1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 今人気のIIJmioのSIMはとても便利!
 

今人気のIIJmioのSIMはとても便利!

IIJmioみおふぉん
SIM

ドコモの格安SIM、IIJmio。大人気の秘密はとことん節約できるプランと使える機種が豊富な事にあります。

みなさんは格安SIMが話題になっていることを知っていますか?テレビや雑誌を日々賑わせている通信業界ですが、今は格安SIMが一番の人気キーワードです。その格安SIM界でも人気のIIJmioのSIMを紹介しましょう。

name

IIJmioって何?

IIJmio(みおふぉん) はMVNOというスマートフォンで使うSIMカードを提供している会社です。いわゆる格安SIMですね。docomoの回線を使用したサービスを展開していますので、エリアも広く安心して使えます。 格安?安かろう、悪かろう?そんなことはまったくありません。ちょっと中身を覗いてみましょう。

IIJmioの優れたリーズナブルなプラン

まず1番に気になるのはお値段ですね。 IIJmioはさすが人気の格安SIMということもありお値段もリーズナブルです。

IIJmio通話音声付きプラン
プラン名
内容
月額料金
内訳
ミニマムスタートプラン音声通話付き1600音声通話700円+インターネット接続通信料900円
ライトスタートプラン音声通話付き2220音声通話700円+インターネット接続通信料1520円
ファミリーシェアプラン音声通話付き3260音声通話700円+インターネット接続通信料2560円

説明をすると、音声通話付きのプランはミニマムスタートプラン、ライトスタートプランファミリーシェアプランと分かれています。
ミニマムスタートプランは電話番号による音声通話と通信容量は2GBが使えます。月額料金は1600円。
次にライトスタートプランは電話番号による音声通話と4GBの通信容量が使えます。月額料金は2220円。
そしてファミリーシェアプランは電話番号による音声通話と7GBの通信容量が使えます。月額料金は3260円/1人になります。
また、ファミリーシェアプランは家族で一つの通信容量をシェアすることが可能になります。SIMカードは3枚まで発行できます。ですが、他社からMNPする場合は、一つの番号にしか使えないため、家族で乗り換えてファミリーシェアプランを使うことはできません。あとの2回線は新規番号割り当てしかできなくなっています。

IIJmioデータ通信専用プラン
プラン名
内容
月額料金
内訳
ミニマムスタートプラン音声通話なし900インターネット接続通信料900円
ライトスタートプラン音声通話なし1520インターネット接続通信料1520円
ファミリーシェアプラン音声通話なし2560インターネット接続通信料2560円
音声通話がないデータ通信プランの方はミニマムスタートプランは通信容量2GBで900円。 ライトスタートプランが通信容量4GBで1520円。 ファミリーシェアプランが通信容量7GBで2560円となっています。

また、データ通信専用のプランの方でSMSをオプションに付ける場合は月額140円が必要になります。

また、追加クーポン(追加チャージ)は100MBが200円で購入できます。 さらには、追加クーポンカードがローソンで購入できたりしますので、ちょっとローソンに寄ってチャージできるのもいいですね。

クーポン名
容量
金額
備考
追加クーポン100MB200円毎月最大30回ので購入可能。有効期間は購入から3ヶ月
クーポンカード500MB1500円店頭で購入が出来ます。有効期間は購入から3ヶ月
クーポンカード2GB3000円店頭で購入が出来ます。有効期間は購入から3ヶ月

IIJmioの通信速度について

次に気になることといえば通信速度ですね。

通信速度はdocomo系のスマートフォンと同じLTEでは、通信速度150Mbpsが使用可能です。また、LTEエリア外であれば3G通信が可能になります。

LTE 下り最大速度
150Mbqs
LTE 上り最大速度
50Mbps
3G下り最大速度
14Mbps
3G上り最大速度
5.7Mbps
になります。

また、月間契約通信容量を超えた場合は通信速度が最大下り速度200Kbpsに制限されます。
さらに、月間契約通信容量を超えといる場合と高速通信をOFFにした場合、最大下り速度200Kbpsでの通信になりますが、その状態で3日あたりの通信量が366MBを超えた場合は更なる通信制限が加わります。
更なる通信制限がかかった場合はおそらく、何一つ通信ができないほどの低速状態になるようですが、高速通信容量を追加して高速通信で使用すれば元の使い勝手に戻るようです。

IIJmioで使えるスマートフォンは?

そして、次に気になることといえば、使える機種ですね。

対応のスマートフォンはAndroid、ios共に使えるようです。
ただし、docomoから購入したAndroid系のスマートフォンではテザリングができない場合が多いようですね。

人気のiphoneでは基本的には問題なく使えるようです。

契約最低利用期間は?

