1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリースマホの技適認証を確認して利用しよう
 

SIMフリースマホの技適認証を確認して利用しよう

giteki_mark
SIM

技適マークがないSIMフリースマホを使うことは禁じられています。技適マークがないスマホで電波を使用すると周りの電波を妨害してしまったり罰金刑が発生してしまうこともあります。SIMフリースマホを利用する場合は注意して利用しなければなりません。

現在日本国内で使用できるスマホは全て「技適マーク」があります。技適マークは法律で定められた電波法に法り使用を許可されたスマホや携帯電話など電波を発する全ての機器になくてはならないマークです。みなさんのSIMフリースマホにも技適マークがあるかどうか確認してみましょう。

技適とは?

SIMフリースマホを利用する上で1番に確認しなければならないのが技適マークの有無です。

技適を知ろう

技適とは技術基準適合証明、技術基準適合認定の2つを総合した総称です。

技術基準適合証明は電気通信事業法と総務省が電気通信事業法に関連したガイドラインを定めた技術基準に適合していた場合に与えられる証明です。

技術基準適合認定は、電波を利用する機器を審査する試験を言います。技術基準適合証明と技術基準適合認定は財団法人電気通信端末機器審査協会が主に行っており、製造メーカーは製造した機器と資料を必ず提出して認証と認定をクリアしています。2つの審査をクリアした機器には「技適マーク」を授けられます。

スマホは特にこの2つの審査をクリアし技適マークを与えられていなければ日本国内で使用してはならないと定められています。日本国内で使用するスマホには必ず技適マークが必要ということです。

mark

技適マークを持っていないと罰金が課せられる

技適マークがないスマホや通信機器で3G通信やLTE、WiFi、Bluetoothやその他の電波を利用することは法律で禁じられています

技適マークのないままのスマホを利用すると電波法違反となり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。さらには電波法違反を犯して人の命や財産に関わる損害を与えた場合や警察機関や消防機関等に影響を与えた場合5年以下の懲役または250万以下の罰金を課せられるようになります

電波法に違反した機器が使われているかどうかは、電波自体は目に見えないため簡単には分かりません。特別な機器を用いてその発信源を特定することで逮捕に至る場合が多くあります。

電波法に違反しないようにスマホの技適マークは確認しておかなければなりません。

日本と全く同じ機種でも売られている国によって日本では利用してはならない機器となっていることもあるということです。

SIMフリースマホは技適のないものもある?

今、スマホ市場を賑わせている物、それはSIMフリースマホです。このSIMフリースマホは海外製の物が非常に多くあります。海外で製造され、そのまま日本に輸入して販売されているSIMフリースマホも多くあります。これらのSIMフリースマホの中には技適の審査をクリアしていない物も含まれています。

中国製などの大変安いスマホは特に技適マークがないものが多くあります。格安SIMメーカーがセットで販売しているSIMフリースマホはまず問題はないのですが、Amazonや通販等で売られているSIMフリースマホには技適マークのないものが多くあるようです。

また、XperiaやiPhoneなど日本でおなじみのスマホでも販売されている国によっては技適に適合しない物もあります。日本国内の正規販売店で購入したiPhoneやXperiaなどは技適マークがありますが、全く同じ機種の北米版やその他の国の場合は技適マークがないことがあります。

技適マークがないスマホを使うとどんな迷惑が発生するの?

技適マークがないとどのような被害を発生させてしまうのでしょうか?技適マークがあるということは他の電波への干渉がない証明になりますが、技適マークがない場合は他の電波に干渉してしまう恐れがあるということになります。

例えば警察無線や救急、消防無線は特定の電波帯を設けられており、その電波をスマホで利用することができないことになっていますが、技適マークがないSIMフリースマホの場合はその特定の電波にも干渉してしまうことがあり、警察無線や救急、消防無線を妨害してしまうことがあります。妨害されてしまうと連絡が取れなくなり、人命が失われたり事件が大きくなってしまったり、未然に防げる事故が防げなくなってしまったり、社会に影響を及ぼすようになります。

たった一つの技適マークのないSIMフリースマホのせいで命を落とす人が現れるかもしれないということです。

iPhoneのジェイルブレイク、Androidのroot化も電波法に抵触するの?

