1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 日本で購入できるHTCのSIMフリースマホは?
 

日本で購入できるHTCのSIMフリースマホは?

htc sim free
SIMフリースマホ

HTCといえば台湾のスマートフォンメーカーですが、日本でも2015年にSIMフリースマホ「Desire EYE / 626」を発売。auブランドへもHTV32やHTV31を提供しており、SIMロック解除を行えば格安SIMでも使えるようになります。

HTCといえば台湾のスマートフォンメーカーですが、日本でも2015年にSIMフリースマホを発売しています。またKDDI(au)でもHTCは人気ブランドの1つで、最新モデルのHTC 10 HTV32はキャリア版ですが高性能モデルとして発売されています。

今回はSIMフリースマホと、今後SIMロック解除が可能になるキャリアモデルをまとめて紹介。

HTCのSIMフリースマホ

人気ブランドHTCは2016年12月現在、日本で2種類のSIMフリースマホを発売しています。「Desire EYE」と「Desire 626」です。

HTC Desire EYE

出典:newsroom

2015年10月にされたHTC Desire EYEは、両面に1,300万画素のカメラを搭載、5.2インチのフルHDディスプレイ、防水・防塵に対応するなど多くの機能が詰まった機種。Android 5.1 を採用し、UIはSense 7によってカスタマイズが施されています。

機種名
HTC Desire EYE
OSSense 7.0 (Android 5.1 Lollipopベース)
ディスプレイ5.2インチ Super LCD3
フルHD 1920×1080
プロセッサーQualcomm MSM8974 クアッドコアCPU 2.3GHz
メモリ2GB RAM/16GB ROM
本体サイズ151.7×73.8×8.5mm
重量約154g
カメラメインカメラ:1,300万画素
インカメラ:1,300万画素
デュアルLEDフラッシュ
バッテリー2,400mAh
連続通話時間約1,200分(3G)
連続待受時間約538時間(3G)/約437時間(LTE)
カラースカーレット
マリーン
防水・防塵IPX7, IP5X
SIMサイズnanoSIM
対応バンドFDD-LTE: Band 1/3/7/8/19/28
TDD-LTE: Band 38/39/40/41
W-CDMA(HSPA+):
Band 1/2/5/6/19
GSM/EDGE:
850/900/1800/1900MHz
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz & 5GHz)
BluetoothVer 4.1
価格オープン
発売日2015年10月中旬

MVNOではU-mobile(ユーモバイル)などで取り扱い実績があります。

公式サイト:U-mobile(ユーモバイル)

HTC Desire 626

出典:newsroom

2015年10月と同じ時期に発売されたHTC Desire 626もSIMロックフリーのAndroidスマートフォン。5インチの小柄なボディ、HTC独自のBlinkFeedを搭載し、ニュースやSNS更新情報など、ユーザーに密着した情報をライブストリームとして表示できるのが特徴です。

機種名
Desire 626
メーカーHTC
OSAndroid 5.1
ディスプレイ約5.0インチ Super LCD2 1,280×720ドット(HD)
CPUQualcomm MSM 8916
クアッドコア 1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
カメラ機能背面カメラ1300万画素
インカメラ500万画素
バッテリー2000mAh
SIMサイズnano SIM
カラーホワイト、ピンク、ブラック

MVNOでは楽天モバイル、U-mobile(ユーモバイル)などで取り扱い実績があります。

公式サイト
楽天モバイル
U-mobile(ユーモバイル)

HTCのSIMロック解除が可能なスマートフォン

HTCブランドといえばKDDI(au)との繋がりが強く、最近もAndroidスマートフォンを提供しています(正確には初期のAndroidスマートフォンやガラケーをNTTドコモやソフトバンクへ提供していたこともありますが、最近はauブランドのみでスマホを展開しています)。auでもSIMロック解除ができる機種も増えてきたので、その中でもHTCブランドからKDDI向けに発売されている機種を紹介します。

au HTC J butterfly HTV31

出典:au

J Butterfly HTV31は、auの2015年夏モデルとして発売されたキャリア販売モデル。Snapdragon 810を搭載したモデルで、WQHD解像度の5.2インチディスプレイを採用するなど発売当時のハイエンド機種です。現在は中古市場で手に入れたり、もしくは今まで使っていた機種をSIMロック解除して格安SIMで利用するといったところ。SIMロック解除後の対応バンドは以下の通りです。

  • LTE:band 1/3/18(26)/28
  • W-CDMA:Band 1
LTEとW-CDMAのみを記載しています。au回線の格安SIMでは「mineo(マイネオ)」「UQ mobile(UQモバイル)」の両方で動作確認済みの端末となっていますが、HTV31はau VoLTE対応機種なのでauにてSIMロック解除の手続きが必要です。
公式サイト
mineo(マイネオ)
UQ mobile(UQ モバイル)

au HTC 10 HTV32

出典:HTC 日本

2016年6月10日に発売された「HTC 10 HTV32」。比較的新しい機種ですが、SIMロック解除の条件である「2015年5月以降にauで新たに発売された機種」は満たしているので、あとは「機種購入日から181日目以降」であればSIMロック解除が可能。発売直後に購入した方であればHTV32もそろそろSIMロック解除の対象となるので、格安SIMでの利用を検討しても良い時期になっています。

解除後の対応バンド(LTE/W-CDMA)は以下の通りです。HTC 10 HTV32もau VoLTE対応機種なので、au系の格安SIMを利用する際もSIMロック解除が必要となります。

  • LTE:band 1/3/18(26)/19/21
  • W-CDMA:band 1/6(19)
公式サイト
mineo(マイネオ)
UQ mobile(UQ モバイル)

HTCとSIMフリー・まとめ

Desireシリーズのみならず、auブランドからもSIMロック解除ができる機種がいくつか登場しています。Andoridスマートフォン初期の頃から提供をしていた人気ブランドだけあってファンも多いはずなので、今後もSIMフリースマホの日本国内発売に期待したいですね。