1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホ入門!初心者が抑えておくべきポイントのまとめ
 

格安スマホ入門!初心者が抑えておくべきポイントのまとめ

pixta_19370765_M
格安スマホ

格安スマホは、大手三大キャリアの契約者が伸び悩む中、急激に利用者が増加しています。魅力的だけどよくわからないという方に向けて、今回は格安スマホの入門情報をまとめました。これを見れば格安スマホのおおよその全体像はバッチリ把握できますよ。

テレビCMやネット広告で頻繁に目にする格安スマホは、大手三大キャリアの契約者が伸び悩む中、急激に利用者が増加しています。料金がかなり安くなるのは魅力的だけどよくわからないという方に向けて、今回は格安スマホの入門情報をまとめました。これを見れば格安スマホのおおよその全体像はバッチリ把握できますよ。

格安スマホ入門その1 そもそも格安スマホとは?

pixta_12938349_M

一般的に格安スマホとは、通信料金が非常に安くなる格安のSIMカードと、どのSIMでも対応できるSIMフリーの端末の組み合わせのことを意味しています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3台キャリアのスマホには「SIMロック」がかけられており、他のSIMカードを挿せないようになっています。このロックがないスマホがSIMフリー端末と呼ばれていて、どの通信事業者のSIMカードでも利用できるというわけです。

一定の条件のもとで、ドコモ・au・ソフトバンクでSIMロックを解除する手続きをとることができます。どのキャリアでも180日経過後からロックを解除できるようになっていますから、今まで使っていた端末をSIMフリーにして格安スマホとして利用する手もあります。

一方、乗り換えるのをきっかけに新しい端末に変更したいという方は、SIMフリーの端末とSIMカードを別々に新規購入するか、SIMフリー端末とSIMカードのセットを新規購入するという方法があります。

格安スマホ入門その2 格安スマホはどれだけ安いのか?

pixta_15987252_M

スマホの端末や契約プランの内容によってどの程度やすくなるのかはケースバイケースですが、格安スマホのほうが格段に安くなることがほとんどです。

3大キャリアの場合、端末の分割料金・データプラン・基本通話料の合計でおおよそ月々8,000円~10,000円前後を支払っているユーザーが多いと言われています。一方の格安スマホでは、普通の契約内容なら月額2,000円~4,000円に収まることが多いです。およそ50%~70%も安くなるため、3大キャリアよりも圧倒的にコストを下げることが可能なのが魅力的です。

ただし、3大キャリアに当たり前に用意されているかけ放題のプランは、格安スマホでは用意している業者は限られています。通話をよく利用するという方は、通話し放題のオプションが用意されている業者が良いでしょう。

格安スマホ入門その3 格安スマホの選び方

pixta_20744511_M

格安スマホ選びでは、スマホ端末の選択と契約する事業者・プランの選択を考える必要があります。

スマホ端末

自分がスマホで何をよく利用するかを考え、それに即した格安スマホ端末がどれかを調べましょう。ゲームや動画閲覧など負荷が大きい機能を普段から利用するなら、CPUやバッテリー容量など基本的なスペックが標準よりもランクが上の端末を選んだほうが良いです。一方、メールやLINEなどのテキストのやり取りや軽いネット閲覧を利用するぐらいなら、標準的なスペックで十分でしょう。

契約する事業者・プラン

契約プランを考えるにあたっては、まずデータ通信量を把握しましょう。現在の契約プラン内容によらず、普段自分がどれだけ通信量を把握することで選ぶべきプランが明確になります。複数の通信事業者で同じ通信料でどの程度料金が異なるのかを比較してみましょう。

事業者によってさまざまな取り組みを行っており、通信速度を改善したりつながりやすさを確保したりといったものがあります。自分の希望内容にあった取り組みを行っている事業者を選ぶとよいでしょう。また、かけ放題オプションや家族でのシェアプランなど、利用方法によってはお得になるオプションもあります。自分や家族の使い方でお得になる事業者・プランを調べてみてください。

格安スマホ入門におすすめの端末・事業者

pixta_13496914_M

端末もプランもいくつもあるから、比較検討が大変という方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方のために、スマホ端末の機能面と通信事業者のプラン内容から、おすすめの格安スマホプランをいくつかご紹介します。通常の使い方であれば問題なく利用でき、料金もお得になる格安スマホです。

楽天モバイル / ZenFone Go

出典:楽天モバイル公式ページ

さまざまなキャンペーンを打ち出して注目を集めている楽天モバイルでの、ZenFone Goの契約です。

ZenFoneは機能面とお手頃価格のバランスが非常によく取れているブランドで、格安スマホではかなり人気があります。このZenFone Goは5.5インチの大画面で3,000mAhというバッテリー容量も多めのモデルで、端末価格が22,000円前後と非常にお得です。老若男女問わずどんなユーザーでも使いやすい機種です。

また、楽天モバイルは5分間かけ放題オプションがあるのも見逃せません!

公式サイト:楽天モバイル

DMM mobile / Huawei GR5

出典:DMM mobile 公式ページ

特定の時期だけ安いのではなく、常に低価格料金であることで評判が高いDMM mobile(DMMモバイル)。格安スマホでおなじみのメーカーHuaweiのGR5を契約するプランです。

GR5はメタリックで高級感のあるボディ、高いCPUのレベルやバッテリー容量など一般的な格安スマホよりも1つ上のレベルにある機種です。さらに指紋認証センサーがついていてカメラは1300万画素!これだけのスペックが33,000円前後で入手できるのでコスパが良いと高い評判を獲得しています。格安スマホでちょっとスペックが高いものがいいという方におすすめ。

DMM mobileはデータ容量のプランが多彩で変更しやすいです。データ容量を使い切ってしまった後も高速通信を短時間保つバースト機能があるのも魅力的です。

公式サイト:DMM mobile

格安スマホの入門情報で、基本レベルの知識はバッチリ!

pixta_12486246_M

格安スマホの入門として知っておくべきポイントを解説しました。3大キャリアの料金が高いとご不満の方も、格安スマホの魅力を知っていただけたかと思います。

格安スマホはさまざまな通信事業者が競争しており、安さだけではなくサービスレベルもどんどん上昇しています。いまだ進化中と言っていいかもしれません。賢く通信料金を節約できる格安スマホ、この機会に乗り換えを検討してみてください。

公式サイト:楽天モバイル

公式サイト:DMM mobile