1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモメールを格安SIMのMVNOで利用!その手順とは?
 

ドコモメールを格安SIMのMVNOで利用!その手順とは?

pixta_21790770_M
SIM

一般的にドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMのMVNOに乗り換えると、キャリアメールは使えなくなります。通常はGmailやYahoo!メールなどフリーメールで代用することが多いのですが、実はドコモメールを維持することも可能です。今回はドコモメールを格安SIMのMVNOで利用する方法について解説します。

MVNOに乗り換えてもドコモメールが使える?!

81fc99b86b1a5f5cb4a9c7201bc2ec13

これまでずっとドコモを利用してきた方であれば、@docomo.ne.jpに慣れ親しんでいるでしょう。ここ数年はLINEなどのアプリ使用がメインの流れになってきましたので、ドコモメールを使う機会が限られてきたと感じるユーザーが多いとは思います。しかし中高年を中心にLINEなどのSNSには抵抗がある、使い方がよくわからないという方であれば、ドコモメールを残したいと考える方もいるかと思います。

本来は格安SIMへ乗り換えた時点でドコモメールは利用できなくなるのですが、2台持ちの方法を応用することで、MVNOのスマホでもドコモメールを利用することができます。その手順を見ていきましょう。

ドコモメールを維持する手順1 ドコモと新たに契約をする

pixta_1543704_M

ドコモのメールアドレスを維持するためには、ドコモと回線の契約をする必要があります。あくまで維持用ですので、最安のプランでかまいません。現在はFOMAの「タイプシンプルバリュー」が最安です。かけほーだいやパケあえるなど通常のドコモユーザーが使っているプラン・オプションは一切必要ありません。

回線契約の他、データ通信の契約も必要です。パケホーダイシンプルは基本料金ゼロ円で、実際に使った分だけ課金が発生します。それほど使わないのであればこのプランで十分でしょう。

このように乗り換え先のMVNOとの契約だけではなく、ドコモとの契約も必要なので月額料金が追加で必要となります。最安値を選べば月々1000円ちょっとに抑えることが可能ですが、このコストをどう見るかはユーザー次第でしょう。ドコモメールを使いたい方はこのコストに見合っているかをよく検討してみてください。コストに見合っていないと判断したら、Gmailなどのフリーメールでの利用に切り替えることがおすすめです。

ドコモメールを維持する手順2 dアカウントを有効にする

My Docomoにログインして、以下の流れで設定します。

  1. 「サービス・メールなどの設定」を選択する
  2. 「メール設定」をタップ
  3. SPモードパスワードを入力して認証する
  4. 「dアカウント利用設定の確認/変更」を選ぶ
  5. 「利用する」を選んで、「確認する」を押す
  6. 設定内容確認画面で内容をチェックし、「設定を確定する」をタップする

ドコモメールを維持する手順3 メールアプリで設定

ドコモメールを使いたい端末のメールアプリで、ドコモメールを見られるように設定を行います。メールアプリによって設定項目の名称などは異なりますが、「メールアカウントの新規追加」などの項目から、以下の必要情報を入力して設定します。

  • メールアドレス
  • 受信サーバ
  • 送信サーバ
  • ユーザーID
  • パスワード
  • 認証方式
  • SMTP認証
  • 認証方式

入力情報の詳細はドコモの公式サイトでご確認ください。また公式サイトでは、Gmailアプリ・Outlookアプリなど代表的なメールアプリでの設定方法の解説が、PDFファイル形式で用意されています。Gmailなどを利用している方はこちらの情報も併せて確認するとよりスムーズです。さらにスマホ以外での端末でドコモメールを取り扱う方法についても記載されています。色々なデバイスでドコモメールを操作したい方におすすめの情報です。

MVNOへ乗り換えてもドコモメールを使うなら2台持ち

pixta_18356489_S

MVNOに乗り換え後もドコモメールを継続して利用する方法について解説しました。ドコモメールを利用するには、新たにドコモとの回線契約・データ通信契約が必要です。しかしあくまでも維持用のため最安値のプランでかまいません。

dアカウントを有効にした後、ドコモメールを使いたいスマホ端末のメールアプリにて設定作業を行います。入力する情報が色々とあり細かいので、ドコモの公式サイトで1つ1つ確認していくことを強くおすすめします。

結局のところ、ドコモメールを他端末で利用するには契約上では2台持ちの状態になります。このコストをどう見るかは個人次第ですが、周囲がLINEやSNSなどをほとんど使わない場合、ドコモメールでのやり取り・アドレス管理に慣れ親しんでいる場合などは検討する価値があると言えるでしょう。

これでドコモであれば、電話番号を変更せずに乗り換えるMNPに加え、携帯アドレスも変更せずに移行することが可能となりました。ただし今後格安SIMを利用していきたいのであれば、キャリアメールよりはGmailなどのフリーメールの利用を中心にした方が利便性の面で有利です。ぜひフリーメールの活用も視野に入れてみてくださいね。