1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. フレッツ光の転用先おすすめは?MVNO×固定回線の比較
 

フレッツ光の転用先おすすめは?MVNO×固定回線の比較

フレッツ 転用
MVNO比較

月額料金が6000円も安くなる!?フレッツ光の転用でお得に使える「光コラボレーション」で、MVNOの格安SIMがもっとお得に使えます。今回はその内容とおすすめのMVNOコラボを紹介していきましょう!特にIIJmioとSo-netはオススメです!

フレッツ光の転用でお得に使える「光コラボレーション」で、MVNOの格安SIMがもっとお得に使えます。今回は光コラボのMVNO比較とフレッツ光のおすすめ転用先を紹介していきましょう!

フレッツ 転用

フレッツ光の転用を比較

まずは比較する前に、NTTフレッツから「光コラボレーション」に乗り換えするメリットを解説していきます。

転用で安くなる

NTT東西は「光コラボレーション」と題し、光ファイバーの固定回線を貸し出すことを開始しました。これを他社が借り受けて自社のサービスとして提供できるので、独自の料金プランを実現しています。

転用

これを安い料金で提供しているので、これは「転用」して乗り換えた方がお得なわけです。

参入業者は100を超えるので、ここにビジネスチャンスを見出している会社も多いようです。これはNTTがはじめに「平等価格で卸売する」と決めたことが大きく、大手企業だけでなく多くの会社が参入しているためです。

乗り換えるならMVNO

光コラボはそれだけでお得になるのですが、MVNO(格安SIM)で契約した方がさらに低価格で使えます。それは「セット割」やキャンペーンが適用になるメリットがあるからです。下記のトリプルパンチで安くなる構造ができているわけですね。

光コラボ×MVNOで安くなる理由
フレッツ光から乗り換えで自宅ネットの基本料金が安くなる。
格安SIMの運用でスマホ月額料金が下がる
上記2つと同時利用することで「セット割引」が入るのでさらに安くなる

どれくらい安くなるかは、記事の後半で確認しましょう。

知っておきたい用語

  • 転用=フレッツ光の設備そのまま、他社に契約だけ乗り換えること(工事がある場合も有)

フレッツ光から転用する際の注意点

では固定回線の転用、それから携帯電話をMVNOに乗り換える前に自宅インターネット回線乗り換えの注意点を幾つか挙げておきます。

事務手数料

転用をする際、基本的にNTTフレッツ側には手数料がかかりません。その代わり、新たに契約する乗り換え先で事務手数料がかかる場合が多いですね。これは覚えておきましょう。

事務手数料 転用

ちなみに事務手数料はキャンペーンで無料になるケースも多いので確認しておきましょう。2015年8月31日までであればOCN モバイル ONEの 「OCN光」が0円特典を行っていますね!

2000~3000円のところがほとんどのようですが、確認しておかないと余計な出費に気づくので気をつけましょう。

プロバイダー

あなたの現在使っているプロバイダーが乗り換え先の会社と違う場合は、プロバイダーを解約する必要が出てきます。(もちろん残すこともできます。)

転用 プロバイダ

メールアドレスを仕事用に利用している方は「メール残しのプラン」があるか確認しておきましょう。300円/月~くらいで残せるプロバイダもあります。

ちなみに、転用先が同じであればプロバイダの契約を引き継げるパターンが多いです。イメージとしては

  • フレッツ光+So-net → So-net光

のような場合ですね。このような時はほぼ引き継げます。

解約金

フレッツの「2年割」解約金に関しては、転用の場合はかからないので安心しましょう。ただ、先ほど述べたプロバイダに関しては、解約金がかかるパターンがあります。

転用 解約金

プロバイダの契約期間のほとんどが1~2年契約になっています。まれに3年契約などもありますので、乗り換えを決める前にプロバイダに連絡して確認しておきましょう。

プロバイダをどの会社で使っているか忘れてしまった場合は、請求書をまとめている場合はそこに記載している場合もありますし、そこになければ契約時の用紙。もしくは自身の利用中のプロバイダメールのドメインなどから確認できます。

料金は日割計算?

