1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMでLINE電話を活用する
 

格安SIMでLINE電話を活用する

linephone
SIM

今やスマホユーザーの大半が利用していると言われる「LINE」ですが、LINEはメッセージ機能や音声通話機能を備えています。しかも「LINE通話」という機能を使えば、相手がLINEを使っていなくても音声通話を掛けることが可能です。今回は格安SIMで電話代わりにLINEを使う、という方法を紹介します。

今やスマホユーザーの大半が利用していると言われる「LINE」ですが、LINEはメッセージ機能のみならず音声通話機能も備えています。しかも「LINE通話」という機能を使えば、相手がLINEを使っていなくても音声通話を掛けることが可能です。そのため、格安SIMでLINE通話を使うという方法もあります。

linephone

ここではそんなLINEを使った音声通話の詳細をご紹介します。

LINEの音声通話機能は2種類存在する。

LINEで音声を使ったやり取りが出来るサービスは実は2種類存在します。

LINEの無料音声通話

LINEを使ったことのある方であれば、無料音声通話機能はご存じの方も多いと思います。

 LINE無料通話
出典:LINE Corporation

まずはご自身のLINEを起動して友達リストの中から音声通話をしたい相手をタップします。

line1

すると以下のような画面が出てきますので、「無料通話」を押せば相手に音声通話を掛けることが出来ます。その横にある「ビデオ通話」を押せば映像付きのテレビ電話をすることも可能です。

line2

LINEの無料通話機能はインターネット回線を利用しています。時間帯や回線速度などによっても違いますが、音質は意外とクリアで十分実用に耐えるものだと言えます。

ただしこの無料通話機能の最大の難点は「相手もLINEユーザーでなければいけない」ということです。これは本当の意味での電話ではないので仕方がありません。その上、相互に「友だち追加」をしている必要があります。ブロックされている相手に対しても発信することは出来ません。これらの制限によって、通話をしたくない相手からの着信は避けることが出来る反面、家の電話や携帯電話の代わりに使うのは少々難しいと言えます。   

こちらが本命!「LINE電話」

実はLINEには無料通話機能とは別に「LINE電話」という機能があります。

 LINE電話
出典:LINE Corporation

このLINE電話は無料通話機能と異なり、相手がLINEを使っているかどうかに縛られずに自由に発信をすることが出来ます。通話料は後述するように料金の支払い方法によって若干変わりますが、固定電話に対しては1分2円から、携帯電話に対しては1分6.5円から発信することが出来ます。MVNOの音声通話SIMの通話料は30秒/20円なので、20分の1からの通話料金で発信することが出来るということです。

掛け方はそれほど難しくありません。LINEを開いたら1番右側の「その他」タブを開き「LINE通話」をタップします。

line3

利用規約への同意が終わると以下のようなダイヤルパッドの画面になるので、右上の「設定」をタップ。

line4

LINE通話は通話に使う「クレジット」という仮想通貨を購入して使う形になりますので「クレジットを購入」をタップ。

line5

すると「購入する」と「30日プランを購入する」と出てきます。上の「購入する」をタップするとそのままGoogleplayの決済画面へと進み、クレジットカードの登録が済んでいれば200クレジット(200円)の購入手続きが完了します。 この購入はLINEのアプリ内のみで完結します。なお、アンドロイドの場合は通話にLINEコインを使うことも出来ます。LINEコインはメッセージ機能で使うスタンプの購入などにも使われるものですが、LINE電話に使用する際は1LINEコイン=2クレジット換算となります。

line6 下の「30日プランを購入」をタップすると、ブラウザが起動してスタンプの購入やゲームのダウンロードなどが出来る「LINEウェブストア」へ接続されます。

line7

このように「30日プラン」と、200クレジット以外のクレジットを購入出来るようになります。200クレジット以外は100クレジット、310クレジット、520クレジット、1045クレジット、3150クレジット、5300クレジットがあり、310クレジット以上はボーナスクレジットが付与されます。なお、1番上の「30日プラン」をタップすると・・・

line8

このような画面になります。後述しますが、30日プランというのは購入してから30日間、購入時に選択した先へ決められた時間までお得に発信出来るというものです。「固定+携帯へ120分」だと720円、「固定+携帯へ60分」だと390円、「固定60分」だと120円となります。

