1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出する方法と注意点とは?
 

mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出する方法と注意点とは?

pixta_21115348_M
SIM

mineoを契約している方の中で、他社にMNPで転出を検討している方は多いことでしょう。今回は、mineoからMNPで他社に転出する方法をまとめてみました。ぜひ、本記事では他社に転出する方法と、転出する際の注意点をご紹介します。

mineoを契約している方の中で、他社にMNPで転出を検討している方は多いことでしょう。今回は、mineoからMNPで他社に転出する方法をまとめてみました。ぜひ、本記事では他社に転出する方法と、転出する際の注意点をご紹介します。

簡単に乗り換えられるMNPとは?

番号ポータビリティ(ばんごうポータビリティ)は、加入者移転、電気通信事業者や通信サービスを変更しても、電話番号は変更しないまま、継続して利用できる仕組みである。番号持ち運び制度とも言われる。
出典:MNP Wikipedia

まず、MNPについて理解しておきましょう。MNPとは、簡単に言うと他社に乗り換える際に電話番号を変更せず、そのまま乗り換えることができる制度です。この制度を利用する場合は、手続きが必要になります。この制度を利用することで、電話番号変更によるさまざまな変更をしなくても済むようになります。

公式サイト:mineo

mineo(マイネオ)のMNPの詳細

出典:mineo 公式サイト
MNP転出手数料
契約開始翌月から12ヶ月以内の場合:12,420円(税込)
契約開始翌月から13ヶ月以上の場合:2,160円(税込)

多くのMVNO会社がMNPに対応しており、mineo(マイネオ)もその中のひとつです。現在、mineoを契約している方は安心して他社に乗り換えることが可能です。

MNP転出手数料は上記のようになっています。これらの手数料の他に、プランやオプションによっては解約手数料がかかる場合があるので、注意しましょう。

mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出する方法とは?

  1. マイページにログインする
  2. MNP予約番号を発行する
  3. 他社のMVNOを契約
  4. 転出完了

mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出する場合は上記のような手順を踏みます。簡単に発行することができるので、転出を考えている方は、ぜひ、上記の手順で行ってください!

公式サイト:mineo

mineo(マイネオ)のマイページにログインする

出典:mineo マイページ

まず、mineo(マイネオ)のマイページにログインしましょう。マイページにログインする際には、mineo(マイネオ)に申し込んだ際のログインIDとパスワードが必要になります。最初に届く契約通知書に書かれているIDとパスワードではログインできないので注意しましょう。

MNP予約番号を発行する

出典:MNP 発行ページ

リンクページの下部に上記の画像のメニューがあります。この中から、”MNP予約番号発行(MNP転出)の方はこちら”をクリックしてください。その後、手続きを進めていくだけで簡単に発行することができます。他社に乗り換える際に必要な予約番号なので必ず控えておきましょう。

他社のMVNOを契約

MNP予約番号は、15日間のみ利用することが可能です。転出手続きをする前に必ず契約したい他社のMVNO会社を決めておくとスムーズに移行することが可能です。その後、15日以内に必ず転入手続きを済ませてください。

MNPで転出が完了

あとは、転入したMVNO会社の指示に従って移行を完了させてください。転出が完了すれば電話番号をそのままに他社の回線を使用することが可能です。

mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出する際の注意点とは?

転出する際の注意点
ご利用料金は解約のお申し込み完了日までの請求
端末の賦払金残額がある場合は継続して支払う
mineoのメールアドレスは継続して使用できない

最後に、mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出する際の注意点をご紹介します。必ずこちらの注意点を踏まえた上で転出手続きを完了させてください。それでは、最後に確認していきましょう!

mineo(マイネオ)のご利用料金は解約のお申し込み完了日までの請求

mineo(マイネオ)の利用料金は解約の申し込みが完了するまで発生します。できるだけ、月末に解約することで利用料金を無駄なく使用することができます。お得に乗り換えたい場合は、解約期間を考えるといいでしょう。

mineo(マイネオ)の端末の賦払金残額がある場合は継続して支払う

mineo(マイネオ)と契約する際に端末セットを購入した方は、端末の賦払金残額がある場合はMNP後も継続して支払うことになります。なので、端末の残額を考えて転出するといいでしょう。また、継続して端末を使用する場合は、転出後も使用できるMVNO会社に移行することで、無駄のないように移行を済ませるといいでしょう。

mineo(マイネオ)ののメールアドレスは継続して使用できない

mineo(マイネオ)を契約中にmineoのメールアドレス(@mineo.jp)を利用してい方は、継続して使用できないので新たなメールアドレスを用意するといいでしょう。MNPは電話番号のみの移行なのでこちらも注意してください。

mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出して快適に楽しもう!

mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出を考えている方のお役に立てましたでしょうか?とても簡単に乗り換えることが可能ですが、注意点も多いので本記事で確認していただけると幸いです。mineo(マイネオ)からMNPで他社に転出して快適に格安スマホライフを楽しみましょう!

公式サイト:mineo