1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 意外とマイナー?mineoのSIMでWiMAX回線を利用する方法
 

意外とマイナー?mineoのSIMでWiMAX回線を利用する方法

mineo
SIM

数ある格安SIM会社の中でも、人気と知名度がともに優れたMVNO、mineo(マイネオ)ですが、そのSIMカードでモバイルインターネットのWiMAXが利用できるというのはあまり知られていないようです。この記事では、mineoのSIMでWiMAXを利用する方法やそのメリットなどを紹介します。

数ある格安SIM会社の中でも、人気と知名度がともに優れたMVNO、mineo(マイネオ)ですが、そのSIMカードでモバイルインターネットのWiMAXが利用できるというのはあまり知られていないようです。この記事では、mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXを利用する方法やそのメリットなどを紹介します。

mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXを利用するためには

まず、mineo(マイネオ)のSIMカードを使って、WiMAXを利用する方法について説明します。

利用できるのは高速通信が可能なWiMAX2+だけ

WiMAXと呼ばれる通信方法には、現在、WiMAXとWiMAX2+の2種類が存在します。WiMAX2+は下り最大220Mbpsの高速通信が可能な通信方法で、それに対してWiMAXは、通信速度はそこまで出ないものの、容量無制限に利用できる通信方法になっています。

最近では、WiMAXからWiMAX2+への移行が進んでおり、mineo(マイネオ)のSIMで利用できるWiMAX通信も、WiMAX2+のみ利用可能となっています。したがって、容量は限られてしまうということになりますが、画像や動画など高速通信が必要となる局面が多い、現在の環境なので、WiMAX2+のみ利用可能というのは、そこまで問題にならないでしょう。

WiMAXが利用できるのはAプランのみ

mineo(マイネオ)は、ドコモの回線を利用するDプランと、auの回線を利用するAプランの両方から契約プランを選択できることから人気のMVNOとなっていますが、WiMAXを利用したいのであれば注意が必要です。

というのも、WiMAXが利用できるのはAプランのみ。したがって、WiMAXをmineo(マイネオ)で使おうと思うならau回線を利用することになります。ドコモで契約した携帯端末でmineo(マイネオ)に乗り換えて利用する場合は、WiMAXは利用できないというわけです。

WiMAX2+ルーターを用意する

mineo(マイネオ)のSIMカードでWiMAXを利用するためには、当然のことながらWiMAXのルーターを用意する必要があります。ルーターというのは、通信を行うための中継機器のことで、そこにmineo(マイネオ)のSIMカードを装着して、WiMAXの電波をスマホやパソコンなどに飛ばすというわけです。

mineo(マイネオ)では、WiMAX2+のみ利用可能なので、WiMAX2+に対応したルーターを用意する必要があります。ルーターはネットショップなどでも単独で購入できます。

ルーターのAPN設定を行おう

mineo(マイネオ)でAプランに契約し、WiMAX2+に対応したルーターを用意すれば、そのルーターにSIMカードを装着してすぐにWiMAX通信が利用できるかといえば、そういうわけではありません。利用開始前に、ルーターにAPN設定という処理を施す必要があります。

ルーターの電源を入れた後で、パソコン側とルーター側からそれぞれ、APN設定を行います。入力する必要のある情報は、以下の5つです。やり方がわからない場合は、mineo(マイネオ)のコミュニティーサイトである、マイネ王にて質問するのもよい方法でしょう。

APN: mineo.jp ユーザー名: minep@k-opti.com パスワード: mineo 認証タイプ: CHAP IPタイプ: IPv4, IPv6

公式サイト:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)のSIMカードで利用できるWiMAXのルーターとは

上で説明したように、mineo(マイネオ)のSIMカードでWiMAXを利用するにはWiMAX2+に対応したWiMAXルーターの準備が必要です。それでは、mineo(マイネオ)のSIMで利用できるWiMAXのルーターについて見ていきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W01

mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXを利用する上で最もオススメのWiMAXルーターは、Speed Wi-Fi NEXT W01になります。

というのも、最大下り速度は220Mbps出せるだけでなく、WiMAXが使えない場合には、auの4G LTEの電波でも利用できるからです。高速通信かつauのLTEも使えるのは、Speed Wi-Fi NEXT W01だけになります。

Speed Wi-Fi NEXT WX02

Speed Wi-Fi NEXT WX02は、最大下り速度220Mbpsの出せる機種になりますが、残念ながらauのLTE通信は利用できません。

Speed Wi-Fi NEXT WX01

Speed Wi-Fi NEXT WX02の前の機種になります。WX02同様、220Mbpsの下り最大速度は出ますが、auのLTE通信は利用不可です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15

こちらの機種は、auの4G LTEが利用な機種になります。ただし、WiMAX2+通信において、最大で110Mpbsの通信速度しか出ないという欠点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の前の機種になります。au LTEは使えるが、最大の通信速度は110Mpbs止まりと、HWD15と同様の性能です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11

正直にいって、一番オススメのできない機種になります。というのも、auのLTE通信は利用することができませんし、WiMAXの最大通信速度も、下りで110Mbpsにとどまります。

公式サイト:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)のSIMカードでWiMAXを利用するメリットとは

出典:MFクラウド マインバー スマートフォンに装着して使うことで、通常のキャリアで利用するよりも月々の利用料金を低くできるmineo(マイネオ)のSIMカードですが、それをWiMAXルーターに装着して利用することのメリットは、どういったものでしょうか。最後に、そのメリットについて紹介します。

WiMAX通信なら複数機器に接続可能

ルーターにSIMカードを挿すことでWiMAXを利用できる状態にすれば、そのルーターと接続設定を行うことで、複数の機器をインターネット接続することができるようになります。これが、WiMAX利用の一番のメリットといえるでしょう。

最近では、スマートフォンだけでなく、タブレットやノートパソコンなど、複数のデジタル機器を持ち歩いて仕事をする人も多いと思います。そんなときにWiMAX通信が使えると非常に便利です。

もともとスマホでmineo(マイネオ)を利用していた人は、新たに特別な契約がいらない

もともとスマホでmineo(マイネオ)のSIMカードを利用していた人が、家でパソコンやタブレットなどをインターネット接続したいと思い、WiMAX利用を考えたときに、特別な契約も入らずに、スマホに装着していたSIMカードを用意したWiMAXルーターに付け替えるだけでよい、というのも大きなメリットでしょう。

ただし、上でも書きましたが、Aプランの契約でないとWiMAXは利用できないので注意が必要です。

WiMAX通信は混雑に強い

SIMカードをスマートフォンに装着してインターネット接続を利用する場合、auまたはdocomoのLTE回線を利用しての接続となりますが、実はこのLTE接続と比べて、WiMAX接続の方が、混雑時の通信速度が早くなることが知られています。

したがって、WiMAXを利用するという選択は、混雑時にも快適にインターネットを利用できる選択ということになるのです。

公式サイト:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)でWiMAXを利用する方法まとめ

以上、mineo(マイネオ)でWiMAXを利用する方法について見てきました。

WiMAXの利用には、接続する機器とルーターそれぞれで最初の設定が必要になりますが、使うことによるメリットも多いです。月々の利用料金を安く抑えたまま、複数の機器をインターネットに接続したいという人は、mineo(マイネオ)のSIMでWiMAXを使うことも候補の一つとして検討してみてください。

公式サイト:mineo(マイネオ)