1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)にMNPを使って契約するのに必要な日数は?
 

mineo(マイネオ)にMNPを使って契約するのに必要な日数は?

SIM

今契約している会社から新しくMVNOに、MNPを使って転入する際、どれくらいの日数がかかってしまうのか気になりますよね。今回は、人気のMVNOの一つであるmineo(マイネオ)にMNP転入するときに必要な日数について紹介します。

今契約している会社から新しくMVNOに、MNPを使って転入する際、どれくらいの日数がかかってしまうのか気になりますよね。今回は、人気のMVNOの一つであるmineo(マイネオ)MNP転入するときに必要な日数について紹介します。


mineo(マイネオ)にMNP転入するのに知っておきたい日数あれこれ

まずはじめに、mineo(マイネオ)にMNP転入するのにかかる日数をはじめ、MNP転入する際に知っておきたい色んな日数について紹介します。

mineo(マイネオ)には即日MNP転入可能

MVNOに申し込むと、何日間かスマホが使えない期間があるのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、mineo(マイネオ)にMNP転入する場合、即日で転入可能です。

スマホで電話やインターネット通信ができない、いわゆる不通期間は、30分から1時間程度となっているので、安心してmineo(マイネオ)にMNP転入できます。

ちなみに、即日でMNP転入できるMVNOは珍しく、mineo(マイネオ)以外では、楽天モバイルやU-mobileが、即日転入に対応しています。

公式サイト: 楽天モバイル

公式サイト: U-mobile

mineo(マイネオ)の申し込み審査には1〜2日かかる

mineo(マイネオ)のSIMを申し込んだ場合、契約する前に、審査期間が必要です。この審査期間では、本人確認書類の内容確認やクレジットカードの審査などが行われます。

mineo(マイネオ)の場合、この審査期間は通常1〜2日となっています。ただし、申し込みの集中により混み合っている場合は、これよりも伸びてしまうことが起こり得ます。

mineo(マイネオ)のSIMが手元に届くまで2〜3日かかる

審査に通ると、SIMカードが発送されます。mineo(マイネオ)の場合、このSIMカードの発送にかかる日数が2〜3日となっています。

上記審査日数と合わせると、mineo(マイネオ)に申し込んでから手元にSIMカードが届くまで、3〜5日かかるという計算になります。

mineo(マイネオ)に申し込むときはMNP予約番号の期限が10日以上必要

mineo(マイネオ)にMNP転入を申し込む場合、現在契約している会社でMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号の有効期限は取得してから15日間となっていますが、mineo(マイネオ)に申し込むタイミングで、有効期限が10日以上残っている必要があります。それを過ぎてしまうと、再度、MNP予約番号を取得する必要があるので注意しましょう。

mineo(マイネオ)にMNP転入する一連の手順を紹介

上記で紹介したように、mineo(マイネオ)へのMNP転入が即日対応可能となっています。ここでは、mineo(マイネオ)にMNP転入する一連の流れを説明します。

mineo(マイネオ)に申し込む


出典:mineo(マイネオ)

まずは、mineo(マイネオ)への申し込みです。mineo(マイネオ)への申し込みは、コチラのページから行います。

MNP転入の申し込みを行う前に用意しておくべきものが3つ。本人確認書類、支払いに使う本人名義のクレジットカード、そしてMNP予約番号です。

申し込みを行う際、「MNPする」か「MNPしない(新しい番号を利用する)」かを選択する画面が出てくるので、MNP転入する際は、間違いのないよう「MNPする」を選択してください。


出典:mineo(マイネオ)

回線切替手続きを行う

申し込みが完了すると、3日から5日して、手元にSIMカードが届きます。SIMが届いたら、mineo(マイネオ)で使うスマホ端末にSIMカードを挿入し、電源を切ったままにしておきます。

その後、mineo(マイネオ)のマイページにログインします。ログイン時には、契約時に手に入れたeoIDとパスワードの入力が必須です。

マイページにログインしたあと、「登録情報の変更/サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」をクリックします。そして、画面にSIMカード台紙に記載されている「ICCID/製造番号」の下4桁を入力すると、回線の切り替えが完了し、MNP転入の完了です。

テストコールを実施する

回線切替が完了すると、eoIDに登録してあるメールアドレスに回線切替完了を伝えるメールが届きます。

その後、スマホ端末の電源を入れ、111に電話をかけます。テストコールとなっており、ガイダンスが流れたら、MNP転入が完了しているということになります。もし111につながらない場合は、少し時間を空けてから、再度テストコールを行うようにしてください。

mineo(マイネオ)のMNP転入時の注意点

即日転入可能と、とても便利なmineo(マイネオ)ですが、最後にMNP転入時の注意点を紹介しておきます。

前の会社の違約金に注意しよう

MNP転入して、前の会社からmineo(マイネオ)に移る場合、タイミングによっては前の会社の解約金がかかる可能性があります。

前の会社を利用していた期間が、その会社の定める最低利用期間に満たない場合は、いくらかの違約金がかかってくると思っておいた方がいいでしょう。せっかく、月々の利用料金を下げようとmineo(マイネオ)に転入したのに、違約金の支払いで結局費用がかさんでしまうことのないように注意してください。

MNP転入受付時間が決まっている

mineo(マイネオ)にMNP転入する際、上で説明した回線切替の手続きを行う必要がありますが、その切替が行える時間が決まっています。

mineo(マイネオ)のMNP受付時間は9時から21時の間です。したがって、せっかく即日転入可能なのに、21時を過ぎてしまうと、次の日の9時にならないと切替手続きができないので、電話やインターネットが使えない不通期間が生じてしまうことになります。

mineo(マイネオ)にMNP転入するのに必要な日数まとめ

以上、mineo(マイネオ)MNP転入するのに必要な日数について紹介しました。

mineo(マイネオ)へのMNP転入も即日対応可能なので、不通期間は生じません。申し込みからSIMカードが届くまでは、おおよそ5日を見ておけば大丈夫です。

インターネットからの申し込みでも不通期間が生じないMVNOは珍しいので、すぐにMVNOに乗り換えたい人は、ぜひmineo(マイネオ)の契約を検討してみてください。

公式サイト: mineo(マイネオ)