1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホのケース選び!おすすめのタイプはどれか?
 

格安スマホのケース選び!おすすめのタイプはどれか?

pixta_13725392_M
格安スマホ

格安スマホに乗り換えたらケースも買い替えたいものです。さまざまなスマホケースが出ている中、今回は格安スマホで使用するケースをタイプ別にご紹介します。それぞれの特徴を把握して、自分向きのものを選んでくださいね。

格安スマホに乗り換えたらケースも買い替えたいものです。スマホを保護してくれるケースは万が一落としたときでも本体を守ってくれて、大事なスマホの画面にひびが入る可能性もぐっと減ります。今回は格安スマホで使用するケースをタイプ別にご紹介します。それぞれの特徴を把握して、自分向きのものを選んでくださいね。

格安スマホで使えるケースはバリエーション豊富!

pixta_11555193_M

格安スマホは機種のスペックや特徴に始まり、各通信事業者のプランの内容や特典など、検討する項目がいくつもあります。さまざまな情報を比較検討する中で、もう一つ気に留めておいていただきたいのが、格安スマホが届いてからのこと。いざスマホが到着した後にも、ユーザーによっては色々な準備が必要な場合があり、その一つがスマホを保護するケースです。

スマホのケースはいまや大半の人に利用されており、スマホを傷つけないように保護してくれるお役立ちアイテムです。液晶保護フィルムとともに欠かせないという人も多いのではないでしょうか?

日本ではiPhoneの普及率が高いことから、iPhone向けにはさまざまなメーカーから多種多様なケースが販売されていますが、格安スマホではandroidになります。では、android向けのスマホケースはどんなものが販売されているのでしょうか?

格安スマホで使うケースの代表的なタイプとは?

結論から言うと、androidだからと言って特に使えないタイプというのはありません。デザインは別として、タイプであればiPhoneユーザーが使っているものと同じものが使えると考えて問題ありません。

iPhoneがおおよそ世の中に普及し頭打ちと言われる中、今は格安スマホの市場のシェアがじわじわ上昇している状況です。そのような背景もあってandroidでも使えるスマホケースがどんどん充実していっているのです。

ではスマホケースの代表的なタイプとその特徴をご紹介します。

ハードケース型

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スマホにパカッとはめこむ硬いケース型で、取り外すのが簡単で価格もリーズナブルなものが多いです。自分好みのデザインのケースを色々と買い揃えて、その日の気分で付け替える楽しみ方ができます。一つのケースだけだと飽きてしまうから色々なものを装着したいという方ならこのタイプが良いでしょう。また、耐衝撃性もなかなかあり、画面に傷がつきにくいです。

デメリットとしては、スマホにピッタリ合うサイズを選ばなくてはならないということです。せっかくいいデザインがあっても、自分のスマホのサイズに対応していないということがあるかもしれません。また、スマホを変えた場合、ちょっとサイズが違うだけでも使えなくなる可能性もあります。違う端末に変えたらケースも全部変えてもいいという方におすすめと言えるでしょう。

手帳型

pixta_18296893_M

ここ数年で急激に利用者が増えてきたタイプで、電車内などでこのタイプを使っている人を見かけることも多いのではないでしょうか。特に女性に人気があるタイプで、上品でスッキリしているデザインが魅力的です。

このタイプを利用するメリットは、全機種対応のものが多いため使い勝手がとても良いということです。ほかのタイプだとサイズが違うと使えなくなる場合もあるのに比較して、手帳型なら格安スマホが小さくても大きくても使えます。自分のお気に入りのケースをある程度長く使用したいという方におすすめと言えるでしょう。また、全機種対応でサイズ選びの必要がありませんから、ひとまず取り急ぎスマホを保護したい場合に購入するということも可能です。

一方で、ケースの金具が破損してしまうとケースとして使えなくなってしまうので、荒い取り扱いをしないように注意を払う必要があります。また、手帳型はスマホだけでなくさまざまなカードも収納できるメリットがありますが、スマホと一緒にカードも一気に紛失してしまうという事例がけっこうあるようです。

ポシェット型

pixta_17018222_M

袋に入れて密封するタイプのスマホケースです。ほかのケースよりも耐衝撃性に優れているため、特にスマホをがっちり保護したいというシチュエーションに向いていると言えます。例えば屋外ライブ・フェスや、レジャーなどアウトドアのシーンです。衝撃性に加えて水や湿気も防いでくれますから、防水・防塵機能がない格安スマホにもピッタリです。

注意点としては、密封することからどうしても熱処理に負担がかかるということです。スマホの温度が上がりやすく、放熱処理を頻繁に行うようになり、結果として電池の容量が減るのが早くなる可能性があります。この現象を防ぐためには、スマホを定期的にケースから取り出して温度を下げ、熱がたまらないようにすることが必要です。

格安スマホのケースでおすすめなのはどのタイプ?

pixta_17857163_M

しょっちゅうスマホをいじることはなく、耐衝撃性を重視したいという方にはポシェット型がおすすめです。スマホをすぐに取り出しづらい欠点はありますが、がっちり保護してくれるケースなので大抵の衝撃・汚れは問題なく防いでくれます。

サイズ選びが面倒で人気のあるものを手軽に利用したいという方は手帳型がおすすめです。カードなど収納物を落とさないように注意する必要はありますが、丁寧に取り扱うことを心がければ大きく破損することもなく、問題なく使えるでしょう。全機種対応なのでサイズを気にする必要がないのはとても魅力的です。

ケースは着せ替え感覚で楽しみたいし、スマホを変更したらケースも全部買い替えることになってもいいという方にはハードケース型がいいでしょう。その日の気分で色々なデザインが楽しめて耐衝撃性もけっこう優れています。低価格で色々なものを買えるメリットもあります。

格安スマホはケース選びも楽しもう!

pixta_11747991_M

格安スマホで使うケースをタイプ別にご紹介しました。スマホの機種選びやプラン選びと同様に、ケースについてもスマホの利用方法によって適切な保護ケースは異なるということをご理解いただけたかと思います。

耐衝撃性・デザインの豊富さ・スマホの利用頻度など、キーになる項目を検討したうえで自分に適切なタイプを選択するとよいでしょう。格安スマホへの乗り換えを検討するときには、ケース選びもお忘れなく!