1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)を知ろう!評判や口コミは?
 

mineo(マイネオ)を知ろう!評判や口コミは?

mineo
SIM

初のau版MVNOのSIMとして注目を集めた評判のmineo(マイネオ)の格安SIM。auの回線が使われているゆえの魅力と注意点を知って、mineoのSIMを賢く活用しましょう。

MVNO業界初のau系の格安SIMをスタートした「mineo」。au発の格安MVNOで、光回線のプロバイダーであるケイ・オプティコムによる提供です。auの格安SIMということで一躍注目を浴びて評判のmineo(マイネオ)でしたが、サービスの内容もますます充実しています。

name

今まですべてがdocomo回線を利用したSIMだったため、auユーザーにとっては朗報であり、また使い方に注意点もあるSIMとなっています。

そんなmineo(マイネオ)の評判や口コミ、プラン情報をお伝えします。

mineo(マイネオ)の評判や口コミは?

au系SIMとして初の試みとなったマイネオ。ユーザーからの評判はどうなのでしょうか?

mineo(マイネオ)のSIMはひとそろいでうれしい

mineo(マイネオ)の格安SIMは、サービス内容が充実していることが一つのポイントと言えるでしょう。「らくSIM」という考え方の通り、格安SIMの従来の複雑でわかりにくいプラン形態ではなく、全部ひとそろいをここで提供してくれる手軽さとサービスの自由さが魅力的なMVNOです。データのみのSIMも音声通話SIMも、端末やWifiルーターまでここで選ぶことができ、全部ここで済ませてしまうことができますよ。   

音声プランの安さもポイント

あとで詳しく見ていきますが、音声通話のプランは他のMVNOと比較しても、最安値に近い安さ。音声通話を考えている人にはオススメのMVNOです。

注意点が多い

後ほど見ていく点ですが、やはりauによるSIMとしてのデメリットも混在しているようです。マイネオをどうしたら一番いい形で生かせるかを知っておく必要がありますので、それについては4.注意点の部分をごらんください。   

mineo(マイネオ)のSIMプラン

それではプランを見ていきましょう。

データ通信のSIMプラン

データ通信のプラン「シングルタイプ」の料金表は以下の通り。

シングルタイプ

 

1G

2G

3G
料金(税抜) 980円1,580円2,330円

mineoのデータプランについてもっと詳しく知る

音声通話付SIMプラン

データ通信のSIMに610円の追加で、音声通話がついたデュアルプランにすることができます。音声通話のプラス料金は700円ほどのMVNOが多いので、この料金はかなり安いプランになっていますね。

デュアルプラン

 

1GB

2GB

3GB
料金(税抜) 1,590円2,190円2,940円

mineoの音声通話付プランについてもっと詳しく知る

2月からは増量&値下げ!!

2014年11月からキャンペーンが行われていましたが、その料金設定が2015年2月から基本プランに引き継がれます。1GB・2GBのプランが安くなるだけでなく、3GBのプランは安くなる上に容量が増量され、お得感アップ!

新料金プラン(税抜)

 

GB

2GB

3GB→4GB
シングルタイプ 850円980円1,580円
デュアルタイプ 1,460円1,590円2,190円
上の変更前のプランと比較してみても、かなりお得になっているのが分かりますね。 最大速度はどれも75Mbpsとなっています。

mineoのSIMのオススメポイントは?

マイネオのオススメポイントをご紹介していきましょう。

IP電話のLaLaCallは基本料無料

050の電話番号で、ネット回線を通じて通話できるのがIP電話。ケイ・オプティコムによるIP電話の「LaLaCall」をどのプランでも基本料無料で使うことができます。データ通信専用にしていたとしても、いざという時に通話が使えるのはうれしいですね。

しかもIP電話は通話料が090の付く音声通話よりも安いので、音声通話の人も組み合わせて使うと通話料の節約になります。LaLaCallのアプリ利用者同士なら、なんと24時間通話無料です。

LaLaCall通話料金(税抜)

 

