1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの徹底まとめ。初心者向け情報から料金プラン比較までを網羅。
 

格安SIMの徹底まとめ。初心者向け情報から料金プラン比較までを網羅。

telephone-sim-cards
SIM

格安SIMを使ってスマホの料金を今の1/3ぐらいにできると聞いて検討している人は多いです。しかし、『格安SIM』が一体どういったものか分からない!そんな『格安SIM』初心者の方でも『格安SIM』の基本から選び方、乗り換え方法に至るまで、徹底的にまとめた格安SIMの説明書をご用意しました。

格安SIMを使えばスマホの料金を今の1/3にできると聞いた事がある方もいると思います。しかし、『格安SIM』が一体どういったものかよ く分からない人が多いと聞きます。そんな『格安SIM』初心者の方でもわかるように格安SIMの説明書をご用意しました。格安SIMのまとめ、ということで基本情報から料金プランの比較までを網羅しています。

name

格安SIMとは?

スマホの通信代を安くしようと思うと必ず出てくる言葉「格安SIM」、「格安SIM」とは何でしょう?

格安SIMとは?

格安SIMとは通称であり、本来の正式名称は「MVNO(仮想移動体通信事業者)Mobile Virtual Network Operator」です。

本来は高額である通信費用を安くできるプランを取り扱う会社があります。その会社こそがMVNOなのです。そのMVNOの格安なプランと支給され るSIMカードをひっくるめて格安SIMと読んでいるわけです。

SIMカードとは?

格安SIMを知る上で必ず聞く言葉「SIMカード」コレは一体何でしょうか?

SIMカードとは携帯電話等の中にある小さなカード型のチップです。

sim card

この金属チップの部分にお客様契約情報が書き込まれており、この情報をセンターに送信することで契約者を特定しプランによって通信を識別しています。

SIMカードのサイズ

SIMカードには3つの種類があります。

種類は「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類です。

SIMcard

SIMロック解除

今年2015年5月からSIMロック解除義務化施行という話はご存知ですか?

SIMロック解除とは、携帯電話やスマホに組み込まれたSIMロックシステムを解除する仕組みです。SIMロックとは他社のSIMカードで携帯電話やスマホが動かないようにロックをかけています。 このロックにより携帯電話キャリアはお客を囲い込みしてきました。綺麗なデザインやカッコイイデザインの携帯やスマホを発売し、「この携帯が使いたい場合はうちで契約しなくては使えない」という仕組みにしてきたのです。

この仕組みは長い間守られ、それによって携帯キャリアは成功してきましたが、通信料がどんどん高くなってきたところに総務省がSIMロック解除の義務化を発表したのです。

ですので2015年5月移行に発売開始したスマホはSIMロックを解除しなければならなくなりました。

SIMロック解除によるメリット

SIMロックを解除することでどんなメリットが生まれるのでしょうか?

SIMロックを解除すると例えばソフトバンクで購入したスマホをそのままドコモのSIMカードで使う事が可能になります。また、その逆も可能です。もちろんauのスマホにも同じことが可能になります。するとMNP(乗り換え)をする場合でもスマホをわざわざ買い替えることなく簡単に済ます事ができます。さらにはソフトバンクのスマホでもドコモの通信網を利用した格安SIMが使用可能になります。

今までのサービスと格安SIMサービスの比較

今までの携帯キャリアのサービスと格安SIMでは何が違うのでしょうか?

違いはまず、料金が安い事、プランがシンプルであること、契約が長くても1年縛りである事です。

携帯キャリアに比べて深く悩まずに簡単に切替ができます。携帯キャリアだとプランを見落としたりして契約上に失敗が発生しても簡単に解約することができず、あまり使わなくても高額な利用料金を毎月払い続けなくてはなりません。ですので契約の時はとても慎重になります。しかし、格安SIMの場合は毎月の料金も安く、解約までの期間も短く設定されていますので、もし何かあっても損害は比較的軽微で済みます。

  • 料金が安い事
  • プランがシンプル
  • 最低契約期間は1年程度

格安SIMはなぜ安い?格安SIMの仕組み

なぜ格安SIMは安くできるのでしょう?