フレッツの料金に関しては、転用月のみ日割計算となるようです。しかしこちらもプロパイダは会社によって違う対応なので、確認が必要です。

「じゃあいつ手続きすればいいの?」ということなんですが、以下にまとめてみました。

手続きのおすすめタイミングパターン
ISP日割 → いつでも良い
ISP日割ならず → 月末

プロバイダが日割計算になるのであれば、両方日割になるのでいつ行ってもOKです(サービス別に日割計算されない場合もあるので注意しましょう)。プロバイダの日割計算がない場合は、使いきって月末の転用を完了した方がお得です。月初に手続きすると満額取られるで注意しましょう。

なぜかというと、契約月はほとんどの光コラボが月額日割計算になるからです。例えば「IIJmio光」も開通月に関しては日割にしてくれますよ!

MVNOで人気の転用先

ではいよいよ、おすすめのMVNO光コラボレーションをみていきましょう!大手はプロバイダー事業を行っているところも多いので、元々ISPとして利用している会社であれば、そのままメールアドレスやサービスが使えるのも嬉しい点です。

IIJmioひかり

格安SIM「IIJmio(みおふぉん) 」の固定回線サービスです。ユーザーが増えてきて、回線設備を補強しないと速度低下するほど大人気のMVNOですが、どれくらいの月額料金になっているのでしょうか?

iijmio光 月額料金 出典:IIJmio

IIJmioひかりのプランは非常にシンプルです。戸建向けが4960円,マンションタイプが3960円で利用可能です。次にセット割引です。

IIJmio セット割引

「mio割」で毎月600円(永年)。「mio割スタートキャンペーン」で24ヶ月は150円~750円割引されます。なので最低750円は安くなる計算です。

ちなみに格安SIMの方は、1,600円で音声プラン「みおふぉん」が使えます。これを足してフレッツの料金と比べてみます。まずはネットもケータイも乗り換える前です。

  • フレッツ(戸建)+プロバイダ=約5500円
  • 携帯ドコモスマホ=約6500円(2GB)
  • 合計12,000円

家のネットもスマホも、IIJmioに乗り換える前は12,000円ほどかかってます。これは使いすぎです。次にIIJの料金をみましょう。

  • IIJmioひかり(戸建)=約5000円
  • みおふぉん=約1600円(3GB)
  • mio割 △600円
  • スタートキャンペーン △150円(24ヶ月)
  • 合計5,850円

合計金額が5850円です。ということは、乗り換え前に比べて約6000円は毎月安くなる計算です。

これが2年間トータルで約14万円を節約することができるので、両方乗り換えた方がお得ということですね。

公式サイト:IIJmio 音声通話機能付きSIM

NifMoと@nifty光

大手ISPであるニフティも、格安SIMのNifMo(ニフモ) と光コラボを両方扱うMVNOです。まずは固定回線のプランをみます。

nifty光 nifmo 出典:nifty

ホームタイプが5200円。マンションタイプが3980円です。IIJmioより少し高いですね。こちらは「NifMo」の格安SIM利用があれば200円/月引です。

こちらも音声対応SIMだと1600円なので、合計6600円です。IIJmioの場合と比べると750円高いですね。ただNifty光に関しては1回線ごとに200円割引が入るので、回線が多ければこちらの方がお得な場合もあります。

niftyはもともとISPとして使っているユーザーもいるので、プロバイダを乗り換えずにそのまま光コラボに申し込みたい場合は、こちらがおすすめです。

公式サイト:NifMo

So-net光

sony系のソネット株式会社が推進する「So-net光」。こちらも多くのSIMプランを持つ大手企業です。ではプランを確認していきます。

sonet光 料金 出典:So-net

戸建が「長割」加入で5,100円です。そこから利用年数応じてどんどん安くなっていくのがSo-net光のポイントですね。5年目だと4700円まで安くなります。

So-net モバイル LTE(ソネット) とのセットで,毎月200円安くなりますね。携帯電話プランはこちらで紹介していますが、スマホもセットで購入したい方にはソネット光がおすすめです。また同社はセキュリティも無料で利用できたりするので、総合的にみて力のあるMVNOでしょう。

公式サイト:So-net 光 コラボレーション

公式サイト:So-net LTE モバイル

転用でフレッツ光を乗り換えると安くなる!まとめ

比較してみたところ、料金ではIIJmio、総合力ではSo-netがおすすめです。ただ固定回線は、解約金やプロバイダ乗り換えなど色々な要因で、乗り換えるべき会社は変わってきます。ここはしっかりと確認したいところですね。

格安SIMのプランは簡単に選択できます。下記の「SIMチェンジプラン診断」では、現在の利用状況からあなたに最適のSIMプランを無料で探し出してくれます。携帯代金にお悩みの方は、ぜひお試し下さい。↓