LaLaCall利用者・eo光電話

携帯電話

固定電話
LaLaCall(050) 24時間無料1分18円3分8円
音声通話(090) 30秒20円30秒20円30秒20円

余った容量は持ち越し可能

月に全部の容量が使いえきれなくても、翌月繰り越しできます。さらにその余った容量を家族で分け合える「パケットシェア」というサービスがあるのもmineoならでは。

au系SIMだからテザリングも可能

docomo系のMVNOではできなかったこと、テザリング。auのMVNOではdocomoの場合と違いデザリングの制限が発生しないので、格安SIMの可能性がさらに広がったと言えます。

テザリングとは

スマホをルーター代わりに使うような機能。モバイル機器を経由して他の機器をネットにつなぐことができるようになります。

SMSも無料

SMSの基本料も無料となっています。プランの基本料金が格安なうえに、こうしたオプションも無料化にしているため、非常にコスパの高いサービス内容になっています。

残念な点は今まで使っていた@docomoや@exwebなどのキャリアメールは使えないこと。その代りになるものがSMSの機能です。電話番号を宛先にしてメッセージを送るSMSを活用しましょう。送信は3円、受信は無料です。月に全部の容量が使いえきれなくても、翌月繰り越しできます。

もし容量を使いきってしまったら・・・

もう一つのオススメポイントは、データ量を超えてしまっても、こまめに容量を追加できる点です。必要な分だけパケットチャージできるので、あとほんのちょっと容量が必要なのに制限がかかってしまったというときでも大丈夫。

しかも容量を使いきっても200kbpsは使えるので、テキストメールは問題なく使用できます。

4. mineoのSIMの注意点

au版格安SIMということで、マイネオには注意点もあります。しっかり押さえておきましょう。

端末はスペックは最高・・・でも高い!

ではどのスマホで使えるのか、これがけっこう難題。確実に使えるスマホを選ぶなら、セットになって売られている端末でしょう。格安スマホはスペックが悪いものが多いのですが、セットで売られている端末は高スペックでその点は心配ありません。

ところがハイスペックであるために、端末価格が高い。格安SIMなのに端末が高いという、コスパを下げる原因にもなっているようです。

端末セットについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

iPhoneもマイネオでは使えないものがある

一番痛いのが、iPhoneも使用できない物があるという点でしょう。IOS8またはIOS8.1の端末は通信サービスが利用できないということが公式発表されています。知らずにアップデートしてしまい、それ以来通信できなくなったというユーザーも少ないくないようです。さらに、IOS7のiPhone5は通信しにくく、iOS7.0.xのiPhone5sも実質利用不可になっています。

動作確認されている端末については、公式HPにて一覧表が載せられています。12か月以内の解約には9500円の解約金もかかるので、しっかり確認してから購入するのをお勧めします。

マイネオのSIMでつながるのはLTEだけ

LTEでつながるので、つながってしまえばサクサクと速い速度でつながってくれるのですが、3Gの通信網は利用できないのも注意点です。auの人口カバー率は99%で広範囲に通信網が展開されており、都市部では全く問題ないのですが、LTEの整っていない山奥や僻地ではつながりにくいようです。

速度は速いけれども範囲が狭い。ですので、普段都市部でしか動かないという人には向いている格安SIMですが、時々旅行に行くとか出張で地方へ行くなどの方には不向きかもしれません。ちなみにデータはLTEしか通信できませんが、実は音声通話は3Gが使えるので、通話機能だけはどこへ行くのにも問題ないようです。

 

mineo(マイネオ)の評判や口コミのまとめ

音声通話やSMSもついて、とってもお得な格安MVNOのマイネオ。テザリングもできて通信の質も良い魅力的な格安SIMとなっています。使う端末とネットが通る範囲さえ気をつければ、通信速度の速い強いLTE回線を格安で楽しめるので、ぜひ検討してみてくださいね!自分のニーズに合ったプランなのかどうか、SIM診断もぜひ一度試してみましょう!

mineoのお得な最新情報をチェックする