格安SIMの仕組み

格安SIMは「仮想移動体通信事業者」です。仮想とあります。つまり実態としては基地局やアンテナは持っていません。すべて携帯キャリアからレンタルをしています。比較的安い料金でレンタルをすることが可能になっているため、その分契約プランも安く設定することができるのです。

代表的な格安SIM会社

格安SIMの会社はすでに何十社もあります。下記に代表的な格安SIM会社を挙げます。

  • IIJmio
  • IIJmio(みおふぉん)は、 ドコモ通信網を利用した格安SIMです。格安SIM界では老舗であり、シンプルなプランがウリです。

  • DMMモバイル
  • DMM mobile(DMMモバイル) はドコモ通信網を利用した格安SIMです。最近登場してきた格安SIM会社でビデオオンデマンドの会社DMMが運営しており、業界最安を目指しています。

  • UQモバイル
  • UQ mobile(UQモバイル) au通信網を利用した格安SIMです。KDDIの子会社が運営をしています。プランには通信無制限等の携帯キャリアでは無いプランを取り扱っています。

  • 楽天モバイル
  • 楽天モバイル はドコモ通信網を利用した格安SIM。ネットショッピングで有名な楽天が運営して います。スマホセットに重視を置いたプランを多く展開しています。

  • ぷららモバイル
  • ぷららモバイルLTEは ドコモ通信網を利用した格安SIMです。通信無制限プランを取り扱い安定した通信が可能になっています。

  • mineo
  • mineo(マイネオ) はau通信網を利用した格安SIMです。非常にシンプルなプランで人気があります

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMにはさまざまな会社があり、長所はそれぞれですが共通したメリットやデメリットがあります。

通話オプション

基本的に通話のオプションとして存在するのは留守番電話機能のみになります。

格安SIM会社によっては転送サービスや迷惑電話撃退、キャッチホン 等も用意されています。無料通話オプションや電話カケ放題サービスなどはなく30秒20円が標準となります。

メールサービス

格安SIMではメールアドレスが付与されますが、俗に言うPCメールアドレスになります。

そのため携帯電話キャリアのメールに送信すると迷惑メー ルと判断されて届かない場合が発生します。現在、携帯電話にも問題なく届くメールアドレスを扱っている格安SIM会社はUQmobileのみになっています。キャリアメールが必ず必要な人には障壁となるため、現在、楽天モバイル等では問題解決するように協議を行っています。

アプリ、IDサービス

通常携帯キャリアでは、個人のお客様に固有のIDを作成するようにしています。

ドコモではドコモID、auではauID等です。このIDを通して 携帯キャリア独自のサービスを受けられるようにしています。また、成年、未成年の本人確認もこのIDを通して識別しています。

しかし、格安SIMサービスではこういったIDサービスは行っておりません。そのためアプリの中でも年齢認証が必要なサービスの場合に使用できないことも多々発生します。

ショートメール

携帯電話時代からショートメールという機能がありスマホでもその機能は受け継がれています。ショートメールは2011年に他通信事業社間でも送受信が可能になりました。

それは格安SIMにも受け継がれており格安SIM会社でもショートメールが今までと同様に使えます。

各種アカウントのメール設定

今まで携帯キャリアを使って来た人はキャリアメールで多種多様なサービスを全て登録している人が多いと思います。

キャリアメールは長く使っていたりするので変更する場合にたくさんのサービスの登録変更、さらに友人知人へのお知らせ等大変になります。

メールアドレスが変わるからという理由で乗り換え(MNP)さえも躊躇してしまう人が多いのが現状です。今からでも少しづつサービスの登録はフリーメールへ変更しておきましょう。

選べる料金プラン

格安SIMは携帯キャリアと違い、料金が非常に安くシンプルですが、実は携帯キャリアよりも様々なプランがあり選びがいがあるのです。

基本的には「音声通話+データ通信」「データ通信のみ」の2種類があり、データ通信には複数のパターンが用意されています。

標準プラン、定額プラン

月間に使用する通信量を選んで契約する一般的なタイプです。500MBや1GB、3GBから15GBまで様々なプランが容易されています。

無制限プラン

通信量を無制限に設定しているプランです。携帯キャリアには存在しなかったプランです。月間通信量は無制限に使えます。その代わりに通信速度が制限されていたりします。場合によって標準プランと使い分けると良いでしょう。

