力を入れています。評判の良い格安スマホであるZenfone5や、新たに加わった端末、国内メーカー富士通製のARROWS M01も見逃せません。価格は次の通り。

 
Zenfone5
ARROWS M01
データプラン(税抜)3GBプラン
700円
3GBプラン
700円
音声通話(税抜)700円
700円
端末代金(税抜)分割払い1,297円
(一括払い31,112円)
分割払い1,575円
(一括払い37,778円)
合計(税抜)月々2,697円
(分割払いの場合)
月々2,975円
(分割払いの場合)
どちらの端末でも、全プランでセット申し込みをすることができます。

端末セットにすると200円割引になる点などを行っている点なども、高ポイントですね。

お得な端末セット
機器セット割で200円割引

割引サービス

さらに他の格安SIMと一線を画するのが、割引において様々なユニークなサービスを行っている点。その一つが、「バリュープログラム」。

これは提携しているショップでお買い物をしたりアプリをダウンロードしたりすると、月額の請求金額から割引を受けられるというシステムです。ネットショッピングをする人にとって、かなりお得なサービスでしょう。

バリュープログラムは実店舗にも拡大の予定

今までオンラインショッピングが対象だったバリュープログラムの割引還元が、飲食店などの利用にも広がっていくと発表されています。

焼き肉店で食べた1万円分の食事代が、NifMoの利用代金から5,000円割引されて実質5,000円の飲食代になる、というしくみ。ますます生活と密着した節約術となりそうです。

NifMo(ニフモ)の魅力的な他のサービス

ニフモのかけ放題、格安プラン、割引プログラムなどの取り組みも非常に魅力的ですが、他にもまだ語りたいポイントが。知っておきたいお得なサービスをご紹介します。

無料でWifiスポットが使える

公衆無線LANのBBモバイルポイントが使えるWifiサービスも行われています。同じようなサービスを行っているのは、BICSIMBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)ワイヤレスゲートなど。MVNOの中でも、Wifiが無料で使えるのは貴重なオプションです。

BBモバイルポイントについて

ソフトバンクが提供している公衆無線LANで、マクドナルドやJR駅構内などでWifiスポットを利用できます。

安心保証やセキュリティなどのオプションがある

スマホとセットで購入した場合、心配な点が故障や破損時の対応。「あんしん保証」に入っておけば、万が一の時に電話から2日以内に交換してもらえます。

また、セキュリティ対策も整っています。月額200円でウイルス対策もできるオプションです。

「あんしん保証」
月額380円
「常時安全
セキュリティ24 モバイル」
月額200円iOSには対応していません
「訪問レクチャー」
月額480円スマホの接続、設定、操作方法の説明」などの初回訪問レクチャーが24カ月以内無料
「@nifty
まかせて365」
月額300円 実際に相談した時の相談料金は税抜1,800円 /1件です。

かけ放題に挑戦するNifMo(ニフモ)の格安SIMの特徴まとめ

数あるMVNOの中でもユニークなサービスを提供しているNifMo。かけ放題やバリュープログラムといったサービスには特に、これからの展開に注目していきましょう。

NifMoの特徴
かけ放題が1,350円で提供される予定
低価格プランが豊富
バリュープログラムによる割引還元が魅力
Zenfone5などの端末セットも充実
保障や訪問サービスも整っている

ニフティの他とは異なるプランに興味が出てきたら、他の格安SIMの内容も調べて比較してみましょう。比較するにはプラン診断も一役買ってくれます。無料でできる診断チェッカーを使えば、自分の通信費の節約額も一目ですぐわかります。ぜひお試しください。

NifMo(ニフモ) SIM
NifMo(ニフモ) スマホセット