1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホはゲオで格安SIMとセットで購入が可能!
 

格安スマホはゲオで格安SIMとセットで購入が可能!

pixta_19231784_M (1)
格安スマホ

格安スマホはゲオで購入することが出来ます。ゲオで格安スマホが売っていることを知っていても、どんなものが売っているかやどんな内容なのか知らない方も多いのではないでしょうか。今回はゲオで取り扱っているSIMセットの端末や詳細などをご紹介していきます。

格安スマホはゲオでも購入できると知っている人は少ないのではないでしょうか。中古の機種を取り扱っているだけでなく、新品の機種とSIMのセット販売も行っています。今回はそんなゲオの格安スマホの詳細をご紹介していきます。

ゲオで購入できるセットで販売中の格安スマホ

現在ゲオで購入できるセット販売中の格安スマホをご紹介します。今購入できるものは「freetel Priori2」と「ZenFone2 Laser」の2種類です。

freetel Priori2のスペック

OS
Android 4.4.2
CPU
Quad core 1.3Ghz
ROM
8GB
RAM
1GB
SIM
デュアルSIM (microSIM/標準SIM)両スロットとも、国内でも3G接続可能、切り替え式。
ディスプレイ
4.5インチ 854×480 (FWGA)
SDスロット
micorSD (最大32GB)
カメラ
背面:500万画素
カメラ
前面:200万画素
W-CDMA(3G)
800MHz(B19,B6)/2100MHz(B1)
GSM
850/900/1800/1900MHz
Bluetooth
4.0 LE対応
Wi-Fi
802.11b/g/n
GPS
A-GPS
日本語入力
富士ソフト FSKREN
センサー
加速度センサー、接近センター、電子コンパス搭載
バッテリー
1700mAh、取り外し可能
サイズ
132.8×66.3×8.9mm
質量
132g
同梱品
ACアダプター/MicroUSBケーブル/クイックマニュアル/保証書/ユーザーズガイド
バックカバー
27種類

freetel Priori2のおすすめポイント

同価格帯では高スペック

freetel Priori2は1万円程度で買える格安スマホの中でもかなり高いスペックを誇っています。この価格帯の中では、最高クラスの4.5インチ 854×480 (FWGA)液晶を採用しています。

液晶の解像度は価格の高いものと比べると少し低いですが、それでも充分すぎるほどのスペックです。

カメラが高画質

カメラは500万画素で、これは1万円程度で買える格安スマホにはなかなかありません。もちろん高額なスマホと比べれば劣りますが、500万画素あればTwitterやFacebookなどへの投稿には充分です。

バッテリー交換が可能

バッテリーも1700mAhで充分な大きさを持ち、交換用の予備バッテリーも付いています。旅行などに行く際に持っていれば、充電切れの確率も低くなりますし、バッテリーを交互に使っていれば、劣化の対策にもなります。

バックカバーが豊富

ベーシックなカラー以外は追加でカバーを購入しなくてはいけませんが、後からでもバックカバーが変えられます。色に飽きてきたという場合での交換でも良いですし、傷がついたから変えないという場合でも変えられるというのは有り難いです。

freetel Priori2をゲオでセット購入する場合の価格

本体価格13,824円(端末代金+SIMパッケージ代金3,240円)
これにSIMの月額料金がかかってきます。本体価格は12回の分割払いか24回の分割払いに対応しています。
12回払いの音声通話SIMの料金:12ヶ月まで2,828円、13ヶ月目以降は1,728円