二段階プラン

携帯キャリアでも設定されていた二段階プランです。一定量の通信は最低金額で使えますが、一定量を超えると上限金額までは従量制となります。

二段階制プラン

低速プラン

通信速度は最低の128K〜200Kです。ですが500円前後で通信ができます。メール等のテキストの送受信がメインの人専用のプランです。

オプション

格安SIMでは携帯キャリアよりも充実したオプションが用意されています。

テザリング

携帯キャリアと同じようにテザリングが追加料金の必要なく使用可能です。ですが、使うスマホの機種次第でテザリングが使えない場合もあります。

速度切替スイッチ

格安SIM会社では、無駄な高速通信を抑える事で運営を保っています。そのため利用者には任意で通信速度を切り替えられるアプリを容易している会社があります

このアプリを利用すると、高速通信が必要な場合のみに高速通信を使い、必要の無い時は高速通信をせずに低速通信するようになります。低速通信時には契約した月間通信料量を消費せずに済みます。従って通信量の節約にも繋がり、事業者も高速通信で逼迫することなく、双方にメリットを出しています。

バースト機能

低速通信時にホームページを見るとなかなか読み込みが進まず遅い場合があります。その場合に活躍するのがバースト機能です。

バースト機能はインターネット接続開始から数秒間のみLTEの高速通信を行います。もちろんその間の高速通信量の消費はありません。ですが、数秒間の高速通信でホームページの大半を読み込むため遅延がすくなく快適にホームページを閲覧する事が出来ます。格安SIMならではのサービスになります。

音声通話サービス

格安SIMでも音声通話が可能です。格安SIMのプランには「音声通話+データ通信」「データ通信のみ」の2種類があります。携帯キャリアのよう に必ず音声通話を契約しないといけない必要はありません。

音声通話サービスの料金

音声通話サービスの料金は30秒20円前後となっています。現在では携帯キャリアのようなカケ放題サービスはありません。

音声通話半額サービスアプリ

通常は30秒20円の通話料金ですが、半額にするサービスもあります。

IIJmioではみおふぉんダイアルというサービスがありこのサービスを利用すると通話料が30秒10円と半額になります。

楽天からも楽天でんわというサービスがありこちらも30秒10円で使えます。いずれも会員費等は必要ありません。楽天でんわはどの格安SIMを利用していても、携帯キャリアを契約していても利用可能になっています。

フリーメールサービスを利用しよう

格安SIMの多くは携帯メールサービスが使えません。そのため格安SIMを利用する場合はフリーメールを利用する必要があります。

キャリアメールが使えない

格安SIMではメールアドレスの付与サービスはあるものの、携帯電話宛にメールをすると迷惑メールとして着信拒否されてしまう場合が多々あります。

そのため格安SIMを利用する場合はフリーメールを登録して利用する必要があります。

フリーメールを利用する方法

フリーメールでは一番人気のあるGmailがオススメです。

Gmailはandroidスマホを利用している方は必ず使っていると思います。さらにGmailを利用していると他のGoogleのサービスが使えます。Googleのサービスはビジネスから生活にまで幅広く使えますので、もしもGmailを利用していない方がいましたら是非Gmailを利用するようにしましょう。

Gmailアカウントの作り方
http://www.ajaxtower.jp/gmail/account/index1.html

光インターネットセット割

携帯キャリアでは家庭でのインターネットとセットでの販売をはじめました。

ドコモ光

ドコモではNTT光とセットのドコモ光を始めました。ドコモのスマホとドコモの光インターネットをセットで利用すると利用料金の割引が受けられるサービスを実施しています。

スマートバリュー

auでは携帯キャリアの中でいち早くスマホとインターネットのセット割りであるスマートバリューを始めました。このスマートバリュー利用者は1410円が毎月割り引かれるといった特典がついています。

IIJmio光セット割

IIJmio光セット割りはIIJmioの提供するインターネットサービスとIIJmioの格安SIMサービスをセットで利用すると割引が受けられるようになっています。セット割りの料金は600円となっています。

その他の光セット割り

IIJmioだけでなく他社格安SIMでも光セット割りを展開しています。OCN モバイル ONE でも光インターネットとのセット割りがあります。niftyでも同じく光セット割りを実施しています。今後も光セット割りを実施する格安SIM会社は増えていくでしょう。特別な理由が無い限りは光セットを利用した方が毎月オトクになります。

使える機種と使えない機種

格安SIMを利用する場合にスマホは必須の条件になります。しかし、スマホによっては使えるもの使えないものがありますので注意が必要です。

iPhone

iPhoneでも格安SIMの利用が可能です。しかし、利用が可能なのはドコモから発売されているiPhoneと、auから発売されている iPhone5以降の物に限ります。ドコモのiPhoneはIIJmio等のドコモ通信網を利用した格安SIMで利用が可能です。au版iPhoneの場合はmineo、UQmobileで利用が可能です。しかしiPhone5の場合はios6.1.4であること、 iPhone5s/5cの場合はios7.Xであることが条件になります。ios8にアップデートしてしまったau版iPhoneではSIMの認識ができず使用できません。

