1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNOと格安SIMにまつわる「誤解」
 

MVNOと格安SIMにまつわる「誤解」

gokai
SIM

2015年に入り「MVNO」「格安SIM」というキーワードをよく耳にするようになりました。新聞や雑誌などでこれらの評判や口コミが掲載されることがありますが、情報が錯綜していて混乱する向きもあるようです。そこで今回はMVNOや格安SIM、格安スマホにまつわる「誤解」についていくつかご紹介していきます。

2015年は携帯電話のSIMロック解除が原則義務化されるということで、今まで以上にMVNOの格安SIMが話題を集めています。新聞や週刊誌等で取り上げられることも多くなってきましたが、反面色々な情報が飛び交って混乱しているように思います。

gokai

そこで今回は巷でよく言われるMVNOの格安SIMの「誤解」についていくつかご紹介したいと思います。

MVNOと格安SIMにまつわる誤解

携帯電話会社のメールアドレスが使えなくなるのは本当か

MVNOの格安SIMを使う上での注意点として真っ先に挙がってくるのが「携帯電話会社のメールアドレスが使えなくなく」ということがあります。

このこと自体は間違っていません。つまり本当です。

そもそもドコモやauとの契約を切ってしまえば、これらのメールアドレスが使えなくなるのは当然の話しです。ただし逆に言えば契約がありさえすれば携帯電話会社のメールアドレスを今までのように使い続けることは可能です。しかもいわゆる「2台持ち」ではなく、MVNOの格安SIMを挿したスマホ1台でOK、という方法があります。

というのも、今では携帯電話会社のメールはどこもマルチデバイス対応となっているため、かつてのように、例えば「ドコモのアドレス宛のメールはドコモのスマホじゃないと受信出来ない」というような状況ではないからです。

 ドコモメール
出典:NTT DOCOMO, INC.

例えばドコモでは「iモードメール」「SPモードメール」に加えて「ドコモメール」というクラウドメールサービスがありますし、auでは「Webメール」、ソフトバンクでは「S!メールどこでもアクセス」といった似たようなサービスがあります。

つまりこれらのメールを使えるような最低限の契約だけを残した上でMVNOの格安SIMを契約し、それをスマホに挿して携帯電話会社のメールをチェックすれば良いわけです。最低限とはいえ携帯電話会社との契約は残すので多少の費用負担は発生しますが「どうしても携帯電話会社のメールアドレスは捨てられない」という場合にはこのような運用方法もある、ということです。もちろん「フィーチャーフォンで携帯電話会社の通話とメール」「スマホでMVNOの格安SIMを使ってネット」という2台持ちをすることが最も便利なのは間違いありません。

おサイフケータイ機能が使えなくなるのは本当か

「おサイフケータイ」というのは、携帯電話やスマホに埋め込まれた「FeliCaチップ」と呼ばれるICチップを使ったサービスや、FeliCaチップを内蔵した端末の総称です。この言葉自体はシステムを開発したドコモの登録商標ですが、auやソフトバンクはドコモのライセンス料を支払ってこれらのシステムや商標を利用しています。つまりどの携帯電話会社でも使う言葉、ということです。SuicaやPASMO、nanacoや楽天Edy、WAONといった電子マネーはもちろんのこと、ポイントカードやクレジットカードとしても利用されています。

MVNOの格安SIMではこれらのおサイフケータイ機能が使えなくなる、という話しをよく耳にしますが、これは「どんな端末で」「どのサービスを使うか」によって話しが変わってきます。

まず端末の問題ですが、ドコモやauといった携帯電話会社から販売されていて、おサイフケータイ機能を持つ端末にMVNOの格安SIMを挿す場合、ほとんどのサービスを使うことが出来ます。ただしドコモの「iD」というサービスのように、携帯電話の契約自体と紐付いているようなサービスは使うことが出来ません。

逆に、いわゆる「SIMフリースマホ」と呼ばれているもののほとんどにはこのおサイフケータイ機能がついていません。そのためこれらの端末では当然使うことが出来ない、ということになります。そもそもおサイフケータイ機能自体が日本独自のサービスであるため、海外製のもの、あるいは国内メーカー製でも海外向けに製造されたものが多いSIMフリースマホにはついていません。

唯一の例外はソニーモバイルが国内向けとしては初めてリリースするSIMフリースマホ「Xperia J1 Compact」です。

 Xperia J1 Compact
出典:Sony Mobile Communications Inc.

