1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)「持込み端末安心保証サービス」を提供へ
 

mineo(マイネオ)「持込み端末安心保証サービス」を提供へ

mineo w s
格安スマホ

ケイ・オプティコムが提供する格安スマホサービス「mineo(マイネオ)」が、ユーザー自身で用意したスマートフォンやタブレットも保証対象とするオプション「持込み端末安心保証サービス」の提供を2016年12月1日より開始。540円の月額料金で、大切なスマホをトラブルから守ることが可能です。

ケイ・オプティコムが提供する格安スマホサービス「mineo(マイネオ)」が、ユーザー自身で用意したスマートフォンやタブレットも保証対象とするオプション「持込み端末安心保証サービス」の提供を2016年12月1日より開始。540円の月額料金で、大切なスマホをトラブルから守ることが可能です。

mineo(マイネオ)、持込み端末安心保証サービスを開始

ケイ・オプティコムが提供する通信サービス「mineo(マイネオ)」が、持ち込み端末を月額料金で保証対象とするオプション「持込み端末安心保証サービス」の提供を開始しました。同社によれば現状多くのユーザーがSIMカードのみの契約ということで、ユーザー自身で用意した格安スマホやSIMフリータブレットも保証対象に、というニーズに応える新オプションです。月額料金は540円/月(税込)。

出典:mineo(マイネオ)

持ち込み端末が保証対象に

対象の端末は「mineoのSIMでデータ通信を日常的に使用しているスマートフォンまたはタブレット端末」。これら対象となっている機種は、公式サイトの「保証可能端末一覧」から確認が可能です。

公式サイト:mineo(マイネオ)

国内で正規販売されているSIMロックフリーのスマートフォンは多くがすでにリストに掲載されており、「どのSIMカードが使えるか」「いつまで保証対応期間になるのか」までしっかりと記載されているので安心です。(※自分の使いたい機種が対象になっているかどうか不明な場合は、公式サイトにある簡易チャット機能から質問しておくと確実なのでおすすめ。)

Androidのキャリア版端末は交換対応のみ

AndroidとiOS端末の違いによっても対応が異なり、iOS(iPhoneやiPad)の場合は修理or交換対応、Androidの場合はSIMフリー端末が修理or交換ですが、ドコモ/au/ソフトバンクで発売されたキャリア販売のAndroid端末に関しては交換のみの対応となるので確認しておきましょう。

Android(SIMフリー)
修理 or 交換
Android(キャリア端末)
交換のみ
iOS(iPhone&iPad)
修理 or 交換

保証対象は自然故障、水濡れ、落下、破損

保証対象となるのは「自然故障/水濡れ/落下/破損」です。紛失や盗難に関しては対象外となるので注意しておきましょう。なお自然故障はメーカーの保証期間内の場合はメーカー対応とのこと。

修理・交換にかかる費用

基本的に「修理は無料」「交換対応の場合は1回目/年が5,400円2回目/年が8,640円」となっています。回数のカウントは修理か交換に関わらず、保証を受けた回数を1回としてカウント(例えば1回目が修理で無料、2回目が交換なら8,640円がかかります)。

出典:mineo(マイネオ)

ただし「保証上限金額は税込4万円」となっており、ケイ・オプティコム側でかかった修理・交換金額が税込4万円を超えた場合には差額が別途請求となるので確認が必要です。

代替機の貸出は有料

代替機も用意がありますが、貸し出す場合には3,240円(税込)で有料となっています。またiPadでサービスを利用する場合の代替機はiPhoneとなるのでこちらもチェック。

保証対象「外」の期間は要チェック

mineo(マイネオ)の持込み端末安心保証サービスで注意しておきたいポイント、それは「課金開始前および免責期間中に生じた故障や破損は、保証の対象外となる」という部分です。申し込んだ翌月より課金は開始しますが、保証期間は翌々月からスタートするので注意。

出典:mineo(マイネオ)

上記の表を見てみると、例えば1月15日に申込した場合は翌月の2月分より課金が開始されますが、保証対象となるのは翌々月の3月からです。申し込みしてからしばらくは、対象外期間があることは覚えておくべきでしょう。

mineo(マイネオ)の端末保証サービスは3種類になった

最後にmineo(マイネオ)の端末保証サービスを整理しておくと、現在は3つのオプションが存在します。

オプション名
月額料金
対象端末
利用金額
備考
端末安心サポート399円/月arrows M02
LUCE
Aterm MR04LN
SI-LA
1回目/年 5,400円
2回目/年 8,640円
故障(修理)端末と代替機をその場で交換
端末安心保証サービス399円/月arrows M03
HUAWEI P9lite
ZenFone Go
1回目/年 5,400円
2回目/年 8,640円
交換品が来てからデータを移行して、自分で故障端末を送付する
持込み端末安心保証サービス540円/月対象の持ち込み端末修理:無料
交換
1回目/年 5,400円
2回目/年 8,640円
-

端末安心サポート」はセット販売している中でも少し古めの旧端末の頃に提供していた保証プラン。修理・補償を行うサービスです。

対して「端末安心保証サービス」は比較的新しいセット端末を購入時に加入できる保証オプションで「リファビッシュ品または新品を提供」という対応になっており、修理ではなく完全に交換対応となるのが端末安心サポートとの決定的な違いです。

「端末安心サポート」に関しては少し前に発売したセット購入端末が対象になっているので、スマホを使う選択肢としては、これから申し込む場合には「端末安心保証」「持込み端末安心保証」サービスの2つをチェックしておくと良いでしょう。

端末安心保証サービス
比較的新しいモデルのセット購入端末が対象:月額399円、交換対応のみ
持込み端末安心保証サービス
自分で用意した持ち込み端末が対象:月額540円、修理 or 交換

新オプション追加のポイントは?

いままでは格安SIMとセット購入した端末でしか保証サービスに入ることができませんでしたが、新オプションの登場で「持ち込み端末にも保険をかけることができるようになる」というのが大きなポイントです。

公式サイト:mineo(マイネオ)


今回オプションの追加で持込スマートフォンでも保証に加入可能となったので、より故障などのトラブルに対してリスクを最小限に抑えながら格安スマホを使うことができます。最近はSIMフリースマホでも高性能なモデルがいくつか発売されているので、特にそういった端末をmineo(マイネオ)で利用する際には活用したいサービスですね。

公式サイト:mineo(マイネオ)