1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IIJmio for BIC SIM(ビックシム)特典「Wi2 300」のWiFiの使い方
 

IIJmio for BIC SIM(ビックシム)特典「Wi2 300」のWiFiの使い方

WiFi

「IIJmioウェルカムパックfor BIC SIM」は、高品質なSIMに、無料WiFiの特典を付けた超お得な格安SIM。このBIC SIM(ビックシム)に乗り換えれば、「Wi2 300」の公衆無線LANサービスが使い放題!Wi2のWiFiはどこで使えるか、どうやって登録するかについてもご紹介しています。

「IIJmio(みおふぉん)」は通信の安定性と料金価格の安さで、MVNO業界でも人気のSIMです。キャリアのスマホ料金と比べてみると差は歴然!IIJmioのデータ専用SIMにすれば、1ヵ月の通信費が972円で済んでしまうかもしれませんよ!節約したい方は必見です。しかも、IIJmioはビックカメラと提携していて、「BIC SIM」というパッケージも出しています。

このBIC SIMに乗り換えれば、さらにお得なWiFi使い放題の特典、「Wi2 300」のサービスもついてくる!「Wi2 300」はどうお得なのか、どうやってWiFiを使えばいいか見ていきましょう。

pixta_16261963_M

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMについて

まずは、BIC SIMのプランの内容を説明しましょう。

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMの料金プラン

料金プランについては、IIJmio(みおふぉん) の料金内容と全く同じです。NTTドコモのLTE/3Gエリア、auの4G LTEエリアに対応しているので通信環境についても安心ですね。

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMの料金プラン(データ専用SIM)

 

料金(税抜)

通信容量

最大速度
ミニマムスタートプラン 972円~ 3GB 150Mbps
ライトスタートプラン 1,641円~ 6GB 150Mbps
ファミリーシェアプラン 2,764円~ 10GB 150Mbps

公式サイト:IIJmio 音声通話機能付き

公式サイト:IIJmio SMS機能付き

公式サイト:IIJmio データ通信専用

BIC SIMなら公衆無線LANが使い放題

IIJmioのオリジナルSIMと、BIC SIMのパッケージの違いはなんといっても、WiFiが自由に使えること。外出先でWiFiが飛んでいるところにいれば、無線LANをキャッチして無料で通信を使えるというのが魅力です。

IIJmio+WiFi
=BIC SIM

BIC SIMのWiFi「Wi2 300」について

ではBIC SIMのWiFiの特典の活用方法をご紹介します。

WiFiの特典内容は?

BIC SIMの公衆無線LANサービスは、「Wi2 300」といって通常月額380円の無料WiFiサービスなのですが、BIC SIMを申し込めば、サービスが丸ごと無料で受けられます。

BIC SIMの「Wi2 300」のメリットは?

3GBのプランだと、データ通信量が少なくて不便。そう思っている方も、このWiFi特典を利用すれば、快適に格安SIMを運用できるはず。無料で外出先でWiFiを使えれば、その分のデータ量は浮くわけですから、データ量を節約できるでしょう。

Wi2 300の使える場所について

Wi2 300は、全国最大規模のエリアで展開。IIJmio for BIC SIMのSIMを入れて登録を済ませておけば、公共機関やマクドナルドなどのカフェなどでネットを利用できます。

どこで使える?

どこで使えるかを確認する主な方法は次の二つ。

Wi2 300のスポット確認方法
Wi2 300のホームページ「ご利用可能エリア」で確認
Wi2 Connectのアプリでアクセスポイントを検索

このステッカーの表示のある場所で使えます。マークを覚えておきましょう。
画像タイトル
出典:株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス – ご利用可能エリア

Wi2 300でも使えないエリアがある

注意点としては、ベーシックエリアとオプションエリア(プレミアムエリア)が分かれているという点。ベーシックエリアは無料で使えますが、オプションエリアは有料。このオプションエリアでWiFiを使いたい場合は、1時間100円(税込)のチケットを購入しなければなりません。

