1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMにありがちな誤解10選
 

格安SIMにありがちな誤解10選

誤解
SIM

格安SIMと聞いて不安を覚える方がいます。格安SIMは◯◯ができない、とか格安SIMは通信が遅いとか。そんな誤解は今日かぎりでさよならしてください。格安SIMの真実をお届けします。

格安SIMと聞いて不安を覚える方がいます。格安SIMは◯◯ができない、とか格安SIMは通信が遅いとか。そんな誤解は今日かぎりでさよならしてください。格安SIMの真実をお届けします。

name

格安SIMの誤解

格安SIMの名前から格安は不便?と連想してしまう方がいますがそれは間違いです。格安SIM=便利なSIMなのです。

速度がおそい

格安SIMと聞いて「速度遅いんでしょ?」と聞く方がいます。一体その「遅い」はどれくらいの速度を指しているのでしょう。スマホでホームページを見たとき遅いと感じるのは大体300Kbps未満の場合です。1Mbpsの速度があれば全く問題ありません。もちろんYoutubeを見る場合にはもっと速い通信速度が必要です。

格安SIMの最大通信速度はドコモやauの通信速度と同じです。全く同じです。実効速度も30Mbps前後です。まったく遅くありません。自宅の光インターネットと同じくらいの実効速度です。ただし、お昼や夕方等に少々遅くなる場合があります。ですが、これは携帯キャリアも同じ混雑するのです。格安SIMだけが特別通信速度が遅いというわけではありません。

Eメールができなくなる

格安SIMにするとEメールが無くなるという方がいます。Eメール自体はEメールサービスも扱っている格安SIMもあります。 携帯キャリアの場合、携帯キャリア3社が決めた専用のEメールがあります。代表的なものは@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp等です。これらのEメールは専用のEメールアドレスでなければ送受信してくれません。フリーメールやパソコンメールは着信拒否になります。

これらからのメールは通常着信拒否されてしまいますが、実は着信設定をすれば問題ありません。ちゃんと設定すればGmail、Yahooメールでも携帯キャリアメールと送受信が可能です。

電話ができない

2012年頃までの格安SIMは電話サービスのないものが主流でした。しかし、今では0090、080,070の携帯電話番号が格安SIMでも使えます。番号そのまま乗り換え(MNP)もできます。通話品質にもまったく問題はありません。

本当は安くない

2年間使用で格安SIMと携帯キャリアの料金を比べたらあまり大差がなかった・・・そんな話を聞きます。割引をたくさん使えばそんな場合もあります。ですが、2年後はどうしますか?2年毎に機種変更はするけど2年毎にかならずMNPしますか?答えはNOです。MNPと聞くだけでめんどそうと思ってしまうのです。

MNPした場合の2年間は格安SIMよりも安かったりするかもしれません。それは大きなキャッシュバック、大きな割引があるからです。しかし、機種変更の場合は割引は少なく全然お得になりません。つまり2年以降は格安SIMにすると絶対に安くなります。

特別なスマホでしか使えない

格安SIMは特別なスマホでなくても使えます。今使っている格安SIMでも使えます。ただしソフトバンクのスマホはSIMロック解除が必要です。iPhone、iPad、Garaxy、Xperiaその他のスマホで格安SIMは使えます。 格安SIMのホームページには対応機種一覧がありますからその一覧を確認しましょう。

設定がとても難しい

格安SIMを使えるようにするにはAPN設定という行程が必要になります。でもこの設定は特別難しい物ではありません。格安SIMのホームページにはこの設定方法がとても丁寧にかかれています。この設定で音を上げる人はいません。とっても簡単です。

SIMロック解除できないと使えない

格安SIMの間違いによくあるのですが、SIMロック解除を必ずしないと格安SIMは使えないと考える人がいます。実はSIMロックは必要ありません。基本的に現在のスマホの場合はドコモで購入したスマホはドコモ回線の格安SIMで使い、auで購入したスマホはau回線ま格安SIMで使います。この場合は格安SIMを使用する場合にSIMロックはいらないのです。ドコモ回線の格安SIMはドコモのSIMを利用していますからドコモで購入したスマホで問題なく認識されます。auのSIMも同様にauのSIMを利用しているためauのスマホで使えます。

ただし、auのスマホの場合はLTE以前の機種、つまり3G電波しか使えない機種は使えません。

格安SIMはテザリングができない

格安SIMの多くではテザリングができないと考える人がいます。これは半分間違いで半分正解です。

何故かというとスマホによってテザリングの機能を解放できる物とできないものがあるからです。

ドコモのスマホの場合にこのテザリングが使えない場合が多々あります。ドコモのandroidスマホのはドコモの製造過程でドコモ専用のテザリングプロルグラムが埋め込まれています。格安SIMにした後にその設定を変更できれば問題ないのですが、現在ドコモで発売されているAndroidスマホでは設定変更できません。しかしiPhoneでは問題なくテザリングが可能です。

auでは逆にandroidスマホでテザリングできますが、iPhoneではできません。

格安SIMはサポートが全くない

格安SIMを使う上で不安に思うのがサポート。携帯キャリアでは専用の携帯ショップがあるのでショップへ行けば問題を解決してくれます。しかし、格安SIMの多くは専門ショップを設けていません。

ですが、サポート電話窓口があります。電話をかけて疑問や問題点を質問すれば解決できます。格安SIMも大きく広がって行けば専門ショップが全国に林立して行く事でしょう。

格安SIMにありがちな誤解10選まとめ

格安SIMと聞いて、良く思わない人は上記のような誤解を持っている人が多くいます。

格安SIMにありがちな誤解10選まとめ

格安SIMも携帯キャリアも実は大きく違いません。今後どんどん進展していく格安SIMです。多くの誤解を解いてみなさんやみなさんの家族、友人と一緒に使いましょう。