1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMに乗り換えたらiPhoneの保証はどうする?
 

格安SIMに乗り換えたらiPhoneの保証はどうする?

壊れたiPhoneのズーム画像
SIMフリースマホ

iPhoneの保証がなくなってしまっても大丈夫!ドスパラの「モバイルセーフティサービス」を使えばiPhoneの修理代を免除してくれます。愛着のあるiPhoneの保険を見直してみましょう。

格安SIM乗り換えた時に気になることの一つにiPhoneの保証があげられます。契約していたドコモ、au、ソフトバンクの契約を解除して格安SIMに乗り換えるのですからiPhoneの保証もなくなります。さてその場合どうしたら保証してもらえるんでしょう。実は「モバイルセーフティサービス」という画期的な保険があるんです!

iPhoneの保証がなくなったらどうすればいい?

iPhoneの保証ってすごく大事ですよね。落として割れたり、水に濡れてしまったり・・・保証ってみなさんどうしてますか?

iPhoneの保証はAppleCare+がある

iPhoneの保証サービスはApple社がサービスするAppleCare+という保証サービスを利用します。

ですが、このサービスはiPhoneを購入してから30日以内しか加入できず、加入しても全額保証してくれることはありません。

ドコモ、au、ソフトバンクを解約したらiPhoneの保証はなくなる

ドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneを契約しても基本的にAppleCareは2年しか保証がありません。さらに2年経たずにドコモ、au、ソフトバンクを解約するとAppleCare+は解約になってしまいます。保証サービスが全くない状態になるんです。

iPhoneを壊してしまいがちな例

iPhoneを損傷させてしまう例が沢山あります。

  • iPhoneをポケットから取り出す時に落としてしまって画面を割ってしまう
  • 喫茶店でコーヒーをこぼしてiPhoneが濡れてしまう
  • 小さな赤ちゃんがiPhoneを舐めてしまう
  • レジャー中にiPhoneを水の中に落としてしまう
  • トイレでiPhoneを落としてしまう

など様々なことで簡単にiPhoneは壊れてしまいます。そのためいろんなケースが売ってますがなかなか完全にiPhoneを守ってくれるケースは無いですね。

保証がなくなったiPhoneの修理代はすごく高い

保証がなくなった場合のiPhoneの修理代は高額です。iPhone自体がすごく高い分交換パーツも高くなるので仕方ないのですが・・・画面の端っこが割れても画面全部取り替えです。

修理に2万円近くかかります。高くて画面が割れたまま我慢して使う方の気持ちも分かりますね。

スマホやiPhoneの保証はドスパラ「モバイルセーフティサービス」

そんな不慮の事故で傷ついたiPhoneをAppleCare+以外でも保証してくれるサービスがありました。

モバイルセーフティサービス

自作パソコンやオリジナルパソコンを販売しているドスパラにモバイルセーフティサービスがあります。

モバイルセーフティサービスは毎月一定の金額を支払ってiPhoneが壊れた場合にその修理料金をお見舞金として出してくれる保険サービスです。

このサービスは2年経過したiPhoneでも保証に加入ができるサービスです。iPhoneはソフトバンクが取り扱いしていたiPhone 3Gでも可能です。ですが、おそらく交換パーツが手に入る場合のみの可能性があります。

モバイルセーフティサービス

モバイルセーフティサービスサポートセンター電話番号 0570-028-120

モバイルセーフティサービス保証条件

モバイルセーフティサービスの保証には条件があります。

保証ができるiPhoneはドコモ、au、ソフトバンクから購入したiPhone、またはApple Storeから購入したiPhoneが保証の対象です。ドコモ、au、ソフトバンクを解約したiPhoneでも保証は可能です。格安SIMで利用しているiPhoneでも保証を受けられます。購入から何年経っていても基本的には保証対象です。

ただし、ヤフーオークション、中古、譲ってもらったiPhoneでは保証対象にはなりません。また、保証をする場合にも購入時の保証書が必要です。

モバイルセーフティサービス料金

モバイルセーフティサービスの料金は月額680円から加入できます。

保証プラン
月額料金
お見舞い金
通常プラン680円30,000円
通常プラン+ワイドオプション780円40,000円
通常プラン+スーパーワイドオプション830円50,000円

iPhoneの場合は上限40,000円の保証を受けられるとだいたいの場合の修理には対応できるかと思います。

注意として、保証開始は加入から3ヶ月経過した後から開始になります。また、保証は何度でも受けとれますが、前の破損保証から180日経過しなければ次の保証は受け取れません。修理は公式修理メーカーでなければいけませんので、iPhoneの場合はAppleに修理を依頼し、修理をした内容を書面にしてもらう必要があります。街のiPhone修理屋さんでは保証対象外となります。

モバイルセーフティサービス保証内容

モバイルセーフティサービスで保証される内容は物理的な破損です。

水没、画面や外装の破損、起動不良の場合に修理の対象となります。OSの不具合等は保証対象外になる場合もあるので、保証の詳しい内容はサポートセンターに問い合わせるのがいいでしょう。

補足

インターネットから申し込みをすることができますが、申し込みの項目に「サービスにご加入される端末情報の入力」があります。そこでキャリアを選択することになるのですが、格安SIM等を使っていても購入した元のキャリアを選択することになります。Appleから直接購入した場合はその他になります。

格安SIMに乗り換えたらiPhoneの保証はどうする?まとめ

格安SIMに乗り換えたらiPhoneの保証はどうする?をまとめました。

格安SIMに乗り換えたらiPhoneの保証はどうする?まとめ

格安SIMに乗り換えた場合のiPhoneの保証はドスパラのモバイルセーフティサービスを使いましょう。2年以上使ったiPhoneでも修理料金を出してもらえるようになります。不慮の事故で壊れてしまうiPhoneを我慢して使わずキチンと修理して使いましょう。