1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホで使える無料通話サービスを調べてみました
 

格安スマホで使える無料通話サービスを調べてみました

pixta_19723714_M
格安スマホ

格安スマホに乗り換える上でこれまでネックの一つになっていたのが通話料金。しかし、最近になって無料通話サービスが利用できるところが増えてきました。今回は格安スマホで使える無料通話サービスをご紹介します。

格安スマホに乗り換える上でこれまでネックの一つになっていたのが通話料金。格安スマホは基本的に通話料金が高額に設定されていたので、通話をよく利用する人ほどデメリットが大きかったのです。しかし、最近になって無料通話サービスが利用できるところが増えてきました。今回は格安スマホで使える無料通話サービスをご紹介します。

格安スマホで無料通話サービスが利用できるところをチェック!

これまでの格安スマホの通話料金は20円/30秒となっているMVNOがほとんどで、通話料金は大手三大キャリアと比較してかなり高額になっていました。5分話しただけで200円ですから、通話をよく利用する人はかえって割高になってしまっていたのです。

このネックを解消するために通話料金を安く抑えることができる無料通話サービスが、格安スマホでも次第に登場してきています。完全定額ではありませんが、利用方法を工夫することで確実に通話料金を節約することができます。

通話料金がネックで格安スマホに乗り換えをためらっていた方は検討してみてはいかがでしょうか?

格安スマホでの無料通話サービス1 楽天モバイルの「5分間かけ放題サービス」

出典:楽天モバイルホームページ

楽天モバイルが展開して話題を集めているのは「5分かけ放題オプション」です。月額料金850円(税抜)を支払うと、国内の通話が5分間に限りかけ放題になります。電話番号はそのまま変更なしで、何回でもかけ放題です。

「5分かけ放題オプション」のメリット

これまでのデフォルトであった20円/30秒を考慮すると、5分間の通話を月に5回以上利用する場合はこのサービスを利用することでお得になります。5分を超えた分に関しても10円/30秒なのでややお得です。

5分以内の比較的短い通話を頻繁に利用するという人に最適なサービスです。長電話で使用するため、5分ごとに電話を切ってかけ直すというやり方も不可能ではないですが、かなりの手間となるでしょう。

この「5分かけ放題オプション」を利用するためには、楽天モバイルが提供している「楽天でんわ」という通話アプリを利用する必要があります。このタイプの通話アプリの中にはIP電話を利用するため電話番号が変わってしまうものもありますが、楽天でんわは通常の電話回線なので、電話番号そのままで利用できます。また、IP電話より通常の回線の方が通話品質は良いとされているのもメリットですね。

「5分かけ放題オプション」を利用する上での注意点

通話をするときの注意点として、「楽天でんわ」のアプリで通話する必要があります。これまでの慣れでついつい通常の電話アプリで操作してしまいそうになりますが、通常の電話アプリでは20円/30秒の料金が適用となってしまいます。必ず「楽天でんわ」アプリで通話することを忘れないでください。

また、楽天モバイルでのSIMカードの契約に関して、データ通信専用SIMではこのオプションは利用できないという点にも注意が必要です。データ通信SIMは音声通話に対応していないからです。すでに楽天モバイルでデータ通信SIMを利用しているという方は、音声通話SIMへ変更しないとこのオプションを利用できません。新規契約の方は申し込みの際に必ず音声通話SIMを選択してくださいね。

公式サイト:楽天モバイル

格安スマホでの無料通話サービス2 Y!mobileの「スマホプラン」

出典:Y!mobileホームページ

1回の通話が5分を越えてしまうという方におすすめするのが、あのふてニャンのCMでおなじみのY!mobile(ワイモバイル)です。

Y!mobileのメリット

Y!mobileのスマホプランには無料通話が含まれており、10分間の通話が毎月300回まで追加料金なしで利用できるようになっています。

データ通信容量によって、プランS(毎月1GBまで)、プランM(毎月3GBまで) プランL(毎月7GBまで)の3種類がありますが、どのプランでも10分間通話が毎月300回まで利用可能です。楽天モバイルの5分間では短すぎるという方は検討に値するプランではないでしょうか?毎月300回も利用できるなら、一般的なユーザーならまず回数不足になることはないでしょう。

Y!mobileの料金プランの注意点

ではY!mobileのスマホプランと楽天のプランを比較するとどうでしょうか?Y!mobileは10分間と長めなので楽天電話よりはやや高い料金設定です。Y!mobileのスマホプランM(3GB)と、楽天モバイルの基本プラン(3.1GB)のプランを比較してみましょう。Y!mobileは3,980円、楽天モバイルは1,600円+850円(かけ放題オプション)で2,450円です。

やはり5分までの短い通話をする人ならば、データ通信を考慮しても楽天モバイルがお得です。しかし5分間は人によってはあっという間に終わってしまうもの。5分以上通話することが多いならY!mobileですね。

公式サイト:Y!mobile

格安スマホでの無料通話サービス3 NifMoの「NifMoでんわ」

出典:NifMoホームページ

Niftyが手掛けるNifMoでは、24時間通話無料で通話ができる「NifMoでんわ」を展開しています。

「NifMoでんわ」のメリット

回数や通話時間などの制限がかかることなくかけ放題にできるのがこのサービスの魅力。料金は音声通話700円+3GBデータ通信900円+NifMoでんわオプション1,300円で、合計2,900円(税抜)です。データ通信まで込みでこの値段と考えると、かなり割安に利用できるサービスです。

「NifMoでんわ」の注意点

「NifMoでんわ」のアプリを経由して通話しないとサービスが適用になりませんので、かけるときに間違えないように注意してください。海外経由のIP電話として発信するため、電話番号はこれまで利用していたものと別になります。電話番号の変更の連絡をする手間が発生するので注意しなくてはなりません。

IP電話であるがゆえに、0120で始まるフリーダイヤルや110などの緊急電話番号などにも、NifMoでんわからかけることができません。通常の電話アプリでの発信になりますから、20円/30秒の料金が適用となります。

公式サイト:NifMo

格安スマホで使える無料通話サービスをうまく利用しよう

格安スマホで利用できる無料通話サービスは、通話時間や回数、アプリ経由などに注意すればお得に通話することができます。

自分が普段どれだけ通話しているのかを思い出して、最適なプランを選択するようにしてくださいね。