1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 「LINE」をタブレットとMVNOの格安SIMで使い倒す!
 

「LINE」をタブレットとMVNOの格安SIMで使い倒す!

lineとタブレット
SIM

LINEを使うためにスマホに変えようと思って、その月額料金に驚愕したそこのアナタ。タブレットと格安SIMで激安で利用することが出来るんです!カケホーダイも含めて月3,000円以下で運用する秘密をお伝えしましょう!

LINEを使うためにスマホに変えようと思って、その月額料金に驚愕したそこのアナタ。LINEをタブレットと格安SIMで激安で利用することが出来るんです!カケホーダイも含めて月3,000円以下で運用する秘密をお伝えしましょう!

lineとタブレット

タブレットでLINEを使うメリット

タブレットの格安SIM運用でLINEを使うことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

ガラケーとの二台持ちが出来る

タブレットと二台持ちをすれば、今使っているガラケーはそのまま使えて、二台持ちができます。LINEと通常の電話を使い分けましょう。

LINEを使いたいユーザー、特にフューチャーフォンを利用している方は「スマホに変えると使い方がわからなくなりそう」という不安があります。

しかし二台持ちであればLINEや動画はタブレットで使い、なおかつ090や080の電話番号やキャリアメールは今まで通りフューチャーフォンで使うことができます。二台目はスマホに変更するのに抵抗がある方におすすめなんです。 ガラケーとタブレットの二台持ちを活用

 

SIMフリーならMVNOを選べる

どうせタブレットを購入するならSIMフリーにしましょう。理由は明確で、MVNOを選べるからです。

SIMフリー端末であれば、いろんな会社のサービスをSIMカードを差し替えて使えるので、一つのプランが気に入らなかった場合に、通信事業者を乗り換えることができます。プランによって料金も変わってくるので、出来れば安いプランで使いたいですよね。

またSIMフリーであれば海外でも使えるケースが多いので、いままでパソコンをWIFI経由で作業に使っていたビジネスマンにも最適です。今ではipadやandroidだけでなくwindows tabletも多く販売されているので、既存の法人利用のサービスと合わせてビジネスシーンで使うことも可能です。

使える端末は当サイトでも紹介しているので確認しておきましょう→ SIMフリータブレットYogaTablet2の8,10インチ×格安SIM/楽天モバイルが人気タブレットのセット販売を開始!

LINEをタブレットで利用するポイント

  • MVNOなら月額料金を安く使える
  • ガラケーとの二台持ちで、携帯はそのまま使える
  • SIMフリーtabletなら、後から通信事業者を変更できる

LINEをタブレットで登録する方法

ここからはtabletでLINE登録に必要な事項について解説します。方法はいろいろとありますが、音声・SMS付き機能のシムカードを契約するのが基本的な条件となってます。

電話番号認証が必要

LINEを新規登録する際には、SMS(電話番号を使ったメッセージ)での番号認証が必要となるので注意しましょう。

先述の説明の中で「タブレットはSIMフリーを購入するべき」といいましたが、まさにここでのポイントです。シムカードが入らないと基本的に端末で番号を使えないので、認証メールが届かなくなってしまいますので注意しましょう。 LINE 電話番号認証 出典:ラインHP

 

通話機能付き・SMS付きの格安SIMを選ぼう

さて、上記のLINE認証を行うには格安SIMプランの中でも音声機能付き、もしくはSMS機能付きのプランを選ぶようにしましょう。

この二つであればショートメッセージ、つまりSMSを使えるのでやっとラインの登録ができるようになります。

この機能付きのMVNOは随分安いプランから利用出来るので、確認しておきましょう。特にヨドバシワイヤレスゲートの低速SIMなら毎月630円で使えます。ヨドバシワイヤレスゲートSIMは音声通話付きでも解約0円!

ヨドバシならsms付きで630円 出典:yodobashi.com

LINEをタブレットで登録する際の注意点

  • 登録には、「電話番号でのSMS認証」が必要
  • SIMフリー端末なら、シムカードを挿してSMSが出来る
  • 音声機能付き・SMS機能付きの格安SIMプランを選ぼう

LINEはMVNOで使えるのか

実際のところ、ラインのMVNOでの使い勝手はどうなんでしょうか。大手キャリアの料金や速度と比べながら考察してみます。

キャリアのスマホより安く利用可

月額料金はMVNOの方が安いケースがほとんどです。ラインのみ利用したいということであれば、間違いなく格安SIMを選ぶべきです。

ここで現在ガラケーを使っていて、スマホにしてラインを使いたいという方向けに選択肢をまとめてみました。

今回はドコモのスマホでラインを使う料金を例にしてみます。下のリストは、ドコモでスマホ1台の月額料金です。

  • 2,700円(カケホーダイプラン)
  • 300円(SPモード接続サービス)
  • 3,500円(データSパック 2GBプラン)
  • 合計6500円/月

スマホ一台で6,500円は結構高いですね。次はドコモのガラケーとタブレットをMVNOで運用した例をみてみます。

  • 2,200円(ガラケー用カケホーダイプラン)
  • 630円 (ヨドバシワイヤレスゲートSIM・250Mbps使い放題/SMS付き)
  • 合計2,830円/月

比べてみてどうでしょうか。携帯の電話カケホーダイプランとタブレットの通信量を合わせて2,830円です。この一例だけみてもMVNOなら安い月額料金で運用出来るのが分かりますね。

スマホ1台
ガラケー&tablet
2700
300
3500
2,200
630
月額6500円月額2,830円

 

低速でもメッセージ、通話は出来る

では格安SIMの速度でLINE電話やメッセージは出来るのでしょうか?検証していきます。

まず、テキストメッセージに関しては低速でもほとんどストレスなく送ることができます。これは文字のみの送信がほとんどデータ通信量を使わないからです。

ただし、動画や写真を送る場合は、多少時間がかかることもあります。もちろんこれらに関しては容量が多いということが理由です。ただし送れない訳ではないので、そこまで気にする部分ではないように思います。

次にLINE電話機能ですが、これも問題なく通話できます。通信速度によっては少し遅延が発生する場合もありますが、しょっちゅう途切れたり電話がかけれない。というレベルではありませんので大丈夫そうですね。

ちなみに高速通信で快適にラインで通話やメッセージとしたいというユーザーにも、DMM mobile(DMMモバイル) から1GBで月810円~でSMS付きのプランがあるのでこちらも選択肢として有力です。高速通信が使えればタブレットの大画面でYouTubeなども楽しめますね。

MVNO×LINEの気になるポイント

  • 低速プランでもメッセージは全然問題無し!
  • 低速で電話も問題なく出来る!
  • 不安なら高速通信を使えるプランを選択しよう!

LINEを格安SIMとタブレットで使い倒す・まとめ

今回紹介した使い方はいかがでしたでしょうか?MVNOを活用し2台持ちをすることで、今のガラケーはそのままに大手キャリアでスマホを持つより安く利用可能です。

当サイトではSIMプランを診断出来る「SIMチェンジプラン診断」があるので、下記から簡単な質問に答えて、あなたにぴったりの運用方法を見つけましょう。