1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイルの音声通話を徹底解説!固定電話はLINEOut(IP電話)で通話
 

LINEモバイルの音声通話を徹底解説!固定電話はLINEOut(IP電話)で通話

mobile
SIM

日本でスマートフォンを持っているほとんどの人が使っているであろうメッセージアプリ、LINEを提供するLINE株式会社が、2016年、格安SIM業界に参入しました。この記事では、そのLINEモバイルの音声通話について紹介します。

日本でスマートフォンを持っているほとんどの人が使っているであろうメッセージアプリ、LINEを提供するLINE株式会社が、2016年、格安SIM業界に参入しました。この記事では、そのLINEモバイルの音声通話について紹介します。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルで使える音声通話って?

出典:applio まず初めに、LINEモバイルで使える音声通話の種類について、整理しておこうと思います。

LINEアプリを使った音声通話

LINEアプリでは、メッセージを送れるだけでなく、音声通話も行えます。LINEモバイルのSIMは、このLINEアプリを使った音声通話だけを使用する場合は、非常に料金の安いお得なSIMとなっています。

LINEアプリの音声通話の通話料は0円。もちろん、通信データ容量を消費しますが、電話回線を使った音声通話のように、何分で何円という通話料金はありません。

電話回線を使った音声通話

LINEモバイルでは、電話回線を使った音声通話も可能となっています。Docomoの回線を利用しており、Docomoと同じエリアに対応しています。

電話回線を使った音声通話の料金は、30秒あたり20円となっています。また、後述しますが、電話回線を使った音声通話を利用できるようにするためには、月々のプラン料金にオプション料金を追加する必要があります。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルの各プランと音声通話の関係

続いて、LINEモバイルが提供するプランについて紹介し、それぞれのプランと音声通話との関係について説明します。

LINEモバイルのLINEフリープラン

出典:appbank

LINEモバイルのプランは非常にわかりやすく、用意されているのは2つのプランだけ。その一つが、LINEフリープランになります。

LINEフリープランは、その名の通り、LINEのアプリが使い放題。月々1GBの高速データ通信が使えるプランなのですが、LINEアプリでの音声通話やメッセージ、さらには画像や動画の送受信に使われる高速データ通信容量は、無制限に使えるという内容になっています。

したがって、LINEフリープランに申し込めば、LINEアプリを使った音声通話はかけ放題ということになります。

月額料金は破格の500円。また、月々700円を追加料金として支払うと、電話回線を使った音声通話も利用可能になります。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン

出典:appbank

LINEモバイルが提供する、もう一つのプランが、コミュニケーションフリープランです。

こちらのプランでは、LINEアプリに加えて、Twitter、Facebook、Instagramを使用する際の高速データ通信容量も無制限に使えます。

月々に使える高速データ容量を、3GB、5GB、7GB、10GBから選ぶことができ、それぞれ料金は、1110円、1640円、2300円、2640円となっています。

また、コミュニケーションフリープランで電話回線を使った音声通話を利用可能にするためには、月額580円の追加オプション料金を支払えばOKです。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルの音声通話SIMで利用できるオプション

上記で説明したように、LINEフリープランなら月額700円、コミュニケーションフリープランなら月額580円を払えば、音声通話SIMとして使えるLINEモバイルですが、次は、その音声通話SIMで利用可能なオプションについて紹介します。

LINEモバイルの留守番電話サービス

LINEモバイルの音声通話SIMでは、留守番電話サービスが利用可能です。月額のオプション料金は300円となっています。

LINEモバイルの割込通話サービス

LINEモバイルの音声通話SIMでは、通話中にかかってきた別の通話を知らせてくれ、会話を保留しながら別の通話にでることができる、割込通話サービスも提供しています。月額のオプション料金は200円となっています。

LINEモバイルの国際電話・国際ローミングサービス

LINEモバイルの音声通話SIMでは、国際電話や国際ローミングを使うこともできます。それぞれオプション料金は無料ですが、国際電話の場合は通話料、国際ローミングの場合は通信量が、それぞれ別途発生します。

LINEモバイルの転送電話サービス

LINEモバイルの音声通話SIMでは、着信した通話を他の番号に転送する転送電話サービスも利用可能です。オプション料金は無料ですが、転送に伴う通話料金は別途発生します。

公式サイト:LINEモバイル

LINEが提供するLINE Outを使った音声通話

出典:engadget

最後に、LINEモバイルでの通話料金を安くするアプリ、LINE Outを使った音声通話について紹介します。

LINE Outとそのメリット

LINEモバイルで電話回線を使った音声通話を行うと、30秒あたり20円と、かなり高額の通話料金が発生してしまいます。かといって、LINEアプリの音声通話では、固定電話番号には電話をかけることができません。

そこでオススメなのが、LINEが提供するLINE OutというIP電話。こちらは、通常の30秒あたり20円という通話料金に比べると、お得に電話ができるアプリとなっています。

無料通話が可能なLINE Out Free

LINE Outのすごいところは、IP電話でありながら、無料で電話ができるLINE Out Freeという機能が提供されていること。通話前に広告を見ることで、国内の通話であれば、固定電話に対しては1回あたり3分、携帯電話に対しては1回あたり1分の音声通話が無料で行えるのです。

有料でもお得なLINE Out

また、LINE Outには、有料のプランも存在します。中でもお得なのは、事前に通話できる時間を購入しておく30日プランです。

30日プランでは、60分390円と120分720円のプランが用意されています。このプランを購入すれば、購入から30日の間、それぞれ60分間、120分からの音声通話が利用可能です。

通常の音声通話ですと、30秒あたり20円なので、60分使えば2400円、120分使えば4800円の通話料金がかかることになります。なので、LINE Outを使った方が、確実にお得なのです。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルの音声通話まとめ

以上、LINEモバイルの音声通話について紹介しました。

LINEモバイルでは、電話回線を使った音声通話が行える音声通話SIMが用意されており、留守番電話や割込通話、さらには国際電話といったオプションも用意されています。

少し通話料金の高い音声通話ですが、LINE Outというアプリを使うことで、お得に音声通話が利用可能になります。スマホでLINEアプリの利用頻度が高い人は、ぜひLINEモバイルへの乗り換えを検討してみてください。