もしも、au晩iPhone ios8でも格安SIMで利用しようとするのであればSIMロックの解除が必要になります。

Android

AndroidもiPhoneと同じくドコモ、auのスマホにおいて格安SIMの利用が可能です。ただし、ドコモのAndroidスマホの多くは格安SIMで利用するとテザリングが利用できなくなってしまいます。注意しましょう。

Windows Phone

Windows Phoneは携帯キャリアから発売されているものが少ないのが現状です。そのためインターネットショップからWindows Phoneを購入する必要がありますが、その多くはドコモ通信網を利用した格安SIMのみ対応になっています。

スマートウォッチ

まだ普及してはいませんが、スマートウォッチでも格安SIMは利用できます。国内で販売されているスマートウォッチはまだ少ないのですが、 SumsunのGearS等があり、格安SIMでも利用は可能になっています。

格安SIMの速度

格安SIMの通信速度は理論上の最高速度が携帯キャリアと同じ速度になっているものの、格安SIM会社によって大きく差があります。

代表的な格安SIMの実効速度

代表的な格安SIMの通信速度は以下になります。

  • IIJmio
  • 平均速度としては10M前後になります。
    ですがお昼や通勤時間等は1M前後まで速度が下がる事があります。しかし、バースト機能のおかげかそこまで遅いと感じない場合もあります。

  • OCN
  • 平均速度は10M前後です。お昼の時間や通勤時間は1M前後まで下がります。

  • UQmobile
  • 平均速度は15M前後です。お昼や通勤ラッシュの時間でも平均速度5M前後で格安SIMの中でも速度が速い方になります。

格安SIMとキャリアサービスの速度比較

携帯キャリアと格安SIMを比べた場合、朝8時台、お昼、午後5時前後に大きな差が出ます。

携帯キャリアではどの時間でも数MBの通信速度が維持できますが、格安SIMでは1MB前後の速度に下がってしまう場合が見受けられます。これは格安SIM会社の持っている設備によりますが、どの格安SIM会社でも大元の携帯キャリアよりは速度が下がってしまう傾向にあります。

乗り換え(MNP)の方法

格安SIMに乗り換える方法は携帯キャリア間で乗り換える方法と変わりがありません。しかし、携帯キャリアでは専門のスタッフが説明や手続きをしてくれるのですが、格安SIMの場合は全て自分で行う必要があります。

乗り換え手順

乗り換える場合の手順は以下になります。

  1. 現在契約中の携帯キャリアのお客様サポートに電話をします。そこで「MNP予約番号」を取得しましょう。これは携帯ショップでも可能です。
  2. インターネットから格安SIMのホームページで契約手続きをします。
  3. SIMカードが届いたら格安SIMホームページでMNP予約番号を入力し、回線切り替えを行いましょう。この手続きをアクティベーションといいます。

以上の3点で乗り換えは完了します。

解約料金

携帯キャリアの解約料金は一律で9500円+消費税になります。しかし、契約してから短期間の間に解約や乗り換えをした場合は解約料金+ペナルティー料金が発生します。ペナルティー料金が発生するのは約6ヶ月以内となります。

MNP料金と事務手数料

乗り換えの際、MNP番号予約が必要になります。MNP番号予約には費用がひつようになります。費用額は2000円+消費税となります。さらに、格安SIM会社で新しくSIMカードを発行する場合、義務手数料として3000円+消費税が必要になります。

APN設定方法

格安SIMを契約しSIMカードをスマホに装着してもそれだけでは使えません。APN設定が必要になります。この設定をするとどこの格安SIMで 契約して、どういったプランを使っているのか判別され接続許可が下りる仕組みになっています。

IIJmioを申し込みしてみました
http://simchange.jp/iijmio-sim-signin/
4.APN設定を参照

格安SIM徹底まとめ

以上格安SIMについて説明しました。

格安SIM徹底まとめ

格安SIMは料金的なメリットを重視しており、その分オプション面等で弱い部分もありますが、ある程度のことは解決できるようになっています。少し不便を伴っても料金が現在の1/3になるのであれば格安SIMのメリットの方が大きいと感じる人もいるのではないでしょうか?

下記の診断からたくさんの格安SIMプランを見る事ができますのでチャレンジしてみてください。