1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)の格安スマホでポケモンGOは使える?
 

mineo(マイネオ)の格安スマホでポケモンGOは使える?

mineo pokemon go
格安スマホ

すでに人気のゲームアプリ「Pokémon GO(ポケモンGO)」ですが、格安スマホを提供する「mineo」が、セット販売している機種で使えるかどうかの実機確認を行ったようです。2016年9月に発売予定の機種も含まれているので、格安SIMへ乗り換えを予定している方はチェックしておきましょう。

すでに人気のゲームアプリ「Pokémon GO(ポケモンGO)」ですが、格安スマホを提供する「mineo(マイネオ)」が、セット販売している機種で使えるかどうかの実機確認テストを行ったようです。2016年9月に発売予定の機種も含まれているので、格安SIMへ乗り換えを予定している方はチェックしておきましょう。

公式サイト:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)でセット購入できるポケモンGO対応機種

mineo(マイネオ)のコミュニティサイト・公式ブログ「マイネ王」が、同MVNOが取り扱うセット購入端末にて「ポケモンGOが使えるか試してみた」という記事を公開しています。記事では既存の機種・また9月より販売予定の機種をそれぞれ検証しているので、対応可否を表にしてみました。

端末名
動作確認
AR利用
Androidバージョン(参考)
ジャイロセンサー(参考)
RAM(参考)
DIGNO M(KYL22)×(インストール不可)-4.2.22GB
AQUOS SERIE(SHL25)5.0.22GB
LUCE(KCP01K)×4.4.4×1.5GB
arrows M025.1.12GB
arrows M036.0.12GB
HUAWEI P9 lite×6.0.0×2GB
ZenFone Go×(インストール不可)-5.1.1×2GB

(arrows M03/HUAWEI P9 lite/ZenFone Goは9月より発売予定機種)

(あくまでメーカー公式発表ではなく、マイネ王スタッフが2016年7月25日に試した検証結果となっています。)

DIGNO M/ZenFone Goはインストール自体ができない

上記表を見てみると、DIGNO M(KYL22)とZenFone GoはそもそもポケモンGO自体が本体にインストールできないという結果になっています。

京セラのDIGNO Mに関しては、そもそも対応OSの要件を満たしていないことが挙げられます。Android OSを搭載した機種であれば、基本的にはAndroid 4.4以上が対象になっているからです。

2016年7月時点での対応OS

【iOS】 ・対応OSバージョン:iOS 8 – 9
・対応端末:iPhone® 5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus
※iPod touch第5世代以前、iPhone4S以前の端末は非対応です。
※タブレット端末での動作は保証しておりません。
※すべての端末での動作を保証するわけではありません。

ーーー

【Android】 対応OSバージョン:Android 4.4 – 6.0
対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末
※Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応です。
※タブレット端末での動作は保証しておりません。
※一部端末に関しては対応OSバージョン以上でも動作しない場合がございます。
出典:ポケモンGO公式サイト よくあるご質問

注意書きにもあるように「対応OSバージョン以上でも動作しない場合あり」とされているので、ZenFone Goもマイネ王内での検証結果では使えないとなっていたようです。

ちなみにGoogle Playから公式ダウンロードはできませんが、ポケモンGOをインストール済みの端末からWi-FiやBluetoothなどのアプリ転送アプリを利用して移植したり、APKファイルを直接ダウンロードするなどして、力技でZenFone Goでプレイする強者も現れています。(このように方法はいくらでもありますが、公式Google Playからのダウンロード以外はおすすめできません)

ジャイロセンサー非搭載=ARモード利用不可

ポケモンGOではジャイロセンサーとカメラを利用して現実世界にポケモンが出現したような「ARモード」を使うことができます。…ただしスマートフォンの傾きを検知するジャイロセンサーを搭載していないと、ARモードが使えないという結果に

格安スマホとしてコスパの高さが人気の「HUAWEI P9 lite」は新しい機種ですが、ジャイロ非対応なのでARモードは現状使えないようです。

(ジャイロセンサーありのスマホなら、現実世界にポケモンが出現したかのような画面で楽しむことができる)

(ジャイロセンサーなしだとARモードも利用不可。臨場感はなく、普通の位置ゲームになる)

もちろんARモード非対応でもゲーム自体は利用できますし、モンスターボールの投げにくいという理由でAR対応であっても機能をOFFにするユーザーもいます。

京セラLUCEはインストールOKも、必要スペック以下

京セラの「LUCE(KCP01K)」はインストール自体は対応しているようですが、ポケモンGO公式の対応環境であるRAM2GB以上を満たしていません。通常のようにプレイすることはできたそうですが、動作速度や安定性に関しては注意深く利用する必要がありそうです。

AQUOS SERIE(SHL25)/arrows M03は全対応

SHARPのAQUOS SERIE(SHL25)とarrows M03は、どちらもインストールとARプレイに対応しています。

mineo(マイネオ)はauプランとdocomoプランを提供していますが、au回線でセット購入・運用できるSHL25、両回線が使えるarrows M03がポケモンGOに対応しているということになります。

ポケモンGOの動作確認が取れた格安スマホのセット購入ができるのは大きなメリットですね。

公式サイト:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)の格安スマホ、ポケモンGO対応状況まとめ

ポケモンGOの対応機種はOS古いと使えなかったり、スペック要件を満たしていても使えない機種があったりと少し複雑なものです。mineo(マイネオ)のようにスタッフブログなどで対応端末の確認をしてもらえると、ユーザーとしてはうれしい限りですね。

mineo(マイネオ)以外のおすすめSIMカードは「SIMチェンジプラン診断」(↓)から比較してみましょう。

公式サイト:mineo(マイネオ)