1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. freetel(フリーテル)がWindows Phone「Ninja」を国内市場投入へ
 

freetel(フリーテル)がWindows Phone「Ninja」を国内市場投入へ

スクリーンショット 2015-05-09 22.23.22
SIM

バルセロナで開催されたMWC2015でfreetelがWindows Phone「Ninja」を出展しました。今回出展されたNinjaは同夏に国内市場に投入される予定です。freetelはWindows OSの強みを活かし、国内SIMフリー市場の台風の目となれるのでしょうか。

バルセロナで開催されたMWC2015で、FREETEL(フリーテル)ブランドのWindows Phone「Ninja」を出展しました。国内を賑わすSIMフリー市場で、台風の目となりそうです。ということで今回はfreetel(フリーテル)のninjaを紹介します。

スクリーンショット 2015-05-09 22.23.22

freetel(フリーテル)がWindows Phone「Ninja」を国内市場投入へ

同社は開発中の新端末をMWC2015で出展しました。

きっかけは「法人顧客の強い需要」

同機種開発のきっかけは法人顧客の需要によるものだそうです。

もともとAndroidで格安スマホを開発・提供していた同社、今回の新機種開発のきっかけは何だったのでしょうか?同社代表取締役 増田薫氏によれば「Windows Phone参入に踏み切ったのは、法人顧客から強い需要があったため」とのことです。

ITR調査によると、企業内PCのウィンドウズOSシェアは70%以上にものぼり、同OSを搭載したスマホは法人需要がありました。それを受け、今回の開発に至ったとみられます。 スクリーンショット 2015-05-09 22.38.44

 
 

新興国を中心に広がりを見せるOS市場

同OSは新興国を中心にシェアを伸ばしています。

IDCが2014年に発表したモバイル端末のOSシェアを見てみると、2018年までに同OSシェアは倍増すると予想を立てています。新興国を中心に低価格のスマートフォンを提供することで広がりを見せています。

国内OS市場ではAndroidとiOSがシェアを圧巻していますが、今年はマウスコンピューターも開発に着手するなど、明るいニュースもあります。MVNOやSIMロック解除で沸く国内市場では、絶好のタイミングであると言えるでしょう。 スクリーンショット 2015-05-09 23.03.17

基本性能

どのような仕様になるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

スペック

まずは製品スペックを見ていきます。

5インチのHDディスプレイを搭載し、Snapdragonのクアッドコア、1GBメモリ、8GBのストレージ、背面800万画素、前面200万画素のカメラで、バッテリの容量は2,500mAhとなる予定です。価格は試作機段階なので未定ですが、freetel(フリーテル)ブランドの価格設定や現行スペックをみる限り、同じような価格になることが予想されます。

 

販売チャネル予想

では販売チャネルも予想してみます。

コンシューマー向けの販売チャネルはfreetel(フリーテル)ブランドとして家電量販店などにチャネルを持っており、同機種も取り扱いが予想されます。web販売でのMVNOとのコラボレーションにも期待したいところです。 スクリーンショット 2015-05-09 23.14.07 出典:freetel HPより

メリットとデメリット

では同機種はどんなおすすめポイントがあるのでしょうか?

メリット

まずはおすすめポイントを見ていきます。

メリットとして、企業内OSとの親和性が挙げられます。OfficeなどMicrosoftが提供する純正ソフトがシームレスに利用出来ることも、法人需要が強い理由となっています。

企業内システムとうまく融合することで、作業効率は格段に上がります。一般ユーザーも同OS搭載のコンピューター利用者は多いので、慣れてしまえば非常に有用な一台となるはずです。

 

デメリット

ではデメリットも見てみましょう。

デメリットとしては、対応アプリの少なさが挙げられるでしょう。iOSやAndroidアプリ市場が成熟し開発者も多いですが、同OSに関しては国内対応のアプリが少ないです。OS市場の拡大にはアプリ開発市場の拡大が並行して欠かせません。 スクリーンショット 2015-05-09 23.33.39 出典:ウィンドウズHPより

freetelのNinjaまとめ

では今回のニュースをまとめて行きます。

freetel(フリーテル)は国内市場の先駆者になれるか?

先駆けてNinjaを開発したfreetelは先駆者となれるのでしょうか。

OS市場にはいくつかの国内メーカーが開発に着手しており、すでにタブレット端末では同OSが大きな存在感を示しています。Microsoftも開発環境の改善に努めており、2015年はより多くの同社OS搭載機種がみれることでしょう。

格安SIMを賢く使おう

ではこの魅力的な機種をどう使いましょう。

MVNOの格安SIMを利用することで、よりお得に使えます。下記の「SIMチェンジプラン診断」の簡単な質問に答えて、あなたにぴったりのSIMプランを見つけましょう。