1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホは海外での利用も便利!利用方法とおすすめ機種
 

格安スマホは海外での利用も便利!利用方法とおすすめ機種

pixta_17153139_S
格安スマホ

出張や旅行で海外に良く出かけるという方におすすめなのが、格安スマホを利用して、SIMカードを海外利用できるものにするという方法です。海外でも格安スマホを活用して、お得に通話・データ通信を利用しましょう。

出張や旅行で海外に良く出かけるという人で、行くたびにスマホの設定が色々と面倒という人もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、格安スマホを利用して、中のSIMカードを海外利用できるものにするという方法です。海外でも格安スマホを活用して、お得に通話・データ通信を利用しましょう。

海外出張・旅行で格安スマホを利用する方法とは

pixta_18684574_S

格安スマホを海外で利用する方法は主に2種類あります。国際ローミングに対応している国内通信事業者のSIMカードを利用する方法、現地のプリペイド式SIMカードを利用する方法です。

国際ローミング対応の国内通信事業者のSIM

各MVNOが出している国際ローミング対応のSIMなら、国内と同一の電話番号で待ち受けをすることが可能です。

OCN モバイル ONE」、「楽天モバイル」、「mineo」などでは国際ローミング対応のサービスを実施しています。このSIMを使えば海外でも通話ができるというわけです。

ただし、国際ローミング対応SIMの場合、データ通信はほぼ対応していません。「UQ mobile(UQモバイル) 」や「mineo(マイネオ)」などでは、「データ通信SIM」を選べば海外でSMS送受信は能となりますが、それ以外の本格的なデータ通信は不可能です。

現地のプリペイド式SIM

海外からの渡航者のためにプリペイド式SIMを販売している国も増えています。このSIMならばデータ通信を便利に利用できるので、渡航先でデータ通信を頻繁に行う必要があるという方はこのSIMを利用すると良いでしょう。

マカオなど、国によっては空港にプリペイドSIMカードを販売している自動販売機があり、その場でお金を払えばすぐに購入することが可能です。

国によって周波数が特殊なことがあります。現在主流の3Gであれば2GHz帯に対応している端末なら問題なく利用できますが、アメリカなど特殊な周波数の場合はそれに対応した端末が必要ですので注意しましょう。

海外での格安スマホ利用で注意するべき点とは

pixta_16517061_S

国際ローミングは音声通話のみ対応

前述したように、国際ローミング対応のSIMといえど、音声通話・データ通信のすべてを対応しているわけではありません。

通信事業者によって異なりますが、データ通信には対応していない場合が圧倒的に多いです。よって国際ローミング対応SIMの場合は、音声通話を主に利用することになると考えた方が良いでしょう。

厳密にはデータ通信ができるタイプのものもあるのですが、法人用となっているため個人で契約することはできないものがほとんどです。

また、国際ローミングでも公衆無線LANを利用すればネットワークに接続してデータ通信を行うこともできますが、公衆無線LANがどの程度整備されているかは渡航先によって大きく異なります。想定していたような利用ができない可能性もあります。

海外でデータ通信も頻繁に行うという人は、現地のプリペイド式SIMを購入した方が良いでしょう。

利用料金に注意

海外で国際ローミングを利用すると、現地の通信会社の回線を使用することとなります。

通話料・通信料は現地通信会社の設定に応じて課金されますので、国内利用とは料金が異なってくることに注意してください。現地のプリペイド式SIMも当然、現地の通信会社の料金設定に準ずることになります。

国際ローミングでの通話料金は、概して国内料金よりも高くなっています。渡航先で電話を受けるだけでも着信料金がかかります。また、滞在国内から滞在国内への電話をかけた場合、電話を受けた側にも着信料金が発生します。

料金発生の仕組みは受発信のパターンによってさまざまなので、このあたりは予めドコモなどのホームページで確認しておくことをおすすめします。

海外利用に便利な格安スマホ機種はどれ?

SIMカードを国内用・海外用で何回も入れ替えるのはちょっと面倒なもの。国内用と海外用のSIMカードを2枚装着しておけると大変便利ですよね。

「デュアルSIM端末」の格安スマホならば、普段は国内のSIMを利用し、海外渡航前に現地で使うSIMをあらかじめ調達して装着できます。SIMカードを入れ替える必要がなくてとっても便利!「デュアルSIM端末」のおすすめ機種を2つご紹介します。

HUAWEI P8lite

出典:P8lite 紹介ページ

ファーウェイ社の売れ筋の格安スマホ。スペックとしてはそこそこのレベルではありますが、10,000円台という低価格で購入可能なのが魅力的です。この価格を考えるとコストパフォーマンスが非常に良い機種と言えます。

デュアルSIMに対応しており、2つのスロットの設定を切り替えながら使用します。この機能を使用するための画面が「デュアルカード設定」で、とても理解しやすい内容なので初心者でもそれほど迷うことがないでしょう。どちらのスロットのSIMが有効になっているのかが明確に理解できます。

P8liteを購入できる通信事業者!

ASUS ZenFone2 Laser

出典:ZenFone2 Laser 紹介ページ

格安PCの分野でも有名なASUS社による大ヒット格安スマホです。機能的にバランスが取れていて20,000円台で購入できるので、この機種もコストパフォーマンスが高いという定評があります。

機種名のとおり、「レーザーオートフォーカス」がカメラ機能として搭載されているのが特徴的です。動きの速い被写体や暗いところでの撮影など、ピントを合わせにくいようなシチュエーションでも問題なく撮影が可能です。

SIMカードスロットも2つありますから、状況によって切り替えて利用できます。

ZenFone2 Laserが購入できる通信事業者!

海外でも格安スマホを活用しよう!

pixta_18754318_S

海外で格安スマホを利用する方法について解説しました。国際ローミング対応SIMと現地のプリペイド式の2種類がありますので、自分の利用方法に応じたSIMを選ぶとよいでしょう。

通話・通信に関する料金は現地の通信会社の設定に準ずることになりますから、くれぐれも国内と同様だと勘違いせず、事前に確認することをお勧めします。

海外利用を頻繁にするユーザーならば、SIMカードを2枚搭載できる「デュアルSIM」タイプの機種がおすすめです。国内用と海外用でSIMカードを2枚搭載しておけば、いちいちカードを入れ替えなくてよいので便利ですよ。