SIMフリースマホの中でもこの端末だけはおサイフケータイ機能がついています。

ネットだけで通話に使えないというのは本当か

これはウソです。

今のようなMVNOの格安SIMがスタートしたのは2009年頃にまで遡りますが、MNPの制度を使って携帯電話番号を持ったままMVNOに転入することが出来るようになったのは2013年頃のことです。それまではMVNOで音声通話対応SIMを使おうとすると携帯電話番号が変わってしまうということもあり、データ通信専用SIMをサブ回線的な位置づけで使う、という使い方をする人が多くいました。この時のイメージから、MVNOの格安SIMはデータ通信をするためのものだ=通話は出来ない、という誤ったイメージが出来てしまったものと思われます。

今ではほとんどのMVNOが「データ通信専用SIM」「音声通話対応SIM」というように2種類のものを用意していますし、ドコモやauの契約と同じく音声通話は普通に可能です。MNP転入も可能なので、今まで使っていた電話番号と同じものを使用出来ます。

MVNOの格安SIMを使う際の心構え

ある意味では割り切りが必要

MVNOの料金は、ドコモなどのキャリアに比べると安いことは間違いありません。忘れてはいけないのは「安いのには必ず理由がある」ということです。

MVNOがキャリアに比べて安い理由は、端的に言えばキャリアのようにキメの細かいサービスを用意していないからです。全国に広がるショップ網がないことや、原則的に全ての手続きはオンラインで済ませなくてはいけないこと、ある程度の設定作業等は自力で行わなければならないことなどです。利用者が自分の判断の下で、自己責任においてやらなければいけないことが多いわけです。

これを「よくわからないから困る」ということであればMVNOは使わずにキャリアのSIMを使っていた方がいいかもしれませんし、「余分なものはいらないから安く使いたい」ということであればMVNOは効率的で良いと思います。要するにMVNOを利用する上ではある種の割り切りが必要で、割り切りが出来るなら使う、出来ないなら使わない、といった判断が大事になると言えます。

大抵は代替手段が用意されている

キャリアからMVNOに乗り換えることによって色々と「出来なくなること」があるのは間違いないですが、それらの多くは他の手段で代替可能であることが多いです。

例えばキャリアメールが出来なくなってもGmailやLINEがあります。データ通信専用SIMを入れて音声通話が出来なくてもIP電話があります。これらは一見今までよりも不便になると思われがちですが、いざ使ってしまえばそうでもない、というのが本当のところです。

キャリアメールについては今や使う人の数が若い世代を中心に少しずつ減ってきていて、反面LINEのメッセージ機能を日常的に使う人が大幅に増えています。スマホの普及率とLINEの普及率を併せて考えた場合、キャリアメールが使えなくて困る、ということは年々少なくなると思います。

IP電話については1番のネックになるのが「通話品質」だと思います。ただしよくよく考えてみれば、通話品質を気にするのは頻繁に電話を使う人であって、もしもそれほど電話を使う機会がないのであればあまり関係がない話しです。他の人たちが090や080で始まる電話番号を使っている中で自分だけが050で始まる電話番号を使うのはおかしい、という気持ちもわからなくはないですが、どうせ電話帳に登録されてしまえばディスプレイに表示されるのは電話番号ではなく名前のはずです。

いずれにしてもちょっと目先を変えるだけで月々のコストを削減出来るわけです。

格安SIMの誤解 まとめ

「MVNO」「格安SIM」といった言葉は少しずつ浸透しつつあるものの、まだまだ一般的にはあまり知られていないというのが本当のところでしょう。知られていないが故に様々な誤解が生じることもありますが、上手に使えば必ずプラスの作用をもたらしてくれるはずです。どうか正しい情報の元に正しい判断を行うようにして下さい。