1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. デュアルスタンバイ対応スマホおすすめ比較【2016年決定版】
 

デュアルスタンバイ対応スマホおすすめ比較【2016年決定版】

デュアルスタンバイ対応のスマホの画像
SIMフリースマホ

デュアルスタンバイに対応したおすすめのスマホを紹介します。デュアルスタンバイ機能搭載のスマホはこれから当たり前になってくるでしょう。デュアルスタンバイ機能を使うとSIMカードを2枚組み合わせて効率的に節約が可能になるからです。今後スマホを選ぶときはデュアルスタンバイ対応のスマホを選びましょう。

みなさんはデュアルスタンバイを知っていますか?デュアルスタンバイはデュアルSIMの機能をさらに拡張した機能で、2枚のSIMカードを同時に待機状態にでき、それぞれのSIMカードの機能を効率的に使うことができます。


デュアルスタンバイ対応のスマホを使うとSIMカードを組み合わせて様々な節約が可能になります。そのデュアルスタンバイ機能が使えるスマホを紹介します。

これからはデュアルはスタンバイに対応したスマホを使うのが当たり前

デュアルスタンバイに対応したスマホってどんなことができるのか知っていますか?

デュアルスタンバイ知ってる?

デュアルスタンバイはSIMカードを2枚使える機能です。2枚のSIMカードを使える機能にはデュアルSIMもありますが、デュアルスタンバイはデュアルSIMのさらに上をいく機能なのです。

デュアルSIMは2枚のSIMカードを一つのスマホで利用できますが、利用できるSIMカードは常にそのどちらかです。どちらのSIMカードもいつも使えるようにしたいという希望に沿うことはできません。

でもデュアルスタンバイ機能は2枚のSIMカードを同時待機させておくことができ、どちらのSIMカードでもすぐに利用することができます。いちいち使うSIMカードを選んだりする必要はありません。

つまり電話料金節約に特化させたSIMカード、データ通信だけに特化させたSIMカードを組み合わせて、一切面倒な操作はいらない快適なスマホを作り上げることができるのです。

格安SIMでは電話に対してあまり有効な節約プランがないというのが本音で長電話をする人に格安SIMは不向きなのですが、デュアルスタンバイのスマホを使うと電話をたくさん長く使う人でも電話代もインターネット代金も節約できるようになるのです。

デュアルスタンバイでも普通のスマホと値段は変わらない

デュアルスタンバイ対応のスマホを使うと今まで格安SIMに乗り換えることができなかった人でも安心して格安SIMを使うことができ節約できるようになるのですが、デュアルスタンバイ対応のスマホって高いんじゃないの?と考えてしまいますよね。

デュアルスタンバイは2016年から日本でも販売され始めました。日本でデュアルスタンバイといえば最新の技術なのですが、実は他のSIMフリースマホと値段に変化はありません。むしろ安い機種だってあります。節約家向きのデュアルスタンバイ対応スマホは価格も節約家向きの値段なのです。

最新のデュアルスタンバイ対応スマホおすすめ比較

ではさっそくデュアルスタンバイに対応したおすすめのスマホを紹介しましょう。

moto g4 Plus


出典:lenovo

Moto G4 Plusは日本で一番最初に発売されたデュアルスタンバイ対応のSIMフリースマホです。

ドコモの電波に対応し、日本全国で使えます。SIMフリースマホの中でも細かく使える電波に気配りがされていて、ドコモの電波でも山間部等で使われることのあるFOMAプラスエリアに対応しているので、圏外になることが格段に少なくなります。

カメラの性能は他の機種に比べて高くはないものの最低限のクオリティは保っています。LEDフラッシュライトとf2.0のレンズで暗い場所でも比較的明るい写真が撮れるようになっています。

CPU
1.5 GHz Qualcomm Snapdragon 617 オクタコアプロ
メモリ
3 GB
ディスプレイ
5.5” 1080 ピクセルフル HD (1920 x 1080) Corning® Gorilla Glass
ストレージ
32GB 内部ストレージ
カメラ画素
1,600万画素
バッテリー
3,000mAh
価格
約36,000円前後

moto g4 Plusを購入できる格安SIM

公式サイト:OCNモバイルONE

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
※現在、BIGLOBE SIMでの販売は終了しています。

Zenfone 3


出典:Asus

ZenFone 3はASUSの最新ブランドでかなりいい動きをします。アプリ、フリック、スクロール、ゲーム全てがしっかり動作します。もちろんデュアルスタンバイ対応です。

