1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IIJmioのファミリーシェアプランは複数枚MNPが可能!
 

IIJmioのファミリーシェアプランは複数枚MNPが可能!

iijmiohead
SIM

格安SIM「IIJmio 」は、2015年3月17日から「ファミリーシェアプラン」の追加SIMカードのMNP転入の受付を開始しました。これにより、2枚目、3枚目のSIMにMNP転入が可能になり、MNP転入しやすい環境になりました。

株式会社インターネットイニシアティブが展開する格安SIM「IIJmio」は、2015年3月17日から「ファミリーシェアプラン」の追加SIMカードへのMNP転入の受付を開始する、ということを発表しました。サポート体制に定評があり、数あるMVNOの中でも特に人気の高いIIJmioへのMNP転入がますます利用しやすい環境になります。

name

ここではIIJmioのファミリーシェアプランの概要と、今回の変更点についてまとめました。

IIJmioのファミリーシェアプランとは

ここではIIJmio(みおふぉん) の「ファミリーシェアプラン」の概要に ついてご紹介します。

IIJmioのSIMと料金プランのあらまし

IIJmioの格安SIMには「音声通話機能付きSIM(みおふぉん)」「SMS機能付きSIM」「データ通信専用SIM」の3種類があります。そしてその全てに月間のデータ通信容量2GBの「ミニマムスタートプラン」、同じく4GBの「ライトスタートプラン」、同じく7GBの「ファミリーシェアプラン」という3つの料金プランがあります。

本稿で取り上げるのはこの中の「音声通話機能付きSIM(みおふぉん)」の「ファミリーシェアプラン」になります。

公式サイト:IIJmio 音声付きSIM

 IIJmio音声通話機能付きSIM
出典:Internet Initiative Japan Inc.
  

高速データ通信容量の7GBを最大3枚のSIMでシェア出来る

このファミリーシェアプランを簡単にご説明すると、「月7GBまでのデータ通信容量を最大3枚のSIMカードでシェア出来る」というものです。

ファミリーシェアプランの料金を見ると「3260円~(月額料金2560円+音声通話機能付帯料700円/枚)」となっています。つまりこれは1枚のSIMカードでファミリーシェアプランを利用した時の料金です。使うSIMカードが1枚増えるごとに月々の料金は700円ずつ加算されます。つまり2枚なら3960円、3枚なら4660円が月々掛かることになります。

これは家族間でデータ通信容量をシェアすることを想定されているものですが、もちろん1人で1枚のSIMで7GB使ってもいいですし、1人で3枚のSIMをもらって「スマホに1枚、iPadに1枚、iPadminiに1枚」という形で3つの端末に挿して使うことも可能です。

なお、ファミリーシェアプラン申し込み時にSIMカードは3枚までもらうことが出来ます(1枚でも2枚でもOK)。ただし後からSIMカードの追加を追加する場合は1枚あたり2000円掛かります。追加する際はSIMカードのサイズを「標準」「micro」「nano」の3種類の中から選ぶことが出来ます。また、SMS機能と音声通話機能は付帯の有無を選択することが出来、付帯する場合はそれぞれ140円、700円が月々加算されます。

つまり追加する2枚目、3枚目のSIMの種類やサイズは、1枚目のSIMに縛られることはありません。仮に1枚目が「音声通話SIM(micro)」だとして、2枚目が「データSIM(nano)」、3枚目が「SMS機能付きデータSIM(標準)」でも全く問題ありません。この辺りの組み合わせの自由度は特筆すべきものだと思います。

公式サイト:IIJmio 音声付きSIM

IIJmioのファミリーシェアプランで複数枚のMNPが可能に!

2015年3月17日から、他社(3キャリアや他のMVNO)の利用者がIIJmioへMNPで転入する際に、ファミリーシェアプランの追加のSIMカードへ乗り換えることが可能になります。

今までは「1枚目」にしかMNP転入出来なかった

今までIIJmioのファミリーシェアプランに他社からMNPを使って転入しようとした場合、1枚目のSIMに対してしか転入することが出来ませんでした。

例えばドコモとauで音声通話が出来る回線を1回線ずつ持っていた人が、「ドコモの番号をIIJmioに移転させ、ファミリーシェアプランを申し込もう」と思ってMNP転入したとします(この時点ではSIM1枚)。しばらく経ってIIJmioの使い勝手が良いので、ファミリーシェアプランにもう1枚音声通話機能付きのSIMを追加して、ここにauの番号を移転させよう!と思った時にどうなるか、というと・・・

出来ませんでした。ファミリーシェアプランにMNPで転入出来るのは、あくまでも1枚目のSIMのみに限られていたからです。

しかしこれが2015年3月17日から出来るようになります。これによって例えば家族3人でドコモを使っていたものを、全員まとめてIIJmioのファミリーシェアプランにMNP転入する、というようなことが可能になります。また、既にIIJmioを使っている人がファミリーシェアプランにプラン変更して、2枚目、3枚目に追加したSIMに家族をMNP転入させる、というようなことも出来るようになります。

 IIJmioファミリーシェアプラン
出典:Internet Initiative Japan Inc.   

ただし何点が注意が必要です。

まず、ファミリーシェアプランの2枚目、3枚目のSIMにMNP転入が可能なのは「ファミリーシェアプランを新規申し込みする時に同時に2枚目、3枚目のSIMカードを申し込む時」と「今現在ファミリーシェアプランを契約している人が2枚目、3枚目のSIMを追加する時」に限られます。

今現在ミニマムスタートプランやライトスタートプランを使っている方がファミリーシェアプランへ変更する際、プラン変更と同時に2枚目、3枚目のSIMのMNP転入を申し込むことは出来ません。まずはSIM1枚の状態でプラン変更を申し込み、翌月1日にプラン変更が完了した段階でSIMカードを追加してMNP転入を申し込む、という形になります。

また、1契約で複数回線の転入を行う場合、転入元の回線名義とIIJmioの回線名義が同一である必要があります。例えばご主人名義で契約しているIIJmioのファミリーシェアプランの2枚目、3枚目に奥さん名義、お子さん名義で契約しているドコモの回線をMNP移転させようとする場合、まずはドコモで奥さん名義の回線とお子さん名義の回線をご主人の名義に変更した上でMNP転出手続きをする必要がある、ということです。

SIMカード交換でもMNP転入も可能になった

なお、ファミリーシェアプラン限定の話しではありませんが、同じく2015年3月17日から「SIMカード交換でのMNP転入」も可能になりました。

今までIIJmioにMNP転入するには「新規にIIJmioを申し込む場合」に限られていました。今回の変更によって、既にIIJmioのデータSIM、SMS機能付きSIMを使っていた人が音声通話SIMにプラン変更する際でもMNP移転をすることが可能になったわけです。「通話はドコモ、データ通信はIIJmio」などと分けていた方が両方をIIJmioに統一したいと思った場合、より簡単に転入してくることが出来るようになりました。   

IIJmioのファミリーシェアプランは複数枚MNPが可能!まとめ

「データ通信容量を複数のSIMでシェア出来る」というプランは他のMVNOでもいくつか用意されていますが、そこに音声通話が対応していて、なおかつ2枚目、3枚目のSIMにMNP転入が可能、ということになると中々見当たりません。1人で複数の端末を使い分けている方、ご家族まとめて携帯電話料金を安くしたいと思っている方などは、この機会にIIJmioへのMNP転入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:IIJmio 音声付きSIM

MVNOへ乗り換えると、今お使いの携帯電話料金がどれだけ安くなるかは、以下の「SIMチェンジプラン診断」でチェックすることが出来ます。よろしければこちらもお試し下さい。