1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. これで完璧!HUAWEI P9 liteの初期設定方法を徹底解説!
 

これで完璧!HUAWEI P9 liteの初期設定方法を徹底解説!

SIMフリースマホ

使いやすさとコストパフォーマンスの良さで人気のSIMフリースマホ、HUAWEI P9 lite。その初期設定の方法を、わかりやすく順をおって説明していきます。

数あるSIMフリースマホの中でも高い人気を誇るHUAWEI P9 liteですが、SIMフリースマホを今まで使ったことのない人は、初期設定でつまづいてしまうかもしれません。この記事では、誰が読んでも大丈夫なように、HUAWEI P9 liteの初期設定方法について解説します。


SIMの挿入から電源ONまで


出典:HUAWEI

まずはじめに、HUAWEI P9 liteを受け取ってから、電源を付けるまでの手順について説明します。

SIMカードを挿入

HUAWEI P9 liteを使うためには、電源OFFの状態でSIMカードを挿入する必要があります。HUAWEI P9 lite対応のSIMサイズはnanoSIMですので、事前に入手しておきましょう。

HUAWEI P9 liteのSIMスロットには、SIMカードを入れる場所が2つありますが、1つだけ入れる場合は、nanoSIMがピッタリと入る方に挿入します。もう一つのスロットは、メモリ容量を増やすためにmicroSDカードを入れることも可能です。

電源ON

SIMのセットが終わってから電源をONします。

右側の電源ボタンを長押しして、画面に表示が現れたらOKです。

必要な情報の入力


出典:HUAWEI

APN設定が完了すると、必要な情報を次々と入力していくことになります。ここでは、必要な情報とその入力方法について、順番に説明します。

言語・地域の選択

APN設定が終わって、まずはじめに入力する情報は、言語と地域の選択です。

多くの場合、日本語を選択してから使う地域として日本を選択することになると思いますが、自分の使う言語と地域を選択してください。

WiFi(ワイファイ)設定

続いて、WiFi(ワイファイ)設定の画面が開きます。初期設定時は、WiFiでのインターネット接続が必要となるので、設定を行なってください。

表示されたSSIDの中から、接続したいWiFiのものを選択し、パスワードを入力すれば接続は完了です。その後、利用規約が表示されるので、同意してください。

その次は、WiFi+サービスの設定画面が表示されます。このサービスを許可すれば、自動でWiFiのON/OFFを行えるようになるので、必要な人は許可してください。

その後、「端末が増えた場合」を表示された画面が開きます。この画面では、別の端末からGoogleアカウントやアプリといったデータを引き継ぐかどうかを選択できるはずですが、「別の端末からコピーする」を選択するとエラーが起きてしまうようです。したがって、「コピーしない」を選ぶようにしてください。

Googleアカウントの入力

HUAWEI P9 liteは、Android端末なので、Googleアカウントの入力が必要となります。表示された画面から、Googleアカウントを新規作成しても構いませんが、できれば事前に用意しておきましょう。

自分のアカウント(gmailアドレス)とパスワードを入力すれば、ログインは完了です。

その後の画面でGoogleのプライバシーポリシーに同意し、端末データの自動バックアップ機能を使うかどうかや、Androidの機能向上のためにデータを自動送信するかどうかを選んだら、設定完了です。

端末の保護についての設定

上記まで設定が完了すれば、基本的には初期設定が完了しますが、一連の流れのまま、端末の保護についての設定も可能になります。ここでは、その端末の保護設定を紹介します。

画面ロックスタイルを選択して設定

端末保護についての最初の設定は、画面ロックの設定です。HUAWEI P9 liteでは、パターン、PIN、パスワードの3つから画面ロックの方法を選択できます。

パターンを選択すると、9つの点のうち4つ以上を結ぶ一筆書きパターンをロック解除のパスワードを、PINを選択すると数字によるロック解除のパスワードを、そしてパスワードを選ぶと英数字の羅列によるロック解除のパスワードを、それぞれ設定することになります。

ロック解除のパスワードを設定すると、「復元」と表示された画面が出ますので、許可を選択すると画面ロックの設定が完了します。

指紋認証の設定

任意の設定になりますが、HUAWEI P9 liteでは指紋認証の設定も行えます。設定しない場合は、「指紋」と表示された画面でスキップを選択すればよく、設定する場合は登録を選択します。

指紋を登録する場合には、必ずPINコードを設定しておく必要があるので、4桁から16桁の数字をPINコードとして設定します。

指紋の登録には、画面を数回タッチする必要があります。画面に指紋をつけ、本体が振動したら離すということを、画面に表示された指紋マークの全部分が赤くなるまで続けます。

全ての部分が赤くなって、登録した指紋に名前をつけたら登録は完了。これにて初期設定は全て完了となります。

APN設定

初期設定は、上記までの手順で完了ですが、SIMフリースマホを使ってモバイル回線でインターネットに接続するためには、APN設定が必要となります。

とても簡単なAPN設定

実はこのAPN設定、SIMフリースマホを使う上で、つまづく可能性のあることの一つなのですが、HUAWEI P9 liteの場合はすごく簡単に設定できる場合がほとんどです。

というのも、HUAWEI P9 liteには、楽天モバイルやBIGLOBE SIM、IIJmio(みおふぉん)など主要なMVNOのAPNが事前に登録されているからです。

ホーム画面から「設定」をタップし、その中の「その他の設定」から「モバイルネットワーク」をタップします。その後で「アクセスポイント名」をタップすると、様々な通信サービスが表示されるので、自分が契約したMVNOの会社名をタップすれば、APN設定が完了します。

「アクセスポイント名」が用意されている格安SIMの例

HUAWEI P9 liteの初期設定まとめ

以上、HUAWEI P9 liteの初期設定方法について紹介しました。

Googleアカウントやデータの引き継ぎの画面で、片方の選択肢を選ぶとエラーが起こるというつまづきやすいポイントもありますが、多くのSIMフリースマホと比べるとAPN設定が圧倒的に簡単というメリットもあります。

HUAWEI P9 liteを購入したら、ぜひこの記事を参考に初期設定してみてください。