1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 「フレッツ光乗り換えとMVNO」光コラボでSIMを運用!
 

「フレッツ光乗り換えとMVNO」光コラボでSIMを運用!

MVNO 光コラボ
SIM

NTTフレッツ光の回線を卸して提供可能な光コラボレーションが開始しました。そして格安SIMを提供するMVNO各社も参入を発表しています。格安SIM各社が自ら固定回線を提供することで光コラボレーションでセット割を受けられるので、スマホがさらに安く、自宅インターネットでは高速Wi-Fiで無制限で利用できます。

2015年より、NTTのフレッツ光の回線を自社のサービスとして卸して提供が可能な「光コラボレーションモデル」が開始しました。格安SIMを提供しているMVNOと光コラボにより、より安く運用できるようになるのです。

MVNO 光コラボ

MVNO×フレッツ乗り換えの光コラボ

NTT東西が提供する固定回線をMVNOが借りて、自社のサービスとして提供できる仕組みです。これにより光コラボでセット割引があるので、さらにお得に格安SIMを使えるというわけです。

これにより、例えば「IIJmio(みおふぉん) のSIM」と「IIJmioひかり」をセットで利用することで、セット割引を受けることができて、さらにSIMを利用することが出来ます。固定のインターネット回線はネットの使用制限が原則ないので、高速通信を安い値段で楽しむことが可能となります。

ネット代     スマホ代     割引
IIJmioひかり × IIJmio格安SIM = 600円/月の割引!
出典:IIJmioホームページ

 

フレッツ光コラボ IIJmioの場合

ではIIJmioの光コラボレーションによる割引を見ていきましょう。MVNOのサービスとセット割が入ることによってどれくらい安くなるのでしょうか

IIJmioの例で見ると、自宅が戸建であれば、光インターネットの料金が4,960円で、同社SIMとのセットで600円の割引が受けれます。期間限定の割引で、2年間はさらに150~750円の割引が入ります。

現在IIJmioのSIM利用者は、フレッツ光から乗り換えるだけで約1,000円ほど安くなる計算になります。もともと大手通信会社のスマホを利用している方は約6,000~7,000円の料金がかかっている場合が多いので、家のネットとスマホをまとめて格安SIMのサービスにしてしまえば、かなりの利用料削減が見込めます。

フレッツ光(プロバイダ料金込の一例)
IIJmioひかり

5,000~6,000円4,960円
↑フレッツ光から切り替えるだけで、安くなるケースが多い。  
mio割
mio割スタートキャンペーン
ずっと
600円割引
24ヶ月
150〜750円割引
↑IIJmio格安SIM×IIJmioひかりのセット割が入るので、さらにお得に利用できる。  

フレッツ光乗り換えの提供会社は?

フレッツ乗り換えの光コラボを提供している格安SIM業者はOCN モバイル ONEBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)ぷららモバイルLTENifMo(ニフモ)So-net モバイル LTE(ソネット) など、大手インターネットプロバイダを中心に広がっています。参入を検討している会社も含めると100社を越えると言われていて、さらに「格安SIM×光乗り換え」のコラボレーションは普及していくと予想されます。

OCN光OCN モバイル ONE1回線あたり200円/月を割引
so-net光So-netモバイルLTE1回線あたり200円/月を割引
ビッグローブ光BIGLOBE LTE・3G1回線あたり200円/月を割引
U-NEXT光U-mobile 1回線あたり500円/月を割引
IIJmioひかりIIJmio固定1回線ごとの料金を600円割引

この非常にオトクな格安SIM×光コラボレーションですが、まだ開始されたばかりということもあり、出方を見ている企業も多いのが現状です。ただ、新規申込時の工事費が無料になるキャンペーンなど各社期間限定のキャンペーンもありますので、格安SIMをご検討されていらっしゃる方は、ぜひ確認してみてはいかがでしょうか。