1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNEは、MVNOの格安SIMを比較する重要な要素だった!
 

MVNEは、MVNOの格安SIMを比較する重要な要素だった!

MVNE
MVNO比較

MVNEとは「Mobile Virtual Network Enabler」のことで、「事業ノウハウを活かし、他社がMVNOへ新規参入する際の支援を行う会社」のことを指します。これを知っておくだけで格安SIMの比較が容易になります。MVNOやMNOとの関係も含めて、具体的に解説していきます。

MVNEとは「Mobile Virtual Network Enabler(モバイル・バーチャル・ネットワーク・イネイブラー)」のことで、日本語でいうと「仮想移動体サービス提供者」のことですが、これを知っておくだけで格安SIMの比較が可能です。具体的にMVNOやMNOとの関係も含めて、解説していきましょう。

MVNE

MVNEとは

Mobile Virtual Network Enablerとは仮想移動体サービス提供者を指します。具体的にいうとMVNOの支援事業なのですがこれを知っておくと格安SIMの比較が容易になります。それはなぜなのでしょうか?

MVNO・MNOとの関係

MVNEを知るには、MVNOとMNOをしっておくことが不可欠です。まずはこの2つを確認していきます。

MVNO
(Mobile Virtual Network Operator 仮想移動体通信事業者)
ネットワーク回線網を持たず、MNOの回線を借りて自社ブランドでサービスを提供する事業者
MNO
(Mobile Network Operator 移動体通信業者)
ネットワークの自社回線網を持ち、かつ自社ブランドでサービスを提供する事業者(ドコモ・KDDI/au・ソフトバンク・ワイモバイルなど)

これをさらに分かりやすくすると、以下の表のようになります。つまりMNOは回線網を持っている会社で、それを借りて提供しているのがMVNOということが分かります。

MVNOとMNOの関係

ここにMVNEを足すと、このような表になります。MNOとMVNOの間に入ってノウハウを提供することで、敷居の高かった新規参入障壁をグッと簡単にするわけです。格安SIMの参入会社増加にも、こちらが活躍していたわけですね。

MVNE MVNO MNOの関係

MVNEの役割

MVNEは具体的にどんな事業なのかを解説していきます。主な仕事はMVNOの支援事業です。

MVNO支援事業

格安SIMを提供する上での支援といっても多くありますが、具体的な業務内容の例を挙げてみると、こんな事業を行っています。

支援内容
MVNOの課金システム構築・運用
MVNOの代理人として行うMNOとの交渉
スマホやタブレットなど端末の調達業務
事業用電気通信設備を設置し、MVNOに卸電気通信役務を提供
MVNO事業全体のコンサルティング業務

内容を見ていくと「MVNOの参入障壁をなくす」支援内容になっていることが分かります。

通信業界にあまり馴染みのないDMM.comやパナソニックがMVNO業界に参入できるのも、間に入って支援を行うIIJやOCNがいるからこそなのです。

格安SIMの品質はMVNEで決まる?

MVNEは通信回線の品質を決める要素となっていることが予想できます。これは各々の回線内容の変更時期や評判を見れば、一目瞭然です。

MVNOとMVNEの関係

例えばIIJの支援事業を利用しているMVNOに関しては、通信規制やリモートホストが似ています。

またOCNモバイルONEが音声対応SIMを提供したのち、OCNのMVNEを利用したTikiTiki(Tikimo)ぷららモバイルLTEでも、すぐに音声SIMの提供が始まりました。

通信設備も提供元によって品質が変わってくるので、格安SIMの品質・改善状況を確認するには、MVNEごとに比較すると分かり易いですね。

MVNE事業者の評判と比較

MVNOの支援元であるMVNEごとに、回線の評判を比較していきましょう。特にIIJ系とOCN系はユーザー口コミの評価が上々なので、要注目です。

OCN系(NTTコミュニケーションズ)

