1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. スマホと格安SIMカードでIP電話を使って賢く節約しよう。
 

スマホと格安SIMカードでIP電話を使って賢く節約しよう。

チョーク電話
スマホ

スマホで電話ならLINE電話やSkype電話が便利ですが、格安SIM でLTEを使うと格段に使いやすく値段も安くなったIP電話をご紹介します。

格安SIMカードを契約するとき、電話をつけるかどうかなど、プランで悩みますよね。電話はあまり使わないけれど無いととても不便。余り使わないからお金をかからなくしたい。 そんなみなさんに普通の電話ではなくIP電話の選択肢を紹介します。格安SIMでIP電話を使いこなしましょう!

name

電話プランの今まで

今まで携帯電話を使用していた人は多いでしょう。友人と電話するため、恋人と電話するため、あるいは家族にすぐ連絡がとれるようにするため。
携帯電話は連絡を取りたい人にすぐに繋がる、直接繋がるというその安心感に多くの人が魅力を感じて瞬く間に普及しました。
携帯電話番号である090、080番号を持っていない人は少なくなり、今では、番号を一人で2つや3つ持っている人も散見されます。

IP電話とは

そんな携帯電話とは別にインターネットと共に発達してきた電話があります。 それがIP電話です。

これはデータ通信をベースとした電話です。インターネット通信電波に音声を乗せて会話をします。
050から始まる番号を取得し、固定電話、携帯電話に電話をすることができます。また、この同じサービス業者で通話すると無料で通話が可能になります。また、固定電話や、携帯電話と通話しても通話費用がNTT等と比較して格段に安いという特徴があります。
みなさんが良く利用しているSNSアプリのLINE、これもそうです。
このIP電話は、固定インターネット回線にサービスとして付加されてきていましたが、見慣れない番号なため使う機会も少なく今まで使う人は多くはないのが現状でした。

初期のインターネット電話

データ通信を使った電話は、インターネット初期時代からありました。
しかし、インターネット通信速度が遅く、安定しなかった頃はすぐに通話が切れたり声が伝わらなかったり、とても満足に使えるようなものではありませんでした。
しかし、ADSLが普及したころから見直されるようになり、Skypeなどの音声チャットが知られるようになりました。

どのくらい使えるの?

その中で今では光通信が主流となり、電波もLTEとなり速い通信が可能になり音声に遅延がなくなってきました。
数年前までは、スマホでデータ通信での電話をしても音声が上手く伝わらなかったりしていました。 ここ最近からサービスが開始したLTEによってさらに格段にIP電話は使いやすくなりました。
現在では遅延や停滞も少なくデータ通信で電話が使えるようになっています。

サービスの種類

現在ではIP電話の種類が増えてたくさんあります。 みなさんがよく使っているLINEにも通話機能がありますが、その機能もIP電話の一部です。 他にはSkypeなどとてもたくさんあります。

このサービスの良いところはスマホで使っても携帯電話番号での通話に比べ格段に値段が安いのが特徴です。そのためスマートフォンの料金を制約するのにとても良いアイテムです。 現在スマートフォンでよく使われているサービスにはSkypeをはじめ050plusや、fusionsmart、LINE電話 などが有名です。

データ通信のみで電話ができてしまうIP電話。それぞれ特徴を挙げてみましょう。

Skype

Skypeは現在Windowsを作った会社MicroSoftがサービスを展開しています。 Skypeユーザー同士であれば無料で世界中の人と通話ができます。さらにそのSkypeサービスに月額プランやSkypeクレジットというサービスがあります。月額プランを契約したり、プリペイド方式で通話利用料金をチャージして使います。

Skypeでの電話を契約すると専用の番号が付加されて使用可能になります。主な料金単位は€(ユーロ)またはC(セント)になります。

Skypeの日本国内通話料金
2014年12月現在のレートです。
プリペイド料金
1.7セント/1分
月額プラン
60分 1.5セント/分 89セント/月
月額プラン
120分 1.4セント/分 1.69ユーロ/月
月額プラン
400分 0.90セント/分 3.49ユーロ/月
日本への無制限プラン
通話無制限 4.99ユーロ/月
世界中どこでもプラン
通話無制限 10.49ユーロ/月
月額プラン
60分 6.7セント/分 3.99ユーロ/月
月額プラン
120分 6.7セント/分 7.99ユーロ/月
となっています。 ユーロやセントは日本国内の方はあまりなじみが無いため躊躇される方も多いでしょう。しかし、世界各国ではこのSkypeが共通で使われています。 また1ヶ月無料のお試しもあります。 Skypeは料金を支払って利用するという形よりもSkypeアプリ同士で会話する方法がメジャーです。スマホにインストールしておいて損はないでしょう。

050plus

こちらはSkypeと違って国内大手NTTのサービスになります。 専用の050番号を取得し、スマホだけでなくタブレットからの電話も可能になります。 また、通常のIP電話では使っている回線を効率的に使えなかったりして音声遅延が多く発生したりして会話が途切れたり、通話しづらかったりしますが、050Plusは独自の技術でこの欠点を回避し他社よりも良い通話品質を保つように努力しています。

050plusの日本国内通話料金
2014年12月現在
月額基本料
324円
050plus同士
通話無料
固定電話宛
8.64/3分
携帯電話番号宛
17.28/1分
時期により変わりますが現在では、OCNどっとフォン300とセットで月額料金を永年無料にしたり、2ヶ月無料キャンペーンを実施しています。キャンペーン実施中に申し込むとお得だと思います。

Fusion

こちらも国内のIP電話サービスになります。 こちらのサービスは月額費用が要らず、留守番電話や着信転送、非通知、着信拒否などの通話オプションサービスが0円で使用可能です。必要になる料金は通話料金のみです。登録しておいても使わなければ0円なのでとりあえずのお試しもできます。

Fusion IP-Phoneの通話料金
2014年12月現在
月額基本料
0円
Fusion同士の通話
通話無料
IP-Phone同士の通話
通話無料
国内の固定電話
8円/30秒
国内の携帯電話
8円/30秒
国内の050番号
8円/30秒
国際電話
8円/30秒(非課税)
登録時に100円分の無料通話がついてきます。まず、IP電話がどんなものなのかお試しをされる方には1番にこのFusionを使ってみるのが良いと思います。

LaLaCall

こちらのサービスはMVNOのmineo(マイネオ) やインターネットプロバイダのeo光の加入者には特典で月額基本料金が0円になります。 また、2014年12月現在では月額基本料金3ヶ月無料も実施しています。

LaLaCall日本国内通話料金
2014年12月現在
月額基本料
100円
LaLaCall/eo光電話/無料050IP電話
通話無料
国内の固定電話
8円/3分
国内の携帯電話
18円/1分
国内の050番号
7.4円/3分
国際電話
6円/1分(非課税)
mineoやeo光加入者は登しておいて損はないサービスだと思います。

その他のサービス

また、この他にもIP電話のようなサービスがあります。みなさんがよく使っているLINEです。現在、スマホの通信はLTEという高速通信が可能になっているため電話を扱うアプリも増えてきました。その中でもLINEは知り合い同士であればLTEを使って便利に電話ができます。こういったサービスも積極的に利用してみましょう。

まとめ

このように今までの携帯番号にこだわらずもっと節約したい方にはオススメの電話サービスまで登場しました。格安SIMとIP電話は相性もよいですね。 格安SIMカードに加えて格安電話プラン。限りなく節約することであなたはもっと充実したスマートフォンライフを送れるようになります。
どんどん節約してもっと有意義にお金を使って快適な生活を送りましょう。

さぁ、あなたにふさわしいSIMカードプランを探してみましょう。