1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 日本でも世界でも使えるプリペイドSIMカード「GIGSky」
 

日本でも世界でも使えるプリペイドSIMカード「GIGSky」

GIGSkyのSIMカードの画像
SIM

スマホの困るところは海外旅行の時どうすればいいかわからないところです。でもGIGSkyのSIMカードなら安心。通信できる国が多くてプリペイド方式だから簡単に使えるのです。

海外旅行に行くたびにSIMカードを差し替えて、APNの設定も変更して・・・面倒ですよね。でもGIGSkyのSIMカードは日本でも、世界でも使えるから面倒がないんです。GIGSkyのSIMカードを利用して海外旅行も国内の通信も簡単に使いましょう。

GIGSkyは海外旅行にも日本でも使えるハイブリットSIMカード

GIGSkyのSIMカードを紹介しましょう。便利なSIMカードです。

GIGSkyのSIMカードを紹介

GIGSkyのSIMカードは契約すると日本でも海外でも世界90カ国で通信が使えるようになります。

3G通信を始め、GSM通信、LTEの通信も利用ができます。音声通話には対応していません。 契約はプリペイドタイプでチャージした分に対して通信が可能になります。通信量は訪問先の国によってバラバラで、アメリカなら100MB/1,800円、250MB/3,000円です。またプランによっても有効期限が違い100MBは3日、250MBは7日と少し短めです。

料金はちょっと高めだからいっぱい使いたい時は国内の格安SIMを契約して使おう

GIGSkyのSIMカードは世界90カ国が使えるかわりに料金が高く設定されています。日本国内でもGIGSkyの通信で利用することは可能ですが、料金は高く設定されています。

日本国内での利用料金を表にしました。
価格
容量
有効期間
無料100MB3日
1,800円100MB3日
3,000円200MB7日
4,200円300MB14日
6,000円500MB30日

このとおり国内の格安SIMに比べると高くなっています。ですので国内でたくさん使いたい場合は格安SIMに差し替えて使ったほうが良いでしょう。

Appleにも認められた品質

GIGSkyのSIMカードはiPhoneを開発、販売しているApple社にも認められています。

Apple社はなかなか他企業に門を開かない会社ですが、そのApple社が認めたというのはなかなかすごいことです。それだけ通信品質も素晴らしいのでしょう。

どうやったら使えるの?

GIGSkyのSIMカードはどうすれば使えるのでしょうか?

SIMフリースマートフォンを手にいれよう

まずはSIMフリーのスマートフォンを手に入れましょう。

海外でも使うことを想定しているのであればGSM、3G、LTEの3つの通信が使えるスマートフォンを選びましょう。さらに受信できる電波も旅行先に合わせたスマートフォンを選ばなくてはいけません。ただ、世界中の電波を受信できるスマートフォンはなかなかありません。そのため世界のあらゆる国へ旅行する方はスマートフォンを国ごとに複数所有するか、モバイルルータを複数所有しています。または旅行先でWi-Fiルーターをレンタルしています。

だいたいの方はiPhoneやiPad、GaraxyやNexusなどを利用しています。

SIMカードの大きさはフリータイプでOK

SIMカードはGIGSkyのホームページから購入して使います。

GIGSkyのSIMカードはFreeタイプのSIMカードなので標準タイプ、microタイプ、nanoタイプの3つの大きさを一つのSIMカードでカバーできるように作られています。 通信量のチャージや支払いはiOSアプリ、Androidアプリで登録します。

日本でも世界でも使えるプリペイドSIMカード「GIGSky」まとめ

日本でも世界でも使えるプリペイドSIMカード「GIGSky」をまとめました。

日本でも世界でも使えるプリペイドSIMカード「GIGSky」まとめ

GIGSkyは少し値段の高いSIMカードですが、その分世界の多くの国で利用ができます。もしも海外へ行くのであればGIGSkyを利用してもいいでしょう。便利に使えそうです。

公式サイト
GIGSky