1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホと白ロムの違いは?メリット・デメリットを比較!
 

格安スマホと白ロムの違いは?メリット・デメリットを比較!

pixta_18356490_S
格安スマホ

通信料金を節約したいユーザーからの人気が上昇している格安スマホと白ロム。似ているように見えて実は大きな違いがある両者について、メリット・デメリットを比較してみました。どちらが自分に合っているのか、改めて考えるきっかけにしてみてください!

通信料金を節約したいユーザーからの人気が上昇している格安スマホと白ロム。しかし何がどう違うのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?似ているように見えて実は大きな違いがある両者について、メリット・デメリットを比較してみました。どちらが自分に合っているのか、改めて考えるきっかけにしてみてください!

格安スマホとは?

katana01

携帯電話のキャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)と契約をせずに買うことができる端末とSIMカードです。

スマホにSIMをさすことで通信が可能となり、端末とSIMを別々に購入することも、セットで購入することも可能です。日本国内だけでなく、海外でも現地のSIMを契約することで利用が可能です。

これまではそのネーミングどおり性能面でもコストを抑えた仕上がりになっていましたが、現在では性能面もかなり改善されてきています。キャリア端末とそれほど見劣りしないものも登場してきているため、ユーザーの選択肢が増えています。

格安スマホのメリット・デメリットは?

格安スマホのメリット

  • キャリア端末に比べて安価で、性能面でもそれほど見落とりしない端末もある
  • 国産メーカーの端末なら、防水・防塵、おサイフケータイなどの機能を備えた機種もある
  • 海外産の端末は無駄なアプリが少ないためスペックが低くても操作が快適
  • SIM差し替えによる海外での利用が便利
  • 分割払いで購入ができる

格安スマホのデメリット

  • サポート面ではキャリア端末のような手厚いサポートは期待できない
  • 全体的に、キャリア端末よりもスペックがやや劣る
  • スペックが高めの機種に関しては格安スマホといえど値段も相応になる

白ロムとは?

SIMカードが入っていないキャリア端末で、かつ分割払いの支払い残がない中古のものを白ロムといいます。Amazonや白ロムを専門で取り扱うお店で販売されています。

中古とはいえどほとんど使用されていない「新中古」と呼ばれる状態の端末も多く売られており、人気のある機種も出ています。 この白ロムに別途用意したSIMカードを刺すことによって利用します。

白ロムのメリット・デメリットは?

白ロムのメリット

  • 人気のキャリア端末が格安で買える
  • ドコモなら中古購入の端末でもドコモショップで修理を受けてくれることも(条件あり)
  • ドコモの白ロムだとほぼすべての格安SIMを利用できる

白ロムのデメリット

  • ほとんどの白ロムは海外では使えない
  • ドコモのスマホ以外の選択肢が非常に少ない
  • テザリングができない場合や、使えるようにするには相当の知識を必要とする場合がある
  • 「赤ロム」に注意しなければならない

格安スマホ・白ロムはどのようなユーザーに向いているのか?

格安スマホを選ぶべきユーザー

通信費を節約するため、キャリア端末に比べてある程度のスペックダウンは受け入れられる方におすすめです。テザリングを頻繁に行う人や海外でのスマホ利用をよくするユーザーにも向いていると言えるでしょう。

また白ロムと違って端末は新品ですので、中古品に抵抗があるという方は格安スマホが良いでしょう。MVNO業者では分割払いで購入できますから支払い方法の選択肢も増えます。

白ロムを選ぶべきユーザー

キャリア端末を格安で購入して通信費を節約したい人におすすめです。海外で使えないものが多いので、海外渡航をほとんどしない、または海外でSIMカードを変更してまでスマホを利用することがないユーザーの方がいいでしょう。

テザリングはプログラムをいじることによって可能になる場合もありますが、相当の知識を必要としますし、失敗すれば端末がおかしくなるリスクもあります。知識があり、自己責任でできる人なら選択してもよいでしょう。

また新中古品が多いとはいえ、一度は人の手に渡った商品であることに変わりはないので、そのあたりを気にしないでいられる人に向いているでしょう。

格安スマホ・白ロムを使うならおすすめの通信事業者は?

楽天モバイル

楽天モバイル 出典:楽天モバイル公式ページ

楽天モバイルは格安スマホを豊富に取り扱っている通信事業者です。SIMと端末のセットで購入すると、すぐに利用できる状態にセットアップして送ってくれますから、自分でセットアップできるか不安という方におすすめです。

また先日、通話定額プランを打ち出したことによって他の通信事業者と通話面で一歩差をつけた形になりました。楽天ポイントがもらえたり月額料金が1か月無料になったりするなど、各種キャンペーンも頻繁に行っています。

mineo(マイネオ)

mineo_SIM

以前はau回線のみの対応でしたが,mineo(マイネオ) はドコモ回線の取り扱いを始めました。2つの回線を選べる通信事業者として有名です。

特にauの白ロムを使いたいという人におすすめの通信事業者です。auの白ロムはかなり安価で入手できることもあり、ハイスペックな人気モデルも入手しやすいので、人気があります。かつてはiPhoneが中心でしたがGalaxyやXperiaの導入も増えています。

DMM mobile

DMMモバイルの格安SIM 出典:DMM mobile公式ページ

「通信速度 業界最速クラス」を打ち出している通信事業者で、どのようなプランでも安いのが特徴です。

他の通信事業者が期間限定のキャンペーンでこちらより安くなることがありますが、DMM mobile(DMMモバイル) は常に安い水準になっているという特徴があります。

また低速時でもはじめの一定量を高速通信で行う「バースト機能」があることにより、快適なインターネット閲覧ができるという強みもあります。サクサクとネット閲覧を楽しみたいという方は見逃せない特徴ですね。

格安スマホ・白ロムの違いを把握して、合う方を選ぼう!

格安スマホと白ロムを比較してその違いをお伝えしました。

似たように見える両者ですが大きな違いがあるのを理解していただけたでしょうか?複雑な違いもありますが、まずは基本的な違いを把握することが大事です。

自分の利用方法や考えに合った方を選択して、適切な方を選択しましょう。どちらを選ぶにしても、キャリア契約よりも通信費をグッと抑えることにつながります。

また、端末選びの次に待っているのがSIMカード選びです。各通信事業者ともさまざまなプランが用意されています。自分に合ったプランや事業者がわからないという方は、SIMチェンジプラン診断を利用してみてください。所要時間1分で、向いているSIMが分かります!