iPhoneのジェイルブレイク、Androidのroot化と言われるOSそのものを改造する方法も過度な場合は違法になってしまう場合があります。

iPhoneやAndroidはOSレベルで利用出来る機能に制限をかけています。

その制限を解除することで便利になることもあります。しかし、便利さゆえに通常では使えない電波を利用するような改造を行った場合は違法となってしまいます。技適マークがあっても技適認証外の性能を持ってしまうので技適違反ともなります。

また、スマホの本体を改造することも違法となる場合があります。スマホのデコレーションなどは全く問題ありませんが、中身の改造をして今まで利用できなかった電波を利用できるようにしてしまうのは電波法に抵触する場合があります。やめておきましょう。

技適マークの調べ方

技適マークがあなたのSIMフリースマホにも与えられているか確認する方法があります。

iPhoneには端末情報に技適マークがある

iPhoneの場合はデザインを守るために技適マークはOSの中に記載があります。

iPhoneの場合は設定>一般>法律に基づく情報>認証に技適マークがあります。

iPhone_mark

Androidの場合は本体の記載やOSの記載などバラバラ

Androidスマホの場合は技適マークを記載する場所にはルールが設けられているわけではないのでメーカーによってバラバラです。

Xperia SOL21は電池ボックス内に技適マークがありました。

android_mark2

相互接続性試験

キャリアで販売されているスマホは「相互接続性試験」をクリアして販売されています。

相互接続性試験はスマホがキャリアの電波に合致し通信が問題なく可能であるかどうかをテストします。このテストをクリアしたスマホは指定するキャリアで問題なく通信が行えることを認められます。SIMフリースマホはこの認定を行っていない場合も多くデータ通信が不安定になるスマホも多くあります。

技適の証明があるかどうかはホームページで調べることができる

SIMフリースマホを手にいれた場合に、技適マークが見当たらず技適をクリアしているかどうか全くわからない場合に調べる方法があります。

総務省のホームページでは自分のスマホが技適をクリアしているかどうか調べることができるようになっています。

技術基準適合証明等を受けた機器の検索

このページで型番だけ入力するだけで調べることができます。ここで結果に出てこない場合は技適クリアしていません。使用を中止しましょう。

soume

個人のSIMフリースマホでも技適を認証してもらえる?

技適マークを得られていないSIMフリースマホの場合、どうしてもそのSIMフリースマホを使い続けたい場合は個人的に技適認証試験を受けることは可能です。

一般財団法人 テレコムエンジニアリングセンター

ここで技適テストを受けることができます。

技適テストを受ける場合、費用が数万円とSIMフリースマホの設計資料等が必要になります。個人的にできると言っても、個人で費用や資料を集めて提出するのは困難な場合が多く、また質問等があった場合も答えられなければならないのでハードルは高いと思われます。

海外の人はどうなるの?

海外から旅行してきた人は技適マークのないスマホを使っています。ではその場合、日本でわざわざ技適マークのあるスマホに買い替えて使う必要はあるのでしょうか?

東京オリンピックに向けて電波法が緩和?

技適マークのないスマホを使うことは日本では禁じられています。

ですが、海外の人は自国で購入した技適マークのないスマホを利用しながら日本を旅行します。この場合には、技適マークのないスマホでも海外のSIMカードを国際ローミングで利用する場合は電波法には抵触しないと解釈されているようです。もともと法律は解釈をする人によって大きく意味が変わってくるところがあり、今はまだスマホに対してはあやふやな面が多いということで、海外旅行者の場合には緩い取り締まりになっているようです。

国際ローミングなら問題ない?

では日本の人が技適マークのないSIMフリースマホを国際ローミングで海外SIMカードを使えばセーフなのかと言いますと、それはまた別問題となります。日本国籍のある人は日本の法律を遵守せねばならないので、通信を行う機器は技適マークがなければなりません。

ギリギリセーフということはありませんので必ず技適マークのあるSIMフリースマホを利用するようにしてください。

SIMフリースマホの技適認証を確認して利用しようまとめ

SIMフリースマホの技適認証を確認して利用しようをまとめました。

SIMフリースマホの技適認証を確認して利用しようまとめ

技適マークのないSIMフリースマホを使って通信を行うことは法律で禁じられています。海外直輸入などと安く売られているスマホや珍しいSIMフリースマホを利用する場合は技適マークがあるかどうか、技適認証が済んでいるかどうかを確実に確認して他の通信の妨げにならないように心がけて通信を利用してください。

できるだけApple正規店での購入や格安SIMとのセット、キャリアで購入履歴のあるスマホを利用するのが一番安心できる方法です。