1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMへ電話番号そのままで移行!MNP活用方法のまとめ
 

格安SIMへ電話番号そのままで移行!MNP活用方法のまとめ

pixta_14702212_M
SIM

格安SIMへ移行したいけど電話番号はそのまま使えるのかと思っている方も多いでしょう。格安SIMでもMNP制度を利用することができます。今回は格安SIMならではのポイントも交えながら解説します。通話プランでおすすめのMVNOもご紹介しますよ。

格安SIMへ移行したいけど電話番号はそのまま使えるのかと思っている方も多いでしょう。大手キャリアでお馴染みのMNPは電話番号を変えずに移行することができますが、格安SIMでもこの制度を利用することはできます。今回は格安SIMならではのポイントも交えながら解説します。通話プランでおすすめのMVNOもご紹介しますよ。

MNPを利用すれば電話番号そのままで格安SIMを利用できる

スマートフォン

現在では自宅に固定電話を設置せず、携帯電話だけを利用する人も増えてきました。そのようなユーザーにとっては、携帯電話の番号が変わると様々なサービスで電話番号変更手続きをしなければならず、大変な手間がかかります。

そこで電話番号を変えずに移行できる仕組みとして誕生したのがMNP(Mobile Number Portability)です。ドコモ・au・ソフトバンクの3社間を移行する際に利用する制度として広く認知されてきましたが、格安SIMへ移行する際にもこの制度を利用することができます。格安SIMでも携帯の電話番号を変えずに移行できますので、ぜひ利用するべきサービスです。

MNPの手順

pixta_13307846_M 具体的なMNPの方法・順序について見ていきましょう。

MNP転出手続き

MNPの手順としてまずは現在契約している携帯会社に転出手続きを取ります。ドコモ・au・ソフトバンクで受付方法・時間に違いがあります。電話とインターネットがありますが、引き留めなどを心配される方はインターネットでの受付をお勧めします。「MNP予約番号」が発行されますので、控えておきます。

格安SIMを契約

格安SIMを契約します。「MNP予約番号」には有効期限があるため、どこの格安SIMを購入するかはMNP転出手続きを取る前に決めておくのはおすすめです。

購入するSIMについては、音声通話付きSIMを選ぶことに注意してください。データ通信SIMでは音声通話ができません。申し込み時には以下が必要となります。

  • MNP予約番号
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

SIMカードだけでなく、スマホ端末も新しくしたい場合は、SIM+スマホがセットになった格安スマホのプランを選びます。MVNO(通信事業者)ごとに購入できる端末はさまざまですので、自分が利用したい端末という視点でMVNOを選ぶのも1つの方法です。

格安SIMの設定をして利用開始

申し込みから数日たつと自宅に格安SIMが届きます。SIMカードを端末に挿して、設定作業を行います。設定作業内容については、同封されている説明書を読めば簡単に行うことができます。情報を正確に入力する必要があるため、焦らずに行ってください。設定作業が終われば端末がデータ受信を開始し、利用開始となります。

MNPでの注意点

契約するSIMカードが現在の端末で使えるかは必ず確認しておいてください。スマホも同時に新しく契約するならば問題ありません。

携帯電話のメールアドレスは、契約する会社が変わると使用できなくなります。LINEなどのアプリを活用しましょう。

音声通話関連でおすすめのMVNO

格安SIMのMVNO選びには安さ・速度・安定性・オプションなどさまざまな視点があります。音声通話という観点で考えたときのおすすめのMVNOをご紹介しますので参考にしてみてください。

楽天モバイル

出典:楽天モバイル 公式サイト

格安SIMでは音声通話のオプションに弱みがあるとされていた中、「5分間かけ放題オプション」をスタートしたのが楽天モバイルです。オプション料金の月額850円(税別)を支払えば、5分以内の国内通話が月内で何回でも利用できます。

楽天モバイルは格安SIM業界ではユーザー数がトップクラスの大手で、サービスの充実化に力を入れているMVNOです。お得なキャンペーンも豊富に行っていて、楽天ユーザーにはさまざまな特典もあります。楽天関連のサービスをよく利用している方は、格安SIMでも楽天モバイルを選んでみてはいかがでしょうか?

公式サイト:楽天モバイル

DTI-SIM

出典:DTI SIM 公式サイト

DTI-SIMは「ドリーム・トレイン・インターナショナル」が2015年にサービス開始したMVNOで、データ通信し放題と電話かけ放題の両方を揃えています。電話かけ放題は楽天モバイル同様、月額のオプション料金を支払うことにより5分間の通話が利用し放題になります。オプション料金は月額780円(税別)と、楽天モバイルよりやや安くなっています。

また、電話かけ放題に3GBのデータ通信容量が付いた「でんわ定額プラン(3GB)」というプランもスタート。後発のMVNOとして、先発の大手に負けないようなサービス・価格を設定しているのが特徴的です。今後にも要注目のMVNOの一つと言えるでしょう。

公式サイト:DTI-SIM

MNPを活用して電話番号そのままで格安SIMへ

電話番号を変更せずに格安SIMに移行するためのMNP利用方法について解説しました。MNP転出手続き自体は大手キャリア間の移行の場合と何も変わりません。格安SIMが届いた後、設定作業を自分で行う必要はありますが、短時間で済む簡単な内容です。

通話がお得なMVNOも色々とありますので、さまざまなMVNOを比較してピッタリのところを見つけてください。当サイトのプラン診断もおすすめですよ。