Zenfone 3はドコモの電波に対応していてFOMAプラスエリアでもプラチナバンドでも使うことができます。日本各地で必ずドコモの電波が使えるため筆者おすすめのスマホです。また、auの電波も利用でき、VoLTEの利用もできるためクリアな音声通話も可能です。

カメラの機能も充実していて夜景など夜の場面でもしっかりと美しい描写が可能です。

CPU
Qualcomm Snapdragon 625(オクタコアCPU)
メモリ
3GB
ディスプレイ
5.2型 1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶 Corning Gorilla Glass3
ストレージ
32GB
カメラ画素
1600万画素
バッテリー
2625mAh
価格
39,800円前後

Zenfone 3を購入できる格安SIM

公式サイト:楽天モバイル

公式サイト:Nifmo

公式サイト:BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)

公式サイト:DMM mobile

公式サイト:nuroモバイル

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

公式サイト:U-mobile(ユーモバイル)

公式サイト:イオンモバイル(イオンスマホ)

公式サイト:LINEモバイル

公式サイト:UQ mobile(ユーキューモバイル)

公式サイト:OCNモバイルONE

Zenfone 3 Deluxe


出典:Asus

ZenFone 3 DeluxeはZenfone 3の上位機種で6GBのメモリを搭載したモデルもあります。超高性能でデュアルスタンバイも利用できドコモのFOMAプラスエリア、プラチナバンド、auのLTEにも対応するマルチ仕様です。

カメラはZenfone 3と同等のパーツを搭載していて、Zenfone 3と同じく暗所に強い仕様となっています。

CPU
Qualcomm Snapdragon 821 (クアッドコアCPU)2.4GHz
メモリ
6GB
ディスプレイ
1,920 x 1,080(フルHD) フルラミネーションディスプレイ
Corning Gorilla Glass4
ストレージ
256GB
カメラ画素
2300万画素
バッテリー
3000mAh
価格
53,500円〜

Zenfone 3 Deluxeを購入できる格安SIM

公式サイト:UQ mobile(ユーキューモバイル)

ZenFone 3 Ultra


出典:Asus

2016年12月に発売開始されたばかりのデュアルスタンバイ機能が使える6.8インチのデカスマホZenFone 3 Ultraです。

Zenfone 3の上位機種に位置し、ドコモの電波に対応。FOMAプラスエリアやプラチナバンドが使えます。

2,300万画素のカメラが利用でき、4K動画も撮影可能。レーザーオートフォーカスやデュアルLEDでクオリティの高い写真も撮影できます。さらに超高解像モードで写真を撮ると9,200万画素の超高精細な写真になり、驚きの美しさを表現できます。

CPU
Qualcomm Snapdragon 652 (オクタコアCPU)
メモリ
4GB
ディスプレイ
6.8型ワイドTFTカラータッチスクリーンIPS+液晶 (LEDバックライト)Corning Gorilla Glass 4 1,920×1,080ドット (フルHD)
ストレージ
32GB
カメラ画素
2,300万画素
バッテリー
4,600mAh
価格
57,783円〜

ZenFone 3 Ultraを購入できる格安SIM

公式サイト:UQ mobile(ユーキューモバイル)

moto Z


出典:lenovo

モトローラ製のmoto Zはカスタマイズ性に特化したデュアルスタンバイ機能が使えるSIMフリースマホです。moto ZにはMoto Modsという専用のアクセサリーが付け替えできる機能があり、プロジェクター機能を搭載したり、カメラ機能を拡張したり、スピーカー機能に特化させたりすることができます。また、バッテリー機能の拡張もでき長時間駆動も可能になります。

moto Zはドコモの電波に対応していて、LTEが利用できます。

moto Zにハッセルブラッドの拡張モジュールを搭載させるとカメラ機能が大幅にアップ。10倍ズームも利用できコンパクトデジタルカメラさながらの撮影が可能になります。

CPU
最大1.8GHzクアッドコア Qualcomm Snapdragon 820 プロセッサ
メモリ
4GB
ディスプレイ
5.5 インチ スーパーAMOLED1440p QuadHD (2560 x 1440) Corning Gorilla Glass 3
ストレージ
64GB
カメラ画素
1,300万画素
バッテリー
2600mAh
価格
価格87,926円〜