クレジットを購入すると発信が出来るようになります。発信する際は電話帳からの発信、履歴からの発信、ダイヤルパッドからの発信が出来ます。その他に「お店」というタブをタップすると、GoogleマップとGPS機能と連動して付近のお店にワンタップで電話を発信出来る機能もあります。お店が「LINE@」というアカウントを取得している場合、10分までであれば無料で発信をすることが出来ます。

line10

通話品質ですが、無料通話に比べるとLINE電話の方が更にきれいに聞こえると思います。これはLINE通話はあくまでも片方は「電話」であることが理由でしょう。ただし無料通話に比べて複雑な仕組を経て回線を繋いでいるからか、たまに「サー」というノイズが通話の後ろでずっと流れていることがありました。一旦切って掛け直したりすれば消えますが、この辺りは「050 plus」などに比べると若干劣るかな、というイメージです。

結局「電話代わり」として使えるのか?

これは「誰に対して」「どんな電話を掛けるのか」次第だと思います。そもそも無料通話の方は相手がLINEを使っていてなおかつ「友だち追加」されていないと使えませんが、逆に言えば電話を掛けたい相手が全てこの中にいる場合は無料通話で解決すると思います。お金を掛けてLINE電話を使う必要性はあまりありません。

仕事などで不特定多数の人に電話を掛けるために使うのであればLINE電話しか選択の余地はなくなります。ただしこの場合は「050 plus」などの別のIP電話サービスと競合してきます。それぞれの特徴や使い勝手を見極めながら選択するべきでしょう。

ちなみに「050 plus」の固定電話への通話料は3分8.64円、携帯電話への通話料は1分17.28円です。LINE電話は通話料が割安になる30日プランなら固定電話へは1分2円(3分6円)、携帯電話へは1分6.5円です。通話料だけを見た場合はLINE電話の方が若干お得にはなります。

飲み会などの幹事をよくやる場合、LINE電話はお店によっては10分まで無料通話が可能な点も見逃せません。   

LINE電話の注意点

ここではLINE電話を使う際の注意点についてご紹介しておきます。

料金の支払い方法がわかりにくい

まずはデメリットからご紹介しますが、それは「料金の支払い方法がわかりにくいこと」です。LINE電話の通話料の支払い方法には「コールクレジット」と「30日プラン」2種類が存在します。どちらも通話料を前払いするという点では同じです。

コールクレジットは100円から5000円まで7種類のクレジットが用意されていますが、どれも有効期間が180日間と長いのが魅力です。310クレジット以上の購入ではボーナスもつくのでお得感もあります。1番安いクレジットは100円で購入出来るので、まずはどんなものか試してみたい、という人にはこちらがお勧めです。

一方の30日プランは文字通り有効期間が30日しかありません。

次にLINE電話の通話料を一覧で見てみましょう。

 LINE電話料金
出典:LINE Corporation

ご覧のように、コールクレジットと30日プランでは1分あたりの料金が大きく異なります。携帯電話やスマートフォンに発信する場合、コールクレジットは1分14円なのに対して30日プランは6.5円、固定電話に対してはコールクレジットが3円なのに対して30日プランは2円です。これを見る限りでは30日プランの方が通話料が安くてお得なイメージがあると思います。

しかし30日プランにはちょっとした落とし穴があります。それは「30日以内に同じ種類の30日プランを複数購入することは出来ない」ということです。

30日プランには「固定と携帯120分(720円)」「固定と携帯60分(360円)」「固定60分(120円)」という3つのプランが用意されています。仮に「固定60分」を買って10日後に全て使い切ってしまったとしても、その場ですぐに「固定60分」を購入することは出来ず、もう20日待たなくてはなりません。別のプランであれば購入することは可能ですが、仮に固定にしか発信しないことを考えると料金が割高になってしまいます。1分2円で発信出来たものが1分6円と3倍にもなってしまうからです。

