1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホで通話料を節約するために実践すべき方法まとめ
 

格安スマホで通話料を節約するために実践すべき方法まとめ

piggy-bank-967180_640
格安スマホ

月々の利用料金が節約できるという謳い文句で、多くのスマホユーザーが乗り換えを考えている格安スマホ。 しかし、電話料金だけでみると、大手キャリアの方が格安スマホ会社よりも安いというのが現状となっています。そこで、格安スマホを利用しながら電話料金も節約するための方法を紹介します。

月々の利用料金が節約できるという謳い文句で、多くのスマホユーザーが乗り換えを考えている格安スマホ。 しかし、電話料金だけでみると、大手キャリアの方が格安スマホ会社よりも安いというのが現状となっています。 ここでは、格安スマホの通話料を節約する方法を紹介します。

無料メッセージアプリで格安スマホの通信料節約

null 出典:LINE Corporation

電話をかけなくても音声でコミュニケーションをとることができる無料アプリが、スマホにはたくさんあります。そういったアプリを利用すれば、電話を利用する必要はないので、通話料金の節約になります。ここでは代表的なアプリをいくつか紹介します。

LINE

今や日本国内でスマホを利用しているユーザーの中で、インストールしていない人はいないのではないかと言えるほど普及率の高いメッセージアプリがLINEです。相手がメッセージを見たことがわかる「既読」の機能や、楽しいコミュニケーション手段としてのLINEスタンプなど、メールに代わる機能ばかりがクローズアップされがちですが、LINEは音声通話アプリとしての側面も持っています。

LINE上でメッセージをやり取りできる相手、つまりLINEの連絡先を知っている相手であれば、通話機能を使って音声でコミュニケーションが取れます。音声の質はWiFiを使わないといまいちですが、待ち合わせ時にお互いの場所や状況を連絡するなど、ちょっとしたコミュニケーションを取るには十分でしょう。

Skype

パソコンソフトのイメージが強い通話アプリ、Skypeですが、スマートフォンでも利用可能です。LINEと比べると、通話の質がよいのがskypeのメリットでしょう。また、音声通話だけでなく、ビデオ通話にも対応しており、他のアプリの品質を圧倒しています。

また、LINEのアカウントは電話番号と紐付いているために基本的に1つしか持つことができないのに対し、SkypeはIDを複数持つことができるので、例えば、仕事用とプライベート用にアカウントを使いわけることも可能です。

さらにLINEは音声通話を常時受け入れる体制なのに対し、skypeはログインしなければ、通話を受けることができません。なので、たとえば、休日は意図的に仕事のアカウントをオフしておけば、プライベートな時間を仕事関係の電話で阻害されることもありません。 問題点は、LINEと比べると利用者が少ないことですが、有料機能を使えば、電話番号を持つこともできます。

IP電話アプリで格安スマホの通信料節約

出典: NTT Communications

IP電話アプリの導入も格安スマホで通信料を節約する方法の一つです。無料メッセージアプリの場合、基本的にはそのアプリを使っているユーザー同士でしか音声通話を楽しむことができませんが、IP電話アプリを使えば、新しい電話番号を取得することで、固定電話や携帯電話に電話をかけることができます。ここでは、代表的なIP電話アプリをいくつか見ていきましょう。

050 plus

通信業界において信頼と実績のあるNTTコミュニケーションズが提供するIP電話アプリです。月額利用料金324円を支払うことにより、050から始めるIP電話の番号を取得することができ、その番号を使って通話を行うことができます。

一般的な格安スマホの通話料金が30秒で約20円ほどなのに対し、050 plusを使えば、携帯電話に対しては1分あたり約17円、固定電話に対しては3分あたり約9円で電話をかけることができます。また、050から始まるIP電話の番号同士であれば、通話料金は無料。無料メッセージアプリを使うよりも音質のいい通話が無料で使えるというから驚きです。

携帯電話への通話料金はそこまで安くはなりませんが、固定電話に対する通話料金の安さは魅力的。固定電話にかける機会が多い人にはオススメのアプリです。

SMARTalk

フュージョン・コミュニケーションズが提供しているIP電話アプリ。魅力はなんといっても月額利用料金が無料で使うことができるという点でしょう。 肝心の通話料金ですが、携帯電話に対しても固定電話に対しても、一律30秒あたり約9円。格安スマホで普通に電話するのと比べると、半額以下で通話が可能になります。

また、050から始まるIP電話番号同士の通話は無料。上で紹介した050 plusと比べると、通話料金自体の割引率は低いですが、そもそも月額使用料がかからないので、格安スマホを持っているのなら、とりあえずインストールしておきたいアプリですね。登録も050 plusと比べると格段に楽なのがありがたいです。

電話アプリで格安スマホの通信料節約

出典:楽天でんわ

上で説明してきた、無料メッセージアプリやIP電話アプリを使った音声通話は、普通の電話と比べると、音声の品質が劣ってしまうのが欠点です。音声の質が通常の電話と同じでありながら、なおかつ利用料金を押さえられるアプリが電話アプリになります。ここでは、代表的な電話アプリをいくつか見ていきましょう。

楽天でんわ

電話アプリとして最も有名なのが、インターネット大企業として知られる楽天が提供する楽天でんわです。月額利用料はかかりませんし、元から持っている自分の電話番号のまま電話をかけることができます。そして、楽天でんわアプリを通じて電話をかけることで、電話料金が半額になるのです。

楽天でんわを通じて電話をかけると、相手の電話番号の先頭に特別な番号がつき、それで通話料金が安くなります。相手に表示される自分の電話番号は通常に電話するのと変わらないで、相手に誰かわからくて電話をとってもらえないといったトラブルも起こりません。その点も、IP電話アプリと比較したときのメリットですね。

また、楽天の他のサービスを使っている人にとってメリットなのは、通話アプリを使う事で楽天ポイントが貯まるということ。通話料金で貯めたポイントを日々のネットショッピングに使うことができます。

G-Call

楽天でんわと同様に、自分の電話番号を変える事なく、電話料金を節約できるアプリとしては、他にG-Callというアプリがあります。通話料金は30秒あたり10円なので、こちらも格安スマホで普通に通話することを考えると、およそ通話料金を半額に抑える事ができるというわけです。

楽天でんわとの違いは、通話料金に消費税がかからないというところ。わずかな違いかもしれませんが、ちょっとでも節約する額を多くしたいというユーザーはこちらの方がオススメです。

注意点として固定電話にかけたときに、自分の電話番号が非通知になるということ。仕事なので使いたいと思うユーザーは、知っておく必要がありますね。

格安スマホの通信料節約方法まとめ

以上、格安スマホで通話料を節約する方法を紹介しました。一番賢いのは、上で紹介した3つのタイプのアプリを状況に応じて使い分けるということだと思います。自分が普段どういった用途の音声通話を行うかをじっくり考えてから、導入する節約方法を決めてみてください。

公式サイト: 楽天モバイル