1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iOS9のWifiアシスト対策にはIIJmioがおすすめ!
 

iOS9のWifiアシスト対策にはIIJmioがおすすめ!

wifiアシスト
SIMフリー

新しいiPhone6sが発売されて1ヶ月近くが経ちましたが、iOS9の新機能Wifiアシストに問題が発生していますが、格安SIMのIIJmioを使えば問題が全て解決します!

新しいiPhone6sが発売されて1ヶ月近くが経ちましたが、iOS9の新機能Wifiアシストに問題が発生していますが、格安SIMのIIJmioを使えば問題が全て解決します!ということで今回はIIJmioとWifiアシストを中心にみていきましょう。

name

iOS9のWifiアシスト問題

iOS9にはWifi通信環境が良くない場合、3G/4Gにすぐ切り替えるアシスト機能があります。しかし、そこに問題が発生しているようです。

Wifiアシスト

家庭、職場、街中、あらゆる場所で便利なのが無線LAN。みなさんがWifiと呼んでいる物になります。iPhoneにはこのWifiを使ってインターネットができるようになっており、通信を無料で可能にします。iOS9に搭載された新機能のWifiアシストはこれらのWifiが非常に遅い場合や、電波が弱い場合に、Wifiを切断して、3G/4Gのモバイル回線を使うように切り替える機能です

Wifiアシスト問題点

このWifiアシスト機能を使っていると、iPhoneを使ってインターネットしていた場合、Wifiを使っていると思っていたのに気がつくと3G/4G回線になっていて、大量の通信量を消費してしまっていたりします。

特にYoutubeをたくさん見て終わった後に気がつくと3G/4Gになっていたなんてなるともう通信制限になっていたりして頭を抱えてしまいます。

このWifiアシスト機能は設定からOFFにすることも可能ですが、街中でiPhoneを使う場合は非常に助かります。街中のでiPhoneを使ってインターネットしている時、何故か通信が遅くイライラしていると、遠くのWifi電波を拾っていた、なんて事が多くあります。

今は別にWifiいらないし、こんな弱い電波じゃ通信できないのに…。そんなことありませんか?ですから街中ではWifiアシストを使いたい人もいるのですが、いちいち切り替えるのも面倒。もっと思うように便利にならないかな…って思ってしまいました。

格安SIMの機能で全て解決

アシストになっているようで、迷惑だったりするWifiアシスト機能。使う使わないは人それぞれですが、使いたいけど、いつの間にか通信制限まで使っていたら…ドキドキしながらiPhoneを使わなければならないのはストレスです。

でも、格安SIMのIIJmioを使うとそんな問題はなくなります。

格安SIMのIIJmioには帯域制限がない

大手携帯キャリアは3日間で3GBだったりを使ってしまうと通信が遅くなる通信制限があります。ですから、あんまりどんどん使うことが出来ません。WifiアシストをOnにしていてWifiだと思っていたのに、うっかりモバイル回線でどんどん通信していたりしたら次の日にはびっくりするくらい通信が遅くなっていたりします。

でも、格安SIMのIIJmioならそんな問題はありません。IIJmio(みおふぉん) では、高速通信、いわゆる普通のモバイル回線通信を使う場合には通信制限が全くないのです。

つまり1日に3GBつかっても10GBつかってもお金さえ払えば高速通信ができます。

Wifiアシストが予期せぬ働きをして通信を全部消費してしまっても、追加で通信量を格安チャージすれば、また高速通信ができます。

大手携帯キャリアではそうもいきません。追加チャージしても通信制限は解除されないのです。

また、追加チャージの料金は大手携帯キャリアよりももちろん格安になっています。つまり、iOS9を使う人には格安SIMIIJmioがベストマッチなのです。

格安SIMのIIJmioにはわざと低速通信にするスイッチ機能がある

格安SIMのIIJmioにはもう一つ機能があります。

上記のように追加チャージを使う手もありますが、IIJmioには高速通信を使いたくない場合、自分で低速通信に切り替えるスイッチ機能があります。

この低速通信に切り替える機能、ターボ機能と言いますが、これが便利です。
大手携帯キャリアにはない機能の一つで、メールを送受信したり、ちょっとTwitterを見たりLINEを使ったりするのに高速通信はいらない場合があります。でも大手携帯キャリアのように高速通信しか無い場合はLINEもTwitterもメールも通信容量を消費しながら使うしかありません。

でもターボ機能を使って低速通信で通信を行うと、通信容量は消費されずにメール、LINE、Twitterなどをすることができます。

つまりタダ。

いくらWifiアシスト機能が電波が弱いからと3G/4G回線に切り替えてももはや関係ないのです。通信容量を消費しないので。

じゃあ、動画を見るときはどうなんだ!って思いますよね?Youtubeなんかの動画を見るのには高速通信が必要です。さすがに低速通信では見れません。

しかし、Wifiで見てるはずなのに、何故か動画が止まったりすると気がつきます。あれ?おかしいな?確認すると低速通信にした3G/4G回線になっていたら、おおーっと危ない、と注意を払うことができます。 つまり、うっかりモバイル回線で高速通信を思わぬ消費で使ってしまうことを防げるのです。

このターボ機能を使ったら節約にもなりますし、うっかりミスを防ぐこともできるのです。

iOS9のWifiアシスト対策には格安SIMのIIJmioを使おうまとめ

iOS9のWifiアシスト機能問題対策をまとめました。

iOS9のWifiアシスト対策には格安SIMのIIJmioを使おうまとめ

格安SIMのIIJmioを賢く使うと通信容量節約、思わぬ通信容量消費も防げて、何一つストレスの無いiPhoneライフを送ることができます。 せっかく搭載された新機能ですから有効に使いたいですよね。 みなさんも下記から格安SIMのIIJmioを購入して賢くiPhoneを使いましょう。