そして、解約の際の料金です。

音声通話ができないSIMプランの方は、最低利用期間としては利用開始日の翌月末までとなっていますが、解約料金はかからず、利用した料金を請求されるようになっています。
そして、音声通話付きのSIMプランの方は12ヶ月を基本最低利用期間として、利用した月数を引いた数字×1000円となっています。
(12ヶ月-使用した月数)×1000円
12ヶ月を過ぎるといつ解約しても問題ないようです。

IIJmioが人気の理由

IIJmioは格安SIM界ではとても人気です。その人気の理由を調べてみました。

実際の利用速度は?

IIJmioは最大下り速度150Mbqsとなっていますがそれは理論値です。実際の速度はその基地局を使用している回線数や環境で大きく変わります。
だいたい10Mbpsほどの速度が出ていれば良い方だと思いますね。

だいたい朝8時あたりから10時くらいまでは5〜10Mbpsあたりですが、お昼の時間12時〜13時過ぎるまではすごく低速になります。だいたい300Kbpsくらいまで落ち込みます。
ピークを過ぎるとまた速度が速くなるようですね。
夜の時間帯で遅くなるのは18時前後ですね。1Mbps程度の速度になってしまいます。
その後は5Mbpsあたり前後ですね。

これは東京のとある場所での速度になります。実際の速度は地方によっても変わりますのでご注意下さい。

便利な機能1.バースト機能

IIJmioにはすごく便利な機能があります。

それはバースト機能です。

このバースト機能とは、高速通信をOFFにして、200Kbps通信を、行っていても遅すぎて通信がなかなか終わらないといった不便が無いように工夫された技術です。
その工夫は通信開始から数秒間は200Kbpsの速度を150Mbpsの速度に上げて一気にデータを読み込ませてしまい、そして200Kbpsに速度を落とす機能です。 始めは読み込みが速いということです。 ですので、ページの表示がゆっくり少しづつ表れるのではなくテキストなどの情報の少ないものはすぐに表示ができて、読んだり探したりがすぐに実行できます。 待ち時間が少なくて快適にインターネットができる機能です。 バースト機能図

この機能はとても便利でIIJmioユーザー全ての人に無償で付いてくる機能でなので、この点だけでもIIJmioをおすすめしてしまいますね。

便利な機能2.高速通信ON/Off機能

また、便利な機能に高速通信の切り替えができるようになっています。

何気なくホームページを見たりブログを読んだり・・・そんな何気なくスマホを触っただけで通信容量を消費してしまいます。
だったらもっと必要なときだけに高速通信するようにしたい。そんなユーザーの声を反映した機能がこの高速クーポン切り替えです。
アプリを通じて高速通信をON/OFFするだけで切り替えができ、高速通信が必要なときはON、不必要なときはOFFにできます。 月間通信量の節約ができてしまう便利な機能です。

注意点すべき点

良いところを述べてきましたがやはり少しは注意点があります。

メールアドレスについて

多くの格安SIMカードも全て同じなのですがメールアドレスに問題があります。

通常今までの携帯電話やスマートフォンで使っていたメールアドレスですが、何の設定もなく送れば相手に届き、返信があれば普通に受信します。

ですが、MVNOの場合はこの普通の送受信ができません。
というのも、@docomo.ne.jpや、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpのようなメールが付属していなかったりしますので、GmailやYahoo!メールのような無料のメールで送受信をする必要が出てきます。また、付属のメールアドレスがあった場合でも携帯電話、ドメイン一覧に登録がされてないために迷惑メールと判断されて届かず削除されてしまっている場合がよくあります。

これを回避するにはSMSオプションで電話番号によるメッセージの送受信を行うか、または、相手に受信許可設定をしてもらうということが必要になります。
これからは、キャリア間を移動したりMVNO事業社を入れ替えたりすることはどんどん増えますので、どの会社の契約でも使えるのでようにGmailなどの一つのメールアドレスに絞って使用するようにしていく方がよいかもしれませんね。

お昼の時間帯の通信について

また、上の実際の利用速度でも書きましたが、お昼の時間がとても通信が遅くなります。これはdocomoやauも同じなのですが、インターネットを使う人が多くいると回線をみんなで分けて使っているために一人一人に行き渡る回線が少なくなり速度が遅くなります。
これはIIJmio内での回線整備にもよりますが、通信業界全体の今後の課題となっています。 特に他のMVNOでは全く通信できないこともありますが、まだ、少しでも通信できるIIJmioはしっかり整備しているということも言えますね。

IIJmioのプランまとめ

IIJmio のプランを紹介してきました。少しまとめてみましょう。

まとめ1
料金はデータ通信であれば900円から利用可能。
まとめ2
音声通話は700円をプラスで利用可能。
まとめ3
通信速度は他社よりも安定している方。
まとめ4
バースト機能があること。
まとめ5
高速通信の切り替えができること。
まとめ6
メールアドレスを使う際は注意が必要なこと。

以上IIJmioの便利なSIMカードを紹介してきました。
みなさんも今から便利なSIMプランのあるIIJmioに変えませんか?
下のシミュレーションをすればあなたに最適なプランが見つかります。

スマートフォンをもっと快適に使いましょう。