を購入できる格安SIM

現在はmoto Zを購入できる格安SIMはありません。Amazon等で購入してください。

moto Z Play


出典:lenovo

moto Z Playはmoto Zの下位機種でmoto Zの性能を少しミドルレンジに改良したモデルです。その分価格も下げられています。処理能力は下げられましたが、それでも利用する上で困ることはないレベルを保っています。また、処理能力は下げたのですが、代わりにバッテリーを増やし、持続時間を大幅に拡張させています。

moto Zと同様にMoto Modsが利用でき、プロジェクター機能やスピーカー機能、カメラ機能の拡張や追加ができます。

また、ドコモの電波に対応しLTEを利用することができます。

CPU
Qualcomm Snapdragon 625 プロセッサ 2GHzオクタコア
メモリ
3GB
ディスプレイ
5.5 インチの Super AMOLED 1080p HD (1080 x 1920) Corning Gorilla Glass
ストレージ
32 GB
カメラ画素
1,600万画素
バッテリー
3510 mAh
価格
51,500円〜

moto z Playを購入できる格安SIM

moto z Playは格安SIMでは販売されていません。Amazon等で購入できます。

ZTE BLADE V7 MAX


出典:ZTE

ZTE BLADE V7 MAXはサイド指紋センサー搭載でスマホを持つと指紋センサーが反応し、ロック解除や通話、シャッター等にも使えます。デュアルスタンバイ機能も利用できますが、3G回線のSIMを使う場合は4G LTEの使えるSIMもセットで使わないと動作しない制限があります。ドコモの電波に対応していてFOMAプラスエリアも利用できますので、ドコモ回線の格安SIMで使うのが最適です。

1,600万画素のカメラを搭載し、同程度の価格帯のスマホに劣らない写真が撮影できます。フォーカスの能力に特化していてピントの合う時間が非常に早くなっています。また、撮った写真は後で明るさを変更できるので、暗いところで撮った写真も綺麗な写真にすることができます。

CPU
MTK6755M Octa-core 1.8GHz
メモリ
3GB
ディスプレイ
5.5インチ IPS カラー液晶 1080 X 1920ドット(フルHD)
ストレージ
32GB
カメラ画素
1,600万画素
バッテリー
3,000mAh
価格
32,634円〜

ZTE BLADE V7 MAXを購入できる格安SIM

ZTE BLADE V7 MAXを販売している格安SIMはありませんのでAmazon等で購入してください。

HUAWEI Mate 9


出典:HUAWEI

Huawei Mate 9はHUAWEI P9からさらに進化されたSIMフリースマホで大画面が特徴です。デュアルスタンバイ機能を搭載してCPUやバッテリーの持続時間も大幅にアップ。ドコモの電波が利用でき、FOMAプラス、LTEも利用できます。

P9同様にデュアルカメラを搭載し、4K動画にも対応。デュアルカメラ自体がP9よりも性能アップしていてライカレンズの能力を持て余すことなく活かせる仕様となっています。

また、購入日から90日間の間に限り、画面割れも無償修理を1回受けることができるサポートが付属しています。

CPU
Kirin 960 オクタコア 4×2.4GHz + 4×1.8GHz
メモリ
4GB
ディスプレイ
5.9インチ, FHD (1080×1920ドット)
ストレージ
64GB
カメラ画素
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
バッテリー
4000mAh
価格
60,800円〜

HUAWEI Mate 9を購入できる格安SIM

公式サイト:DMM mobile

公式サイト:楽天モバイル

g07


出典:covia

g07(グーマルナナ)は中級処理能力をもったデュアルスタンバイ対応のSIMフリースマホの中では最安で発売されたSIMフリースマホです。

ドコモのFOMAプラスやLTEにしっかり対応していて、圏外になることはほとんどないでしょう。

カメラ機能は高性能スマホに比べ少し劣りますが、1,300万画素を搭載。今のスマホの中では中間に位置します。それでも最低限のHDR機能やフラッシュを搭載していますので実用範囲で利用できます。また、スマホには珍しい、ストラップホールが本体に設けられていて、ケースを利用しなくても良さそうです。

CPU
オクタコア Cortex-A53 1.5GHz ×4 + 1.0GHz ×4
メモリ
3GB
ディスプレイ
5.5インチ フルHD(1920×1080)
ストレージ
32GB
カメラ画素
1300万画素
バッテリー
3,000mAh
価格
19,800円

g07を購入できる格安SIM

公式サイト:OCNモバイルONE

AXON 7


出典:ZTE

AXON 7はZTE製のSIMフリースマホでデュアルスタンバイ機能が利用でき、ハイレゾ再生やオーディオ専用チップを別途搭載しています。”音”にこだわった仕様で音楽好きに好まれるスマホとなっています。

AXON 7はドコモの電波が利用でき、FOMAプラス、LTEが利用でき、2000万画素のカメラを搭載していて、一眼レフと同等の画素で写真撮影が出来ます。また、f1.8の明るいレンズで細部までしっかりと撮影でき、暗い場面でも美しい写真が取れるでしょう。

