1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 高校生や中学生にオススメの格安スマホとは?
 

高校生や中学生にオススメの格安スマホとは?

格安スマホ

最近では、高校生や中学生がスマホを持つのが当たり前となっていますが、毎月の料金がかなり高額になって家計を圧迫しているというご家庭も多いのではないのでしょうか。今回は、高校生や中学生が持つのにオススメの格安スマホを紹介します。

最近では、高校生や中学生がスマホを持つのが当たり前となっていますが、毎月の料金がかなり高額になって家計を圧迫しているというご家庭も多いのではないのでしょうか。今回は、高校生や中学生が持つのにオススメの格安スマホを紹介します。


高校生や中学生に格安スマホがオススメの理由

まず、はじめに高校生や中学生に格安スマホがオススメの理由を紹介します。

データ通信がほとんどなら料金が安くなる

高校生や中学生がスマホを使う理由のほとんどが、友達とのSNSのやりとりやスマホゲームなど、データ通信に関わることだと思います。

その場合、大手キャリアで契約するよりも、格安スマホにする方が、月々の料金が安くなることがほとんどです。

また、友達と長電話するという高校生や中学生も多いかもしれませんが、最近はLINEやSkypeなどの無料通話アプリが普及しており、これらもデータ通信なので、電話料金について心配しなくて良いケースが多いのです。

使いすぎを防げる

格安スマホの場合、月々に使える高速データ通信量が決まっています。その容量を超えて使うと、速度制限がかかり、遅い通信速度でしたかデータ通信を行えなくなります。

したがって、あらかじめ決められたデータ容量の中でやりくりすることになるので、結果的に使いすぎを防ぐことが出来るのです。

様々な機種から選べる

格安スマホを使う場合、SIMフリー端末に格安SIMを挿入して使うので、自分の好きな機種を選べるというメリットがあります。

高校生や中学生というのは多感な時期なので、持つスマホ一つとっても自分の好きなものにこだわりたいという人も多いでしょう。そんな人には、格安スマホがオススメです。

高校生や中学生にオススメの格安スマホ会社


出典:LINEモバイル

続いて、高校生や中学生が使うのにオススメの格安スマホ会社をいくつか紹介します。

LINEモバイル

高校生や中学生に一番オススメの格安スマホは、やはりLINEモバイルでしょう。

今や学生の間でのメッセージのやりとりはメールではなくLINEが中心となっていますが、LINEモバイルでは、LINEアプリで消費されるデータ通信量がカウントされません。したがって、どれだけLINEを使っても、通信速度制限にかからないのです。

しかも料金は月々500円からという安さ。また、LINEだけでなく、TwitterやInstgramといった高校生、中学生に人気のSNSでのデータ通信料もカウントされないプランも用意されています。

公式サイト: LINEモバイル

OCNモバイルONE

続いて紹介するのは、OCNモバイルONE。こちらは家族間でデータ通信容量をシェアするという点でオススメの格安スマホ会社です。

OCNモバイルONEでは、最大5枚のSIMカードで容量を分け合うことができます。料金は10GBの音声通話プランで月額3,240円、20GBの音声通話プランで月額4,850円など。

高校生や中学生のお子さんはデータ通信量をたくさん使うけど、親はあまり使わないという家族にオススメのMVNOというわけです。

公式サイト: OCNモバイルONE

TONEモバイル

TONEモバイルはセキュリティの面で安心の格安スマホ。子供のスマホを管理したいという親御さんにオススメです。

使用時間や使用アプリ、さらには閲覧するサイトなどを親のスマホで遠隔管理できるのが特徴で、有害な情報から子供を守ったり、勉強中に集中が削がれないように管理することができます。

また、GPS情報で本人の居場所を確認することも可能。高校生に持たせるとなると、少し管理が厳しすぎる印象ですが、中学生に持たせるには向いているかもしれません。

公式サイト: TONEモバイル

高校生や中学生に格安スマホを持たせる方法

ほとんどの格安スマホでは、契約にクレジッドカードの情報がいるので、高校生や中学生が自分の名義で契約することができません。

ここでは、高校生や中学生に、親がどのようにして格安スマホを持たせられるかを紹介します。

親の名義で契約する

高校生や中学生に格安スマホを持たせようとすると、ほとんどの場合が親名義で契約することになります。

上記で紹介したように、クレジットカードを登録しての契約を行う会社がほとんどですし、そもそも20歳未満の契約を受け付けていない会社も多いです。

家族でシェアプランを利用する

上で紹介したOCNモバイルONEのように、一つの契約で複数のSIMカードを持つことができる場合は、高校生や中学生の持つスマホ用に新しい契約は必要ありません。

プリペイドSIMを購入する

どうしても高校生や中学生に自分で料金を支払って欲しいという場合、プリペイドSIMを購入する方法があります。

プリペイドSIMとは、一定容量のデータ通信が行える先払い方式のSIMカードで、家電量販店などで購入することができます。

高校生や中学生にオススメの格安スマホまとめ

以上、高校生や中学生にオススメの格安スマホについて紹介しました。

高校生や中学生がスマホを持っているのが当たり前となったご時世、家計を圧迫しないようにするためにも格安スマホがピッタリです。高校生や中学生のお子さんに新しくスマホを持たせようと考えている方は、ぜひオススメした格安スマホ会社を検討してみてください。