1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNOで使うスマートフォンはiPhone、Androidどっちがいいの?
 

MVNOで使うスマートフォンはiPhone、Androidどっちがいいの?

apple_android
スマホ

現在スマートフォンはdocomoやau、ソフトバンクを始め各通信会社や電器店でも売られるようになり、利用者も増えつつあります。MVNOで使うスマートフォンは何がおススメでしょうか?

現在スマートフォンはdocomoやau、ソフトバンクを始め各通信会社や電器店でも売られるようになり、利用者も増えつつあります。また、スマートフォンを大別すると、Android系、iPhone系、Windows系、等に別れます。

name

ではMVNOで使うスマートフォンはどれがもっとも使いやすく人気なのでしょうか?

MVNOで人気なのはどっち?

現在よく売れているスマートフォンにAndroidスマートフォンとiPhoneがあります。人気なのはどちらでしょうか?

iPhoneが人気なのは?

国内の平均的なユーザーに人気です。それはiPhoneが使いやすく解りやすいように作られているからです。

またアプリケーションも1つ1つ審議されているため使いにくかったり、ウィルスが仕込まれていたりしないようになっています。そのため比較的安心して使用ができるため人気があります。

androidが人気なのは?

現在国内国外でも多くの人が持っています。まず、低価格なのがその理由の1つでしょう。

そして、バリエーションの豊富さ、各メーカーによる改変が容易な事などから、androidを取り扱うメーカーが多いのです。日本でもたくさんの会社がandroidOSを使ってスマホ分野に参入しました。

スマホ流行当初の流れ

スマホが世に出始めてきたころはiPhoneが人気でした。

それはまだandroidスマホで日本仕様の物が少なかったため、国内メーカーが頑張ってスマホを作っていたのですが、そのころのandroidスマホはメーカーが無理矢理に独自サービスを盛り込もうとしていたため、不具合が生じスマホがうまく動かなかったり電池がすぐになくなったりしたためです。
iPhoneはApple社だけしか製造できないようになっていたため、互換性や不具合の解消がスムーズでした。そのためandroidに比べ不具合が少なくきちんと動くためiPhoneを持つ人が多かったのです。

OSとハードウェアの関係

スマホはOSとハードウェアのこの2つから成り立っています。

ハードウェアは物理的な機械の部分、OSはその機械を動かすプログラムです。
この二つのバランスが取れていないと動きが止まったりしてしまいます。
androidはGoogle社が作ったOSですが、他社メーカーがそれを使うためOSの全容をサポートできなかったりするので多少不具合があったりしますが、iPhoneはその全てをapple社が責任を持ってサポートしますのでiPhoneの方が親和性の高いスマホの提供ができています。
現在では、Google社もスマホを発売しているためandroidでも親和性の高いNexusシリーズスマホをリリースしています。

いろいろな角度からの比較

ではそのAndroidとiPhoneを比べてみましょう。

価格面

価格面でお得なのはAndroidになります。

Androidはたくさんのメーカーが製造し売り出ししていますので価格競争が発生しています。その為、他社よりも売るために低価格ラインナップも充実しています。
iphoneはApple社という単一企業でのみ製造販売していないため価格競争がありません。ですので、値段はAppleの決定した値段から大きく変わる事はありません。

OSのサポート面

では購入したスマホは何年くらい使えるのでしょうか?

現在、国内ではドコモやau、softbankが2年縛りを使って顧客の囲い込みをしています。そのため、携帯電話やスマホの契約は2年、買い替えも2年という意識が日本人には根付いてしまっているため基本は2年使えれば良いと考えてしまいますが、これから施行されるSIMフリー義務化が流行すると、1つのスマホを長く使うと言う方も現れます。
そうなると購入したスマホが1年程度しかバージョンアップできなかったりサポートしないという場合になると困る事が発生します。
それはセキュリティが弱くなって個人情報が漏れてしまったり、新しいアプリケーションが使用できなかったりします。

現在では国内androidスマホは大体1バージョンアップで止まっています。新しいバージョンが使いたい場合は新しい機種の購入をしてもらうということですね。これは使用しているハードウェアがどんどん更新されるOSバージョンに耐えられなかったりするためです。

逆にiPhoneに搭載されているiosは使用されているハードウェアが決まっているためそれ仕様に合わせてバージョンアップができます。そのため現在では4年ほどOSサポートされていたりします。

このOSのバージョンアップはメーカーが必ずこれだけの期間はサポートするという明確な取り決めはありませんのでもっとサポート期間が短くなったり長くなったり変動します。
また、国外のandroidスマホは少しOSサポート期間が長めのものもあります。Google社のNexusシリーズではスマホ発売後18ヶ月の間はバージョンアップされたOSをサポートするようになっているようです。

機能面

機能としてandroidもiPhoneも基本機能に変わりはあまりありません。電話がかけられてメールができてアプリをインストールしたらその分機能を増やせます。

ただし、機械の仕様を超えた機能は増やせません。
そこで国内のandroidスマホではTV機能があったり防水機能があったりします。その他にもお財布ケータイ機能に赤外線通信機能など搭載されている物もあります。
また、スマホの中のデータをSDカードに移動して簡単にパソコンで使えたりもします。

iPhoneになると逆に機械面での機能にバリエーションがありません。iPhoneでTVを見るには別に必要なものを購入したり、防水も防水ケースが必要になったりします。カスタマイズ性はandroidの方が良いですね。

ですので、スマートフォンをいじるのが好きな人はandroidを持っている事が多いと思います。

総合するとどちらがいい?

ではどちらを購入するのがよいのでしょうか?それは使用する人の環境によって分かれますので一概には決められません。ではどんな環境のひとはどのスマホが良いか考えてみました。

iPhoneが向いている人

iPhoneが向いている人は

  • 機械に詳しくない人
  • 自宅にWi-Fi環境がある人
  • 長く1つのスマホを愛用するタイプの人

Androidが向いている人

Androidが向いている人は

  • 低価格なスマートフォンが良い人
  • スマホでTVを使いたい人
  • おサイフケータイや赤外線を使いたい人
  • スマホのデータをパソコンで使う事が多い人
ということになりますね。

MVNOで使うスマートフォンはiPhone、Androidどっちがいいの?まとめ

MVNOを使用するときに悩むのがスマホ選びです。

自分が使いやすいスマホを知っておくと格安SIMを利用する場合もどんなプランが良いか選びやすくなってきます。
iPhoneで格安SIMを利用する人、Androidで格安SIMを使用する人、みなさんそれぞれの特徴をつかんで使用しています。
今よりも安く楽しくスマホを使いましょう。
下のシミュレーションを使うとより良い格安SIMプランを見つけられます。利用してみましょう。