1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIM、mineo(マイネオ)にした場合の実際の料金を紹介!
 

格安SIM、mineo(マイネオ)にした場合の実際の料金を紹介!

mineo_logo
SIM

格安SIMにするとスマホの料金が安くなるといった話は、よく聞かれるようになりました。しかし、実際に利用すると、思ったよりも金額が膨れ上がっている場合があります。そこで実際にいくら必要なのか、mineoを利用した際の明細を見ながら格安SIMの料金を考えてみましょう。

格安SIMにするとスマホの料金が安くなる。そういった話はよく聞かれるようになりました。プランもお値打ち価格で確かに安い。しかし、実際に利用すると思ったよりも金額が膨れ上がっている場合があります。そこで実際にいくら必要なのか、実際の明細を見ながら格安SIM、mineo(マイネオ)の料金を考えて見ましょう。

name

格安SIM、mineo(マイネオ)の料金プラン

格安SIMのmineo(マイネオ)には複数のプランがあります。どのプランも携帯キャリアに比べて安い料金です。まずは料金プランを見てみましょう。

mineoのプラン

mineo(マイネオ)のプランは下記のようになっています。

mineo Aプラン

Aプランタイプ
500MB
1GB
3GB
5GB
10GB
シングルタイプ
データ通信のみ
700円800円900円1580円2520円
デュアルタイプ
データ通信+090音声通話
1310円1410円1510円2190円3130円

一番人気は3GBプランです。3GBは出かける先々にWiFiがある人がよく利用するプランです。仕事場や学校にWiFiが無い場合は、5GBプランを選ぶと一ヶ月高速通信が可能になります。もっと使う場合は10GBプランがおすすめです。

電話は楽天でんわを使おう

スマホでは電話を使うことはよくあり、データ通信のみでスマホを使う人は希なタイプで、多くの方は電話は必須なはずです。

しかし、電話料金は通常20円/30秒です。この料金を半額にするサービスが現在はあるのですが、そのサービスにも種類があります。その中でもオススメなのが「楽天でんわ」です。

この楽天でんわと他社の通話半額サービスに大きな違いはありません。ですが、おすすめするのには一つ理由があります。それは他社格安SIMメーカーに乗り換えた場合も通話サービスの契約は変えなくて良い点です。

他社格安SIMにも通話を半額にするサービスはありますが、その契約を解消して他社のサービスに移った場合(MNP等)格安SIMで通話半額サービスを契約していたならば、その契約も終わってしまいます。するとまた通話半額サービスを探して、契約し直さなければなりません。氏名の登録から始まってメールの登録や支払いの登録など、面倒な手続きがありますが、楽天でんわはどの格安SIMでも使えるので面倒な手続きを省く事ができるのです。

実際にmineo(マイネオ)を使った場合の料金明細

実際にmineo(マイネオ)と楽天でんわを使った場合の料金明細を公開します。

実際には一度契約をすると明細自体あまり気にする事無く支払いをするようになりますが、明細はきちんと管理しましょう。必要の無いオプション料金など含まれていないか等、無駄を省くことが大切です。

電話料金

電話は主に楽天でんわを利用しています。電話自体少ないのであまり料金がかかっていませんが、通話半額になっていなければこの料金の倍の請求が来るのです。

1月10日~12月10日の明細は1,550円となっています。これが半額になった料金ですので、通話半額サービスを利用していない場合は、3,100円の請求が発生する事になります。半額は非常に大きいということです。

絶対に楽天でんわは利用しましょう。

楽天でんわ明細

通信料金

現在使っているmineo(マイネオ)のプランは音声付き1GBコースです。基本料は税込みで1,522円となっています。プランとしては1,410円ですので、税込みで1,522.8円ですが0.8円は切り捨てられているようです。

1GBでは本当は足らないのですが、別でiPadを持っています。そちらは3GBの契約をしているので実際は月に4GBを利用しているようなものです。mineo(マイネオ)には4GBプランはないため5GBを使っているとしたら、2,190円+消費税=2,365円が必要になります。

mineo明細

SMS料金

あまり現在では使う人が少なくなっているかも知れないのですが、筆者はSMS(ショートメッセージ)も利用します。

SMSは1回の送信につき3円かかります。

ここでは45円かかっているので15回程使用したようです。これをEメールやLINEに変えることができれば50円近く安くなりますね。

iPhone本体料金

mineo(マイネオ)で使っているのはauで購入したiPhone5sです。実はこのiPhone5sの本体料金がまだ残っていて毎月1,755円の支払いをしています。6月に完済するのですが、まだまだかかりそうです。

mineo(マイネオ)のau回線を使う場合にiPhoneを使う場合は最新のiPhone6sにしましょう。iPhone5sではiOSのアップデートをすると不具合が多くなるためiOS7.1.2のままにしています。セキュリティ問題や新しいアプリがインストールできない問題、新しい機能が使えなかったりと良い事はありません。

新しい4インチのiPhoneに期待です。

総額料金計算

では、楽天でんわ+mineo(マイネオ)+iPhone本体の料金ではいくらになるのでしょうか?

計算してみました。1,550+1,957+1,755=5,262円です。

以外とかかっています。しかし、これを携帯キャリアauで使うと、

2,700+300+3,500+1,755(iPhone5s)=8,255円です。スマートバリューの割引を考慮しても6,795円です。

もしも、5GBプランで使った場合

mineo
楽天でんわ1,550+2,365(5GB)+1,755(iPhone5s)=5,670円
au
2,700+300+5,000+1,755(iPhone5s)=9,755円(スマートバリューの割引を考慮しても8,295円)

たくさんの通信容量を契約すればするほど大きな差ができます。つまりたくさんスマホを利用する人ほど格安SIMにする価値があるのです。

格安SIM、mineo(マイネオ)にした場合の実際の料金を紹介します!

格安SIMを利用するべきなのは、たくさんスマホを利用する人という事が以上の結果からわかりました。

携帯キャリアで料金を抑える為に2GBを契約している人が多く見受けられますが、携帯キャリアで通信を制限して使うよりも格安SIMで大容量を使う方が安いのです。

自分の明細とよくにらめっこしてみるとやはり格安SIMが一番だと理解できると思います。

たくさんスマホを利用する人はかならず格安SIMを契約しましょう。

公式サイト
mineo