1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 激安の格安スマホ「イオンモバイル」のメリットとデメリットは?
 

激安の格安スマホ「イオンモバイル」のメリットとデメリットは?

aeon mobile
格安スマホ

新MVNOとしてスタートを切った格安SIM「イオンモバイル」のメリット・デメリットを徹底調査!激安にも関わらず最低利用期間や解約金もなし、格安スマホのセット購入もおすすめです!

新MVNOとしてスタートを切った格安SIM「イオンモバイル」のメリット・デメリットを徹底調査!激安にも関わらず最低利用期間や解約金もなし、格安スマホのセット購入もおすすめです!

イオンモバイルのデメリット

イオンが提供する格安SIM「イオンモバイル」。以前は他社MVNOのSIMパッケージを格安スマホとセット販売していましたが、今回紹介するのは自社で提供しているオリジナルの新プランです。

月額料金の安さなどおすすめポイントは沢山ありますが、まずはデメリットから確認していきましょう。

MNPの転出手数料

イオンのスマホでは最低利用期間や解約金を設けていませんが、180日以内にMNP転出をする場合には8000円(税別)の手数料がかかります。…つまり約半年以内に他社に乗り換えると少し多めに手数料がかかるということなので覚えておきましょう。

ただし大手キャリアのように定期の自動更新契約ではないので安心です。

通話割引プランがない

他社MVNOでは通話料金の割引オプションを設けていることが多いです。例えばIIJmioの「みおふぉんダイアル」や、DMMモバイルの「DMMトーク」、楽天モバイルは「5分かけ放題オプション」まで提供しています。

こういった仕組みはまだイオンモバイルでは搭載していないので、通常の通話料金である21.6円/30秒での通話となります。なので通話をするユーザーは他のMVNOを選んだほうが良いかもしれません。

ただし他社のIP電話サービス「050 plus」などを利用して通話料金を削減する方法もあります。

イオンモバイルを使うメリット

次にイオンモバイルのSIMカード・格安スマホを使うメリットを見ていきましょう。

激安の月額料金と豊富なプラン

最大のメリットは、月額料金の圧倒的な安さ。データプランは最安518.4円となっており、最大50GBまで選べる豊富な容量プランが特長です。

イオンモバイル
月額料金
データSIMプラン
月額料金
データSIMプラン SMS付き
月額料金
通話SIMプラン
月額料金
シェア音声プラン
高速通信容量
通信速度
 
500MBプラン--1,274.4円-500MB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
1GBプラン518.4円669.6円1,382.4円-1GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
2GBプラン842.4円993.6円1,490.4円-2GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
4GBプラン1,058.4円1,209.6円1,706.4円1,922.4円4GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
6GBプラン1,598.4円1,749.6円2,138.4円2,462.4円6GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
8GBプラン2,138.4円2,289.6円2,894.4円3,218.4円8GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
12GBプラン2,894.4円3,045.6円3,542.4円3,866.4円12GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
20GBプラン5,378.4円5,529.6円6,458.4円6,782.4円20GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
30GBプラン7,538.4円7,689.6円8,618.4円8,942.4円30GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
40GBプラン10,778.4円10,929.6円11,664円11,988円40GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps
50GBプラン14,904円15,055.2円15,984円16,308円50GB/月下り最大375Mbps
上り最大50Mbps

また4GB以上のプランは音声通話SIMとの複数枚、容量シェアが可能。(音声通話SIMカード1枚、データ通信専用SIMカード2枚のセット)。タブレットとのセット利用や、家族全員でのシェア利用もおすすめです。

安心のドコモ回線

回線はドコモ系の格安SIMを利用しており、多くのSIMフリースマホが利用可能なほか、同じ通信エリアを利用可能。「格安SIMだから場所によってつながりにくい」ということはほぼないので安心です。

容量繰り越しが可能

元々月額料金の安いイオンモバイルのサービスですが、当月に余った高速データ容量は翌月に繰り越しが可能です。毎月のインターネット利用量にばらつきがあるユーザーも、データ容量を無駄にすることがありません。

高速通信のオン・オフ機能

マイページから高速通信のON/OFFの切り替えもできます。低速200Kbpsと言えばTwitterのタイムラインがぎりぎり使えたり、LINEのメッセージが送れたりする速度です。…こちらの低速モード利用時は高速通信の容量を消費しないので、活用することでデータ通信容量を節約することができます。