CPU
Qualcomm Snapdragon 820 Quad-core 2.15GHz
メモリ
4GB
ディスプレイ
5.5インチ Gorilla Gen4 2560 x 1440ドット
ストレージ
64GB
カメラ画素
2000万画素
バッテリー
3250mAh
価格
53,800円〜

AXON 7を購入できる格安SIM

AXON 7を購入できる格安SIMはありません。Amazon等で購入が出来ます。

AXON 7 mini


出典:ZTE

AXON 7 miniはAXON 7の廉価版でAXON 7の処理能力を下げたSIMフリースマホです。性能が下がったのですが、特に動きが悪いということはなく、また音に対してのこだわりはそのままで高音質なサウンドを楽しめます。

デュアルスタンバイにも対応し、ドコモの電波でFOMAプラスエリアやLTEエリアでも利用できるので日本の至る所で利用できるでしょう。

カメラ機能は1,600万画素に抑えられていますが、それでも他機種のスマホに比べると同じ程度の能力で撮影が出来ます。

CPU
Qualcomm Snapdragon 617 Quad 1.5GHz + Quad 1.2GHz
メモリ
3GB
ディスプレイ
5.2インチ Gorilla Gen4 1920 x 1080ドット
ストレージ
32GB
カメラ画素
1600万画素
バッテリー
2700mAh
価格
38,270円〜

AXON 7 miniを購入できる格安SIM

AXON 7 miniを購入できる格安SIMはないようです。そのためAmazon等で購入するといいでしょう。

RAIJIN(雷神)


出典:FREETEL

RAIJIN(雷神)はFREETELから登場するデュアルスタンバイ対応のSIMフリースマホです。大容量で持続時間の長い5,000mAhのバッテリーを搭載し4GBメモリ搭載。性能が高い方のスマホにも入るのですが、30,000円前後で手に入るSIMフリースマホです。また、Android7.0を搭載して最新の機能が使えます。

ドコモの電波にばっちり対応し、FOMAプラスエリアにもLTEにも完全対応。どこでもドコモの電波を利用できます。

1,600万画素のカメラを装備し、他のスマホに劣ることなく利用できます。

CPU
オクタコア 4×1.5GHz + 4×1.0GHz
メモリ
4GB
ディスプレイ
5.5インチ / 1920×1080 Gorilla Glass 3
ストレージ
64GB
カメラ画素
1,600万画素
バッテリー
5,000mAh
価格
29,800円

RAIJIN(雷神)を購入できる格安SIM

公式サイト:FREETEL(フリーテル)

KIWAMI2(極)


出典:FREETEL

SAMURAI KIWAMI(極)2はFREETELの最高スペックスマホです。Android7.0にも対応し、10個のCPU、4GBのメモリを搭載。デュアルスタンバイにも対応します。

カメラは1,600万画素に抑えられてはいますが、1眼レフのような仕上がりの写真も期待出来るということです。

KIWAMI2はドコモの電波が利用でき、FOMAプラスエリアやLTEの利用ができ、日本のどこでも電話、インターネットが利用できます。

CPU
MT6797(Helio X20) 10Cores 64bit
メモリ
4GB
ディスプレイ
5.7inch WQHD 1440×2560 Super AMOLED Gorilla Glass 3
ストレージ
64GB
カメラ画素
,600万画素
バッテリー
3,400mAh
価格
49,800円

KIWAMI2を購入できる格安SIM

公式サイト:FREETEL(フリーテル)

技適無しデュアルスタンバイSIMフリースマホ

以下のSIMフリースマホはデュアルSIMデュアルスタンバイで有名なのですが、技適マークがなく日本では違法になるため使えません。

  • Xperia X Performance Dual
  • Xiaomi Mi5s
  • Xiaomi Mi5
  • Xiaomi Mi Max
  • Xiaomi Redmi Pro
  • Xiaomi Redmi Note 4
  • LeEco Le Max 2

デュアルスタンバイ対応スマホおすすめ比較【2016年決定版】まとめ

デュアルスタンバイ対応スマホおすすめ比較【2016年決定版】をまとめました。

デュアルスタンバイ対応スマホおすすめ比較【2016年決定版】まとめ

デュアルスンタバイに対応するスマホは2017年のトレンドスマホです。今後はどのスマホもデュアルスタンバイに対応していくことが予想されます。一足先にデュアルスタンバイ対応のSIMフリースマホを使ってお得な格安SIM生活を始めましよう。