1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. データ量をシェアできる、mineo(マイネオ)のパケットシェアとは
 

データ量をシェアできる、mineo(マイネオ)のパケットシェアとは

packet share
SIM

格安SIM会社の中でも、ドコモの回線とauの回線の両方が使えることから人気の高い、mineo(マイネオ)。そのサービスの一つに、複数人で通信データ量をシェアできるパケットシェアというオプションがあります。この記事では、そのmineoパケットシェアについて紹介します。

格安SIM会社の中でも、ドコモの回線とauの回線の両方が使えることから人気の高い、mineo(マイネオ)。サービスの一つに、複数人で通信データ量をシェアできるパケットシェアというオプションがあります。この記事では、そのmineoパケットシェアについて紹介します。

mineo(マイネオ)パケットシェアの概要

出典:スマートフォン・WiFi節約の口コミ データ量を分けあえるmineo(マイネオ)のパケットシェアとは、具体的にどのようなオプションサービスなのでしょうか。まずは、具体的な内容について紹介します。

最大5人でパケットシェアができるサービス

mineoパケットシェアは、最大5人のメンバーで通信データをわけあえるサービスです。

mineo(マイネオ)では月々に使える通信データ量を決めて契約します。プランとしては、500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5つが用意されています。一人で利用する場合でも契約している通信量が余った場合は、次月に通信量を繰り越すことができます。mineoパケットシェアは、更にその繰越分を登録したメンバーで分け合うことが可能です。

mineo(マイネオ)利用者なら誰でも申込み可能な無料オプション

みんなと余った分をシェアできるとてもお得なサービスですが、mineo(マイネオ)利用者であれば、どなたでも無料で利用することができます。

無料オプションも利用する際には、申し込みが必要です。契約時か、利用を始めるタイミングで無料オプションに申し込みを行う必要があります。

キャリアが違っても利用できる

mineo(マイネオ)はドコモ回線とau回線でも利用が可能です。なので、ユーザーの中には、自身と違う回線を使っている方もいます。mineoパケットシェアは、メンバー内で異なる回線の利用者がいても、余った通信データ量を分け合うことができます。

mineo(マイネオ)パケットシェアの利用方法

出典:livedoorニュース 上記で説明したように、mineoパケットシェアを利用するには、あらかじめサービスの申し込が必要です。ここでは、mineoパケットシェアの申し込み方法について詳しく紹介します。

マイページから申し込む方法

mineo(マイネオ)のパケットシェアを利用するには、はじめにmineo(マイネオ)のマイページにログインします。

次に、「ご契約サービスの変更」を選択し、そこから「パケットシェアの変更」を選択します。

そして、「パケットシェアメンバーお申し込み情報」の項目から、2回線以降の記入欄に、パケットシェアを利用したいmineo(マイネオ)ユーザーの電話番号を入力していきます。

最後に、登録した電話番号に間違いがないかなど、申し込み内容を確認し、「申し込む」を選択します。これで申し込みは完了です。

パケットシェアのメンバーは承認が必要

mineoパケットシェアの申し込みだけでは、オプションは開始されません。利用開始するためには、パケットシェアを行うメンバー全員が、申し込み内容を承認する必要があるのです。

mineoパケットシェアのサービス申し込みが完了した時点で、シェアするメンバーには承認依頼のメールが届きます。このメールからメンバー全員が承認を行って、初めてサービスが利用できます。

なお、承認依頼のメールの到着から、1週間以内に承認手続きを行わないと、申し込みが無効となってしまうので注意が必要です。

サービス開始は申し込みの翌月から

mineoパケットシェアが利用できるのは、申し込みを行い、メンバー全員がサービス申し込みを承認したタイミングの翌月からとなります。

ある月から利用を開始したい場合は、その前月の最終日23時半までに、サービス利用メンバー全員の承認が完了している必要があります。

mineo(マイネオ)パケットシェアの注意点とは

とてもお得なサービス、mineoパケットシェアですが、利用するにあたって、注意すべき点がいくつかあります。ここでは、mineoパケットシェアの注意点を紹介します。

利用できるのは、同一住所に住んでいる人だけ

最大5人まで利用できるmineoパケットシェアですが、mineo(マイネオ)を契約している人なら誰もがパケットを分けあえるわけではありません。mineoパケットシェアを申し込むリーダーに当たる人と、同じ住所に住んでいる人しか利用はできないのです。

ただし、同じ住所と言っても、家族である必要はありません。したがって、住所を移して同棲しているかカップルなどでも利用は可能です。

申し込みにはmineo(マイネオ)のメールアドレスが必要

mineoパケットシェアを申し込むためには、@mineo.jpのドメインのメールアドレスを取得する必要があります。理由はパケットシェアに申し込んだ後に届く承認メールが、@mineo.jpのメールアドレスに届くようになっているからです。契約してからmineo(マイネオ)のメールアドレスを取得していない方は、サービスの申し込み前に、あらかじめmineo(マイネオ)のメールアドレスを作っておきましょう。

申し込みを終えてからメールアドレスを変更すると、承認メールが届かない可能性があります。サービス申し込み時にはメールアドレスを変更しないように注意しましょう。

mineo(マイネオ)パケットシェアの利用をオススメしたい人とは

データ通信量を数人で分けあえるmineoパケットシェアですが、一体どのような方にオススメのサービスなのでしょうか。ここでは、mineoパケットシェアを利用して欲しい人について説明します。

月々のパケット料を余らせているメンバーがいる家族

出典:mineo mineoパケットシェアで分けあえる通信データは、月々の契約のデータ量に満たなかった余りのデータ量だけです。なので、家族メンバーの中に、毎月データ量を余らせているメンバーがいる場合は、mineoパケットシェアの利用がオススメです。

たとえば、メンバー2人が3GBのプランで申し込んでいて、残りの1人が5GBのプランに申し込んでいたとします。そして、5GBのプランに申し込んでいる一人は、毎月データ制限ギリギリまで通信量を使いますが、3GBの2人は、毎月2GB以上は絶対に使わなかったとします。

するとこの場合、3GBプランの2人の余り1GBずつを翌月からは家族全員で分けあえるようになるので、それまで5GBプランに申し込んでいたメンバーは、その月からは3GBのプランで十分でしょう。これは、月々の利用料金の節約につながります。

友達とパケットシェアはできないのか

上で説明してきたように、 mineoパケットシェアは、あくまでも同一の住所に住むメンバーで通信データ容量を分けあえるというサービスです。それでは、友達同士とパケットシェアをするサービスはないのでしょうか。最後に、そのことについて紹介します。

友人同士で分け合えるパケットギフト

mineo(マイネオ)には友人同士でパケットを分けあえるパケットギフトというサービスが、パケットシェアとは別に存在します。

このサービスは、自身の余った通信量を、パケットギフトという形で友人に送信できるというサービスです。パケットギフトはコードという形で送信することができ、送られた側はマイページからギフトを受け取ることができます。

パケットシェアの場合は、余った通信量が自動で翌月に繰り越されてメンバーでシェアできるのに対して、パケットギフトの場合は、自分でギフトという形で送る作業を行う必要があります。

mineo(マイネオ)パケットシェアのまとめ

余ったデータ通信量を分けあえるmineoパケットシェアは、数あるMVNO会社のなかでもmineo(マイネオ)にはだけが行っているサービスになります。

余った通信量を有効活用できるだけでなく、場合によっては家族の通信料金を下げる可能性もあるパケットシェア。家族など、同じ家に住んでいる複数人でmineo(マイネオ)にはを利用している場合は、ぜひサービスに申し込んでくださいね。

公式サイト: mineo