またユーザーの利用レビューでは低速時も初速がはやい「バースト転送」機能を搭載していることが確認されており、ウェブサイトの閲覧なども快適です。200Kpsの低速通信時は366MB/3日間の速度制限があるので注意しておきたいところですが、この情報を知っておけば快適に使えるはずです。

分割時の金利なし

イオンカードを利用すると、本来かかる分割手数料はイオン側は負担してくれます。つまり金利なしで24回分割ができます。

初期設定済み・すぐに使える

格安スマホをセット購入すると、SIMカードの初期設定はイオンがしてくれた状態で送ってくれます。特にSIMフリー端末・格安SIMを使うのが初めての方・初心者には嬉しいサービスです。

イオンでの店舗サポート拠点が多い

すでに展開しているイオンの店舗数を活かし、全国213の拠点にて販売・サポートが可能です。

解約金・最低利用期間なし

MNP転出手数料には+手数料の期間がありますが、通常の解約には最低利用期間や解約金がありません。なので、気軽に申しむことができるものポイントです。

公式サイト:イオンスマホ

購入できる格安スマホ

イオンスマホではSIMカードと同時にSIMフリースマートフォンのセット購入もできます。2016年6月時点で買える機種を少し見てみましょう。

VAIO Phone VA-10J

VAIOのSIMフリースマホ第1弾として登場した機種。Android 5.0 にクアッドコアCPU、2GBのメモリを搭載しており、普段使いには十分なスペックを備えています。

項目
詳細
備考
OSAndroid™ 5.0 Lolipop 32 bit
CPU1.2GHz, クアッドコア
内部ROM/内部RAMROM16GB / RAM2GB
外部メディア規格/最大容量microSD/64GB
SIM タイプマイクロSIM
バッテリー容量2,500mAh取り外し不可
連続通話時間/連続待ち受け時間最大約800分 / 最大約500時間
ネットワーク周波数帯(3G)2100/800MHz
ネットワーク周波数帯(4G/LTE)2000/1800/800MHz
ディスプレイサイズ5インチ
解像度720×1280HD, TFT IPS LCD, 1600万階調
カメラ有効画素数背面:1300万画素
前面:500万画素
テザリングWi-Fi
Bluetooth
USB
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n 準拠
BluetoothBluetooth version 4.0
Bluetooth version 4.0×
GPS
GPS
近接センサー

arrows M02

富士通のSIMフリースマホarrows M02。長時間の電池持ちを実現し、MIL規格14項目に準拠した防水機能なども魅力的。モバイルSuicaなども対応した国内メーカーのおすすめ機種です。

機種名
arrows M02
メーカー富士通
OSAndroid 5.1 Lollipop
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB
ROM16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
バッテリー2,330mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)
連続待受時間約580時間(4G LTE)
SIMサイズnano SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
おサイフケータイ
WiFiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.1

Xperia J1 Compact

XperiaシリーズのSIMフリースマホ。2.2GHzクアッドコアの高性能CPUを搭載しており、4.3インチのコンパクトディスプレイは勝った手になじむサイズとなっています。

「Xperia J1 Compact」スペック
 
Xperia J1 Compact
OSAndroid 4.4 Kitkat
ディスプレイトリルミナスディスプレイ
for mobile
4.3インチ 1280×720
CPUMSM8974 2.2GHz クアッドコア
RAM2GB
内蔵ストレージ16GB
対応メディア microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)
おサイフケータイ
防水/防塵対応 IPX5/8・IP5X
ワンセグ/フルセグ×
カメラ前面220万画素
背面2070万画素
サイズ(H×W×T)128mm x 65mm x 9.7mm
重さ138g
バッテリー2300mAh
カラーバリエーションホワイト

背面カメラも約2070万画素とハイスペックな仕様になっており、少しプレミアムなスマートフォンがほしい方はこちら。

イオンモバイルのおすすめポイントと注意点まとめ

格安SIMの中でもお得なイオンのSIMカードなので、ぜひ活用してスマートフォンの月額料金を節約しましょう!

公式サイト:イオンスマホ

その他MVNOも比較したい方は下記の「SIMチェンジプラン診断」がおすすめ!簡単な質問に答えるだけで、あなたにお勧めのプランをはじきだしてくれますよ。