ZenFone2 Laserのスペック

OS
Android 5.0.2 Lollipop
CPU
Qualcomm Snapdragon 410 1.2Ghz
GPU
Adreno 306
ROM
16GB
RAM
2GB
SIM
microSIM
ディスプレイ
5型ワイド TFTカラータッチスクリーン
SDスロット
microSDXC, microSDHC, microSD
カメラ
アウトカメラ:1300万画素(フラッシュ有)
カメラ
インカメラ:500万画素
LTE
2,100(1), 1,800(3), 850(5),900(8),1,700(9),800(18),800(19),700(28) MHZ
W-CDMA(3G)
2,100(1), 1,900(2), 850(5), 800(6),900(8), 800(19) MHz
GSM
850/900/1800/1900MHz
Bluetooth
version4
Wi-Fi
IEEE802.11b/g/n
GPS
GLONASS、BeiDou
日本語入力
ATOK for Android
センサー
コンパス:対応,加速度センサー:対応,近接センサー:対応,環境光センサー:対応
バッテリー
2,400mAh
サイズ
H143.7×W71.5×D10.5
質量
145g
同梱品
USB ACアダプターセット、イヤホンマイク、ユーザーマニュアル、製品保証書

ZenFone2 Laserのおすすめポイント

デュアルSIM仕様

ZenFone 2 LaserはデュアルSIMに対応しています。ただし、SIMカードを2枚挿して同時に使用することは出来ません。2枚挿入している時は、SIMは切り替え式となっていて、片方のSIMの使用のみとなっているので注意して下さい。

カメラが高性能

ZenFone 2 Laserは背面カメラ1300万画素、前面カメラ500万画素と、非常に高性能なカメラを搭載しています。また暗い場所や逆光、被写体が動いた時でも、きちんと撮影出来るようレーザーオートフォーカス機能が搭載されています。

この機能により、写真の撮影が非常に簡単に上手に出来るようになっています。

バッテリーの持ちが良い

バッテリーは2400mAhと非常に優秀です。またバッテリーが劣化した際にはASUSに送ることで、バッテリーの交換もしてくれるので、長く使える機種となっております。

手にフィットするデザイン

サイズは5インチですが、丸みのあるデザインになっていて、非常に持ちやすくなっています。一番薄い部分で3.5 mmになるなど、同じ5インチの機種の中でも持ちやすい機種です。

ZenFone2 Laserをゲオでセット購入する場合の価格

本体価格33,264円(端末代金+SIMパッケージ代金3,240円)
これにSIMの月額料金がかかってきます。本体価格は12回の分割払いか24回の分割払いに対応しています。
24回払いの音声通話SIMの料金:24ヶ月まで3,128円、25ヶ月目以降は972円

中古の格安スマホなどもゲオで購入できる

出典:ゲオモバイルとは?

ゲオでは新機種のセット購入以外に、中古の格安スマホも置いてあるので、そちらを選ぶことも可能です。

その場合は、お店によって選べる機種が変わるので、欲しい機種がある場合、複数の店舗を回ることが必要になります。

中古の格安スマホでも、格安SIMとのセット購入や分割払いは可能です。なので、iPhoneなどを格安SIMで運用したいと思っている場合などの選択肢になるでしょう。

ゲオの格安スマホはOCNで運用

機種は新しいものから、中古のものまで選べますが、セットで購入する場合はOCN モバイル ONE の格安SIMになります。

110MB/日コース
1,600円(税込1,728円)
170MB/日コース
2,080円(税込2,246.4円)
3GB/月コース
1,800円(税込1,944円)
5GB/月コース
2,150円(税込2,322円)
10GB/月コース
3,000円(税込3,240円)
500kbpsコース
2,500円(税込2,700円)

この中からどのプランにするか選び、どの機種で運用するか選ぶ形になります。

公式サイト:OCNモバイルONE

ゲオの格安スマホまとめ

ゲオの格安スマホはいかがだったでしょうか。ゲオで格安スマホが購入できるとなると、購入しやすいという人も増えるのではないでしょうか。またセット購入での分割払いなどもありますが、本体だけ購入し、SIMだけ別で購入することも可能です。

SIMだけ別で購入したいという場合は、おすすめ格安SIM診断を試すと、自分の利用状況に合わせたSIMを選べるのでおすすめです。