逆に携帯電話のみに発信すると考えると、30日の間に「固定と携帯120分」と「固定と携帯60分」を1回ずつしか購入出来ないため、最大で180分しか発信出来ないことになります。1日10分掛けていると18日目で終わってしまうので、以降は次に30日プランを買えるようになるまではコールクレジットで対応しなくてはなりません。

この辺の仕組みが若干複雑なので、ご自身の利用状況に上手く合わせた料金プランを選択しないと通話料が高くなってしまう危険があります。   

LINE電話は着信が出来ない

実はLINE側では「LINE電話は発信専用のサービス」という考え方をしています。

LINE電話は自分自身で専用の番号を持っていません。つまり着信機能がありません。

LINE電話は発信の際に番号通知はしますが、その番号は「LINEの携帯電話認証を行った番号」です。LINE電話を使う際は、必ずLINE自体での携帯電話認証を行っている必要があります。つまり携帯電話の番号とLINEのアカウントが紐付いている必要があるということです。そしてLINE電話を使う際は相手にこの番号が通知されますが、もしも相手が不在で通知した番号に折り返しの電話を掛けてきた場合、当然のことながら携帯電話が普通に鳴ることになります。

しかしここにも実は落とし穴があります。それはドコモとソフトバンクに電話を掛けた場合、こちらの番号は通知されずに「非通知」もしくは「通知不可能」と表示されてしまうことです。また、機種によっては国際電話を掛ける際の日本の国番号「+81」が付加された番号が通知されることがあります。

まずドコモとソフトバンクで「非通知」「通知不可能」となる理由ですが、それは「LINE電話は発信者番号が偽装可能だから」です。LINEの携帯電話認証を取る際、「実際にLINEを使う端末」と「認証のためのSMSを受信する端末」は同じである必要がありません。例えば携帯電話認証手続きで友人の電話番号を入力し、友人の端末に届いたSMSを見て自分の端末で認証を行う、ということが可能です。この流れでLINE電話を使うと相手先に通知される番号は携帯電話認証手続きでSMSを受け取った友人の番号ということになります。これが「発信者番号が偽装可能」の意味です。そしてドコモやソフトバンクでは、このような偽装された恐れのある電話番号からの発信は、番号を通知しないことになっています。

「+81」が付加された番号で通知されることがあるのは、LINE電話が発信する時に「+81」を頭につけているからです。LINE電話が国際電話も掛けられるからなのか、一旦海外を経由して電話を呼び出しているからか、理由は不明ですが、これはLINE電話の仕様です。

「+81」がついているくらいならその下の番号で発信者がわかりますが、「通知不可能」「非通知」では誰からの電話かわからないばかりか、先方の設定によっては着信すらしない可能性もあります。そのため、不在時に必ず掛け直して欲しい、電話が着信した記録を残したい、という場合にLINE電話は使わない方が良いでしょう。

最後にデータ通信専用SIMでLINE電話を使う際の注意点です。携帯電話認証が必要なのでSMS機能をつけるか、他にSMS機能を受け取る手段を用意する必要があります。SMS機能付きデータ専用SIMであっても090もしくは080で始まる電話番号は持っているので、LINE電話を使う際にその番号が通知されます。もしも相手がその番号を見て折り返しの電話を掛けてきても、その電話番号で音声通話をすることは出来ません(データ通信専用SIMの番号だから)。

格安SIMでLINE電話を活用する?まとめ

以上、格安SIMでLINE電話を活用できるかについてご紹介をしてきましたが、お気づきの通りちょっと複雑で使いにくい点があるのは否めません。ただし通話料というだけを見ると他のサービスと比較してかなりお得であると言えます。目的によっては十分電話代わりに使えるとは思いますので、よろしければ参考にして下さい。