1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMはなぜ安い料金で利用できるのだろう?
 

格安SIMはなぜ安い料金で利用できるのだろう?

pixta_20291436_M
SIM

格安SIMがなぜ安いのか?それはキャリアの通信回線を安く借りてたくさんの人に使ってもらうという新しい方法が利用できるからです。格安SIMはこれからもどんどん安くなっていくのです。

格安SIMの料金がなぜ安いのかご存知ですか?格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクの回線を安く使わせてもらっているからです。安い料金で借りたものをたくさんの人に使ってもらうから安いのです。通信料金は格安SIMのような料金体系が本来の姿なのです。

格安SIMの料金はいくら?

格安SIMの料金の相場を知っていますか?ドコモやau、ソフトバンクが毎月6,000円前後なのに対して、格安SIMは2,000円前後で利用できるのです。

格安SIMの3GBの通信料金は900円が平均

格安SIMの通信料金はプランごとに料金が違いますが、だいたい3GBで900円程度です。キャリアの場合は2GBで3,500円。キャリアは通信容量が少ないのになぜか3倍以上の料金が発生します。

 
ドコモ
mineo
楽天モバイル
電話基本料金2,700円700円700円
パケット料金2GB 3,500円3GB 900円3.1GB 900円
SPモード300--
合計6,500円1,600円1,600円

実は1MBや1GBに対しての通信料金の相場というものが定まっていません。通信事業者が自由に価格を決めていいのが今の日本のルールです。従って1GB10,000円という値段をつけることも可能です。

通信は事業者にとって価値があると思われればそれに相応した料金を設定します。通信はドコモ、au、ソフトバンクでは非常に価値が高い商品ということなのでしょう。

格安SIMの電話基本料は700円が平均相場

格安SIMの電話の基本料金は700円前後が平均的な料金です。

では、ドコモやau、ソフトバンクではどうなのかといいますと、電話かけ放題ではない電話基本料金は2年縛りの場合一番安い時期で780円でした。電話に対しても格安SIMは若干安いですね。

今は電話かけ放題が当たり前となっているので電話料金は1,700円〜2,700円が相場となっています。

電話をたくさん使う方にとっては嬉しいプランなのですが、あまり使わない人にとっては損にしかならないプランです。

キャリアと格安SIMの違いは?

ドコモ、au、ソフトバンクであるキャリアと格安SIMの違いは料金プランの選択の仕方に現れています。

電話を基本として考えているキャリアでは必ず電話プランを契約した上でデータ通信も契約させる方式です。

格安SIMの場合はデータ通信を基本として考えており、データ通信を契約しないと電話の契約ができないようになっています。キャリアと格安SIMでは電話とデータ通信に対する考え方に違いがあるということです。

キャリアは電話を使ってもらう電話通信事業として始まった会社ですから電話を一番に使いやすくリーズナブルな価格で提供することを主眼としています

格安SIMの場合はインターネット事業から始まった会社ばかりが運営しており、インターネットをもっと使いやすく、リーズナブルな価格で提供することを主眼としています

キャリアの通信料金は容量ごとに変化する

キャリアの通信料金は一定ではありません。

ドコモの料金を見てみますと、2GBが3,500円、5GBが5,000円、8GBが6,700円、10GBは9,500円と1GBに対しての料金がバラバラです。

たくさん使ってくれる人に対してはお得感を出しているようですが、シニア向けのらくらくパックでは200MBで2,000円もします。

つまり、1GBの料金が一定ではなく、ある程度の料金を一人一人から徴収しなくてはならない状況があるということになります。

格安SIMの通信料金は容量によって均一

一方格安SIMの場合は1GBの料金がある程度均一になっています。

IIJmioでは3GB900円、6GBが1,520円、10GBの場合は2,560円です。1GBの料金を考えた場合253円〜300円の間となっています。これは他社の格安SIMでも同じ程度の料金です。

格安SIMの料金が安い理由

では格安SIMがなぜ安いのか、その理由を追ってみましょう。

キャリアが高いのは基地局や収容局などの維持費が高いから

ドコモ、au、ソフトバンクの料金は月額で6,500円ほど必要です。割引などの優遇策で安くなっている方ももちろんいますがプランから考えるとこれが本来の料金です。

毎月6,500円もの料金を売り上げないといけない理由はどんな理由があるのでしょうか?

それはドコモ、au、ソフトバンクが保有する人件費や新規技術開発、基地局、収容局の維持、メンテナンスに高額なお金が必要になるからです。 いくつもの基地局を日本全国に作り、日々メンテナンスをして、さらに販売や販促物、CMなどを製作しますからお金が必要になります。

そして常に新しい技術を開発し、さらなる社会への貢献を心がけているためでもあります。こうしたキャリアの努力の結集が今の通信技術になっているのです。

格安SIMは基地局や収容局を持っていない

キャリアとは違い格安SIMは基地局や収容局を持っていません。格安SIMは独自に施設を持つ必要がないのです。格安SIMの会社が必要になるのはデータの送受信を適切に仲介する通信設備が必要となるだけですのでキャリアのように高額なお金が必要になることはありません。

また、では通信に必要な基地局や収容局はどうしているのかというと、ドコモ、au、ソフトバンクの通信回線を借りることでまかなっています。

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアから通信回線を借りるということは基地局や収容局の設備も借りるということになります。格安SIMの人が実際に基地局や収容局で作業をするということはありませんが、利用させてもらうという契約になっています。

格安SIMがキャリアから通信設備を借りる場合通信の量で費用が決まります。1Gbpsや10Gbpsといった単位で借りますが、この通信量は一瞬の間に通信できるデータ量です。

この借りられる通信量に対して何人の人が通信することができるかを計算し割ったのが格安SIMの料金プランということになります。

キャリアから借りる料金は回線を独自に作って維持する料金よりも破格の値段です。ですので料金プランも大変安くなり今では1,000円程度でスマホが利用できるようになっているのです。

MVNOとMNOの話

格安SIMと呼ばれているのは「MVNO」が正式名称です。キャリアと呼ばれるドコモ、au、ソフトバンクは「MNO」と呼ばれます。

MNOは通信施設を持っている会社、MVNOは通信施設を持っていない会社と考えたら簡単です。

スマートフォンがインターネットに接続する場合、スマートフォン→基地局→光ファイバー接続→MNO収容局→MNOインターネット接続設備となります。

MVNOの仕組みMNO

格安SIMを利用している方の場合はスマートフォン→基地局→光ファイバー接続→MNO収容局→POI→MVNOインターネット接続設備 となります。

MVNOの仕組みMVNO

MNOの場合にはないPOI(相互接続点)という設備を一つ挟むのが格安SIMの特徴ですが、このPOIで格安SIMが契約した通信量にデータ量を落とす作業が行われます

このPOIはキャリア(MNO)にはないのでデータ量を落とされることも絞り込まれることもありません。もしも、格安SIM(MVNO)がこのPOIが必要ないくらい回線を借りた場合は通信速度が速くキャリアと同等になるでしょう。

しかしその場合は料金が高額になってしまいます。このPOIの絞り込みがあるため料金が安くなっているのです。

格安SIMはなぜ安い料金で利用できるのだろう?まとめ

格安SIMはなぜ安い料金で利用できるのだろう?をまとめました。

格安SIMはなぜ安い料金で利用できるのだろう?まとめ

格安SIMがなぜ安い料金で契約できるのか紹介しました。格安SIMの仕組みを知ると安さも納得できますね。

格安SIMでも快適な通信サービスを届けるため日夜技術の進歩に励んでいますので安心して契約ができます。

料金が安く満足できる格安SIMサービスをどうぞご契約ください。