NTTコミュニケーションズがMVNEとなり支援しているOCN系のMVNOは、回線速度が安定して速いと評判です。

サービス名
提供
OCN モバイル ONE NTTコミュニケーションズ
ぷららモバイルLTEぷらら
NifMonifty
ASAHIネット LTEASAHIネット
@モバイルくん。LTEジェネス

特に有名なのが「OCN モバイル ONE 」「ぷららモバイルLTE」「NifMo」なので、プランを確認しておきます。

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションが提供するMVNO。データ専用が月額900円~。音声機能付きが1,600円~から利用できる格安SIM。利用者が多い人気のサービス。
公式サイト:OCN モバイル ONE

ぷららモバイルLTE

ぷららが提供する格安SIM。最大受信速度3Mbpsの使い放題・無制限プランが月額2,980円~で人気。
公式サイト:ぷららモバイルLTE 音声SIM
公式サイト:ぷららモバイルLTE データSIM

NifMo

ニフティの提供するSIMカード。月額料金が900円/月からと比較的安く、端末のセット購入も可能で人気を集める。通信速度の評判も良い。
公式サイト:NifMo(ニフモ)
公式サイト:NifMo(ニフモ) スマホセット

IIJ系(インターネットイニシアティブ)

IIJ/インターネットイニシアティブが提供するMVNE事業は、回線品質が高いとの評判です。バースト(初速ブースト)機能や速度切り替えスイッチが特徴で、多くのMVNOが利用しています。

サービス名
提供
IIJmio
高速モバイル/D
インターネットイニシアティブ
DMM mobileDMM.com
BB.exciteモバイルLTEBBエキサイト
hi-ho LTE typeDハイホー
wonderlink LTE(I)パナソニック
Tikimo LTEエヌディエス

中でも人気を集めているのが「IIJmio(みおふぉん) 」「DMM mobile」「BB.exciteモバイルLTE」です。

IIJmio 高速モバイル/D

IIJmioの提供する個人向けSIMカード。月額料金も3GBで900円と安く、速度も安定していて、付帯サービスも充実していて、バランスが取れている。迷ったらとりあえずコチラを選ぼう。
公式サイト:IIJmio 音声通話機能付きSIM
公式サイト:IIJmio SMS機能付きSIM
公式サイト:IIJmio データ通信専用SIM

DMM mobile

月額料金で業界最安値を更新し続けるDMM mobile(DMMモバイル)バースト機能も搭載しているので、安さ重視ならコチラ。
公式サイト:DMM mobile

BB.exciteモバイルLTE

データ専用プランで人気のBBエキサイトのSIM。2GBで月額770円~の圧倒的安さに加え、SIMカードが複数枚のプランもある。タブレットやルーターなど、複数の端末を利用したい方にもオススメ。

InfoSphere(NTTPCコミュニケーションズ)

法人向けが多かった同社ですが通信速度の評判が良く個人向けの事業も急激に伸びてきています。楽天モバイル など、人気のサービスがこちらのMVNEを利用しています。

サービス名
提供
InfoSphere
モバイルライトプラン
for フレッツ
InfoSphere
楽天モバイル楽天モバイル
SkyLinkMobileELECOM
SANNET LTESANNET

オススメはやはり楽天モバイルですね。月額料金・速度・付帯サービスのバランスが取れています。

楽天モバイル

速度が安定していると評判。低価格かつ特典も多いので、楽天グループのサービスを利用している方にオススメ。
公式サイト:楽天モバイル

この他にも「b-mobile(ビーモバイル) 」や「freebit系」。会社独自で提供しているワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)などもあります。

ただ、サービス全体が安定しているのは紹介した3つのMVNE系列のSIMなので、これをひとつの要素として格安SIMを選ぶのも良いでしょう。

MVNEはMVNOを比較する上で重要だった・まとめ

MVNE提供元は、格安SIMの品質を比較する重要な要素だったことが分かりました。提供元サービスの動向を見れば将来どんなサービスになるかも予測ができることもポイントです。

SIMプランの比較は、下記の「SIMチェンジプラン診断」で可能です。スマホの月額料金に悩んでいる方は是非お試しください。