ベーシックエリアの
アクセスポイント名(SSID)
Wi2
Wi2_Club
Wi2_free
mobilepoint
mobilepoint2
UQ_Wi-Fi
WiFi_square
オプションエリアの
アクセスポイント名(SSID)
Wi2premium
Wi2premium_club

SSIDとは無線LANのネットワークの名前です。

オプションエリアのアクセスポイントがかなり多く、無料で使える場所が限られているようですが、それでもマクドナルドなどでは自由に使えるので、活用すればお得感は確実に感じられると思います。

Wi2 300の使い方

公衆無線LANの特典が魅力でBIC SIMに乗り換えたけれど、使い方が良く分からない!ということもあるようです。Wi2 300の登録方法をチェックしておきましょう。

公式アプリ「Wi2 Connect」

まず、BIC SIMのユーザー用の登録を済ませておきましょう。登録が完了したら、Wi2 Connectの公式アプリをダウンロードした後に下記の手順を踏みます。

iPhoneの場合

  1. ログイン後、「WiFiプロファイルのダウンロード」をタップ
  2. 「safariを起動しますか?」で「はい」を選択し、プロファイルの画面で「インストール」をタップ
  3. インストールを完了させる
  4. 該当エリア(マックなど)に行った時に「Wi2 Connect」のアプリを起動させれば、自動ログインする

Androidの場合

  1. ホームウィジェットに「Wi2 Connect」のアプリを追加
    Wi2 300のユーザーID末尾の[@wi2]は入力しません。
  2. アプリを起動させ、ログインして「設定完了」をタップ
  3. 「Wi2 Connect」のアイコンがホーム画面に出来ているのを確認
  4. 該当エリア(マックなど)に行った時に「接続」をタップすれば、自動ログインする

MACアドレスを登録して自動ログイン

毎回スポットに行った時に、公式アプリを起動してログインしなければいけないのは大変面倒。それを省略する方法も知っておきたいですね。

MACアドレスを登録しておくと、Wi2 300のネットワークにつながった時に、ログインも自動でさせることができます。(Wi2自社エリアのみ)

  1. Wi2 300のマイページにログインする
  2. メニューの「ワイヤレスLANの設定」のカテゴリの、「MACアドレス登録」を選択
  3. 端末名とMACアドレスを入力

MACアドレスとは

ネットワーク上で機器を識別するための識別番号です。番号は12桁で、0~9、A~Fまでの英数字で「xx:xx:xx:xx:xx:xx」や「xx-xx-xx- xx-xx-xx」のような形式で端末すべてに割り振られている番号です。

MACアドレスの確認の仕方:

  • iPhone「設定」→「一般」→「情報」→「Wi-Fiアドレス」
  • Android「設定」→「端末情報」→「端末の状態」→「Wi-Fi MACアドレス」

mobilepoint、mobilepoint2、オプションエリアではMACアドレスの認証はできないので、アプリからログインする必要があります。

WiFi自動接続アプリを使って自動ログイン

最近では「WiFi自動接続アプリ」なんてものも登場していますね。そういうアプリを入れておくと、毎回のログインを省くことができて便利です。Wi2 300のSSIDを選んで認証させておけば、WiFiスポットの近くに来た時には自動接続できるはずです。

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMを契約してWiFi「Wi2 300」特典をゲットしよう

IIJmioの素晴らしいサービスに、「Wi2 300」の無料WiFiサービスがついたBIC SIM。うれしい特典を上手に使って、ぜひデータ量を節約したいですね!

格安SIMの価格で、WiFiが自由に使えるというのはお得の領域を超えたサービスと言えます。WiFiのオプションがついた格安SIMは、実はBIC SIM以外にもあるので、無料診断でチェックしてみてくださいね!

公式サイト:IIJmio 音声通話機能付き

公式サイト:IIJmio SMS機能付き

公式サイト:IIJmio データ通信専用