1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ヤマダ電機で格安スマホを購入!メリットと人気の機種とは
 

ヤマダ電機で格安スマホを購入!メリットと人気の機種とは

170507_yamada kakogawa
格安スマホ

家電量販店でも格安スマホが買えるって知っていましたか?今回はヤマダ電機で格安スマホを購入するメリットや人気機種をご紹介します。取扱端末も豊富なヤマダ電機で、ぜひ実機を触って格安スマホをゲットしてみてください!

格安スマホは大手家電量販店でも充実した品ぞろえになり、購入しやすくなっています。家電量販店といえばヤマダ電機を思い浮かべる人もおおいことでしょう。今回はヤマダ電機で格安スマホを購入するメリットや人気機種をご紹介します。色々なメリットのあるヤマダ電機で格安スマホを手にしてみてはいかがでしょうか?

170507_yamada kakogawa
出典:ヤマダ電機 公式サイト

ヤマダ電機はどんなお店?

現在では国内で最大手の家電量販店チェーンとして知られているヤマダ電機は、「テックランド」という郊外型店舗からスタートしました。その後都市型店舗である「LABI」を展開して、東京周辺にはモバイル専門の都市型小規模店舗「ヤマダモバイル」もオープンしています。2005年には47すべての都道府県に店舗を構えるまでに成長を遂げることに成功しました。

拡大戦略を突き進めた結果、2017年5月の段階では、直営店・フランチャイズ店・海外店舗合わせて12,000店以上の規模になっています。家電専門店としてのソリューション機能の提供を、市場のニーズにマッチした形で行えるようにサービスの充実化を図っています。

ヤマダ電機での格安スマホの取り扱いは?

ヤマダ電機で取り扱っている格安スマホは、海外メーカーのものが中心となっています。ASUS、FREETEL(フリーテル)、Huaweiを中心とした、10,000円台~30,000円台のモデルが多いです。

海外メーカーの格安スマホの特徴は、余計なアプリが入っておらずシンプルであることです。国産のスマホでは入っているアプリが多くてかえって自由に使いづらいという印象をお持ちの人ならば、検討の価値はあるでしょう。国産の格安スマホに比較すると、値段も非常に安いのも魅力的です。

ヤマダ電機で格安スマホを購入するメリットとは?

ヤマダウェブコムにはお得な特典が満載!

logo (1)
出典:ヤマダウェブコム公式ページ

ヤマダ電機が運営する通販サイト「ヤマダウェブコム」には、買い物がお得になる特典が色々と用意されています。

まず「ヤマダ高速便」。こちらは、最短の場合は15時までの買い物でその日のうちに届けてくれるサービスです。(エリア・品物による)そして「無料長期保証」。家電のメーカー保証は通常1年間ですが、アイコンがついている商品に関しては無料で長期保証を付けてくれるのも嬉しいポイントです。

また、「価格交渉チャット」を通じて最低価格を保証してくれるというサービスがあります。こちらも価格交渉アイコンがついている商品・ヤマダ電機指定の他社通販サイトとの比較に限られますが、チャットサービスを通じて他店の価格を知らせれば、それ以下の値段まで下げるように価格交渉を行うことができます。このサービスは24時間やっているので、気軽に価格を下げられないか試すことができるのが魅力的です。値引きに関してもポイント還元と現金値引きがありますから、自分に合った方を選択できます。

独自のSIMカードサービス「ヤマダニューモバイル」

170507_yamada new mobile top
出典:ヤマダニューモバイル

ヤマダ電機は独自の格安SIMブランド「YAMADA SIM」を展開していましたが、2017年4月より「ヤマダニューモバイル」としてリニューアルしました。
ヤマダニューモバイルはU-mobile(ユーモバイル)との協業で生まれた格安SIMブランドで、NTTドコモのエリアで利用が可能です。こちらを利用できることも大きなメリットとなるでしょう。

電波に関してはFOMAやLTEエリアで使えるので、困るようなことはないと思います。ただしNTTドコモの端末とSIMフリーの端末のみの利用となり、それ以外の端末には使えないため注意が必要です。

また、ヤマダニューモバイルではYAMADA SIM時代の「LTE使い放題プラン」の代わりに、常時200kbpsで使い放題のシンプルプランから10.3GB~30.3GBの大容量プランまで、個人のニーズに合った様々なプランを打ち出しています。

すべてのプランが他の格安SIMよりも300MB多く設定されているのも特徴です。通信量がかかる使い方をすることが想定されるなら、大容量プランの利用を検討する価値はありますね。

ヤマダ電機で人気の格安スマホは?

先ほども述べたように、ヤマダ電機では海外メーカーの取り揃えが豊富です。そのため、国産の格安スマホよりもさらに値段が低いモデルが売れ筋となっています。

またヤマダ電機オリジナルとして発売されている機種もあり、やや高価格ですがスペックも上です。

freetel(フリーテル) KATANA02

170507_freetel katana02
出典:FREETEL

「カタナ」というネーミングが印象的な機種。ビジネスなどでも必要な高機能を低価格で、というコンセプトで発売されて格安スマホで、コストパフォーマンスの良さから幅広い支持を得ている格安スマホです。

OSとしてWindows10 mobileを搭載しているというのが大きな特徴で、Windows10を搭載する他のデバイスとの連携が非常にスムーズです。

マイクロソフトのアカウントがあれば、このスマホとPC・タブレットなどどのデバイスでも同じWindowsアプリが使用できます。エクセルやワードといったおなじみのオフィスのソフトが無料でインストールされていますから、クラウドで管理をすると時間や場所を選ばずに同じデータが扱えますね。

またメールに関しても同一のアカウントで管理ができるようになるため、タブレットやPCで開いたメールをスマホでも確認できるという便利な使い方ができます。GoogleのGmailでも似たような機能がありますが、Windows10 mobileを利用した連携機能はちょっとその先を行っているという印象です。

公式サイト:freetel(フリーテル)

EveryPhone

170507_yamada everyphone
出典:Everyphone 公式サイト

ヤマダ電機のオリジナルモデルとして、2015年11月から販売が開始されたSIMフリースマホで、OSとしてWindows10 mobileを搭載しています。2017年4月末からは同ブランド名でAndroid 7.0を搭載した6機種も新たに販売されていて、モデルによってはWindows 10搭載のものよりも安い価格設定となっています。

Windows 10搭載の「EveryPhone」は、メインカメラとして1300万画素のカメラを搭載しており、格安スマホとしては比較的画素数の高い高解像度のカメラとなっています。また、5.5インチという大型のディスプレーでありながら重量はわずか138.6gという軽量ボディなので、長時間操作していても手や腕に対する負荷が少ないのも魅力的です。

Android 7.0を搭載した6機種はEvery Phone「EN(エントリー)」「AC(アクティブ)」「ME(ミドルエンド)」「PW(パワフル)」「HG(ハイグレード)」「DX(デラックス)」という名称となっていて、それぞれ特徴が違っています。「EN」が10,778円と一番安い価格設定のモデル、「AC」は6機種の中で一番大きな6インチ液晶となっています。「ME」は指紋認証・デュアルカメラ搭載。「PW」はその名の通り6,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、連続待受時間はなんと約600時間です。「HG」は指紋認証・急速充電対応で、機能がまんべんなく搭載されている印象です。「DX」は10コアCPU+電池持ちがよく高画質なIGZO液晶搭載で5万円台と、かなりハイスペックな仕様になっていますね。

ヤマダ電機ではこの機種に関する発売記念キャンペーンを行っており、購入先着3,000名に900円相当のEvery Phone用「専用液晶保護フィルム」を1枚プレゼントしてくれます。

ヤマダ電機で格安スマホを購入してみよう

ヤマダ電機で格安スマホを購入するメリットや人気の機種についてお伝えしました。海外メーカーの格安スマホの取り扱いが充実しており、ヤマダ独自モデルのスマホも発売されています。

格安スマホと同時に用意する必要があるSIMカードに関しては「ヤマダニューモバイル」が用意されていて、使い方に合わせた様々なプランを選べるのが魅力です。動画やゲーム、テザリングなど通信容量を多く要する機能を日常的に使いたいユーザーにとっては、大容量プランはとても気